スポンサーリンク

新原浩朗の『家族』~菊池桃子と結婚…初婚なのか再婚なのか?子供はいる?




経済産業省で、経済産業政策局長をつとめる、新原浩朗さん。

今回は、そんな新原さんの『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:新原浩朗(にいはら・ひろあき)
生年月日:不明
年齢:60歳 ※2019年11月現在
最終学歴:東京大学経済学部
出身地:福岡県

スポンサーリンク

◆菊池桃子と結婚

2019年11月4日、新原浩朗さんが結婚したことが明らかにされました。

通常、官僚の結婚が報道されることはないのですが、お相手が菊池桃子(きくち・ももこ)さんだけに大々的に報道されています。

桃子さんは1968年5月4日生まれで、現在(2019年11月)51歳なので、新原さんより9歳年下ですね。

桃子さんは東京都出身で、1983年から芸能活動をスタートし、1984年4月に『青春のいじわる』で歌手デビュー。

以降、80年代を代表するアイドルとして一世を風靡しました。

◆2人の馴れ初めは?

経産省のキャリアと80年代アイドルの馴れ初めは、いったい何だったのでしょう?

どうやら、2015年に桃子さんが民間議員に選ばれていた『一億総活躍国民会議』で2人は知り合ったようですね。

今年(2019年)から結婚を前提に交際していたということですが、実際はもっと早かったかもしれません。

そもそも、元アイドルが民間議員に選ばれるというのも変わったキャリアですよね?

実は桃子さんは、2012年に法政大学の大学院を修了し、修士号を取得しているのです。

2012年8月からは母校・戸板女子短期大学の客員教授に就任。

キャリア教育の講義をこなすかたわら、「キャリア権」の普及を目指すNPO法人「キャリア権推進ネットワーク」の理事もつとめています。

アイドル時代とは異なるカタイ一面があったのですね(*^_^*)

◆初婚なのか再婚なのか?

新原浩朗さんは御年60歳ということですが、初婚なのでしょうか、再婚なのでしょうか?

多くの人がこのことに興味を持ちましたが、日刊スポーツの記事が答えを出しています。

関係者によると、新原氏に結婚歴はなく、今回が初婚になる。

なんと初婚だったのですね(゚д゚;)

これまで日本の未来のために、仕事一筋で来られたのでしょう。

菊池桃子さんとの出会いは、神様がくれたプレゼントなのかもしれません。

◆子供はいるのか?

新原浩朗さんは初婚なので、子供はいません。

まさかエリートキャリア官僚に、隠し子なんてこともないでしょう(^_^;)

一方、菊池桃子さんには、前夫・西川哲さんとの間に2人の子供がいます。

今回の結婚を後押ししたのは2人の子供さんだそうで、

何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で、いま共に喜んでくれていることを感謝しています

とブログに綴っています。

◆実家は福岡

新原浩朗さんは福岡県福岡市出身。

4歳の時に父親の転勤で福岡を離れ、高校は東京の私立海城高校を出ています。

その後、東京大学経済学部を卒業すると、1984年に通商産業省(現経済産業省)へ入省。

2007年に経済産業政策局産業組織課長、2010年に首相秘書官、2011年に資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長、2016年に内閣府政策統括官(経済財政運営担当)と、順調に出世を重ねました。

2018年7月から、経済産業政策局長に就任し、将来の次官候補と目されています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、新原浩朗さんは自身の力で出世街道を歩んできました。

これからは『家族』のチカラで、新原さんの更なる挑戦が続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

菊池桃子さん、往年の写真集を見つけました。

うーん、カワイイ。

50を過ぎた現在でも、可愛らしさは健在です(^_-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました