宮川泰介選手の『家族』~実家の父親と母親とともに謝罪を試みるが…

危険タックル問題で注目を集める、日大アメフト部の宮川泰介(みやがわ・たいすけ)選手。

今回は、そんな宮川選手を陰で支える『家族』の姿をご紹介します。

スポンサーリンク




◆5月6日の定期戦

問題の発端は、2018年5月6日に行われた日大×関学大のアメフト定期戦です。

この試合で宮川泰介選手は、関学大のQB(クォーターバック)が明らかにボールを放した後に後方からタックル。

被害に遭った選手は、右膝軟骨損傷で全治3週間と診断され、右脚にしびれが残りました。

◆5月8日、監督と話し合い

定期戦から2日後の午後5時ごろ、宮川泰介選手はコーチから呼び出されました。

宮川選手が、内田監督が待っている部屋に行き、

“もうフットボールをやりたくない”

と言うと、監督は、

“お前の罰はあのとき、罰退になってるから、お前の処罰は終わっているんだからいい”

と言われたそうです。

◆5月9日、ヘッドコーチとの話し合い

宮川泰介選手は、5月9日もヘッドコーチに呼び出され、三軒茶屋のキャンパスへ向かいました。

すでに退部の意向を固めていた宮川選手に対して、ヘッドコーチは、

“辞めるべきじゃない。フットボールで返していくしかない”

と慰留があったといいます。

◆5月11日、監督・両親と話し合い

5月11日、前日に日大が謝罪文を公表したことを受け、宮川泰介選手と監督、コーチ、そして宮川選手の両親で面会しました。

宮川選手の父親は、

“個人的にでも相手方選手と家族に謝りに行きたい”

と申し入れましたが、監督から、

“今はやめてほしい”

と、止められたということです。

その後、宮川選手の父親は、

“監督・コーチから選手に対して、対戦校のクオーターバックにけがをおわせろと指示を出し、選手はそれに従っただけ”

ということの公表を求めましたが、監督たちは拒否。

面会のあと、コーチから父親に連絡があり、理由の説明もないまま、

“関学アメフット部の監督に謝りに行く”

と言われました。

父親がアポイントメントを取ってほしいと求め、アポイントを取ろうとしたようですが、先方から断られたと連絡がありました。

しかし、夜中に再度、コーチから父親に連絡があり、

“謝りに行く、息子さんを行かしてください”

といわれ、関西学院大学に行くことになりました。

◆5月12日、関学大を訪れるも…

5月12日、宮川泰介選手とコーチは関西学院大を訪れましたが、面会を断られています。

◆5月18日、父親とともに謝罪

5月18日、父親とともに再度相手方を訪問した宮川泰介選手は、負傷させたクオーターバックの選手とその両親と面会。

ようやく直接、謝罪の意を伝えることができました。

◆まとめ

このように、宮川泰介選手とその家族は、何度も被害者に謝罪しようとしましたが、なぜか監督たちに遮られてきました。

謝ると不都合な真実が、どこかに隠されているのでしょうか?

宮川選手の記者会見により、真実は明るみに出つつあります。

今度は内田正人監督の対応に、注目が集まっています。

◇編集後記

日大アメフト部・井上奨コーチの実家が作っている、バウムクーヘンを見つけました。

■送料無料■大阪阿嬢バウム 特選抹茶バウム2個セット|バウムクーヘン|大阪阿嬢浪漫スゥイーツ|美バウム|大阪堂島|葉乃國|大阪土産|メディア|グランプリ受賞 10P18Jun16

もともとお茶屋さんだけあって、抹茶の味は格別だそうですよ(^_-)

《日大関係者の家族》

《関学大関係者の家族》

《日大関係者の生い立ちなど》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

コメント

  1. […] 宮川泰介選手の『家族』~実家の父親と母親とともに謝罪を試みるが… […]

  2. […] 宮川泰介選手の『家族』~実家の父親と母親とともに謝罪を試みるが… […]