加山雄三の『家族』~妻・松本めぐみとの間に息子2人と娘2人…皆へ歌う“旅人よ”

俳優、シンガーソングライター、画家、船舶設計などマルチで活躍する、加山雄三さん。

80歳を過ぎたけど、ニックネームは若大将です!

今回は、そんな加山さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:加山雄三(かやま・ゆうぞう)
生年月日:1937年〈昭和12年〉4月11日
身  長:175cm
血液型 :A型
出身大学:慶應義塾大学法学部
スポンサーリンク

◆父・上原謙

加山雄三さんのお父さんは、俳優の上原謙(うえはら・けん)さん。

1909年〈明治42年〉11月に東京で生まれ、立教大学を卒業後、1935年に松竹に入社しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❀✿ ℕ✿❀(@kanako_nagura)がシェアした投稿

彼と彼女と少年達』で主役を務めるなど、順調な俳優人生をスタートさせると、翌年には早くも結婚w(゚o゚)w

さらに翌年の1937年には、長男・加山雄三さんが誕生しています

仕事の方も順調で、1938年の『愛染かつら』は、主題歌「旅の夜風」と共に空前の大ヒットとなり、自身の代表作となりました。

俳優業以外では、1965年、神奈川県茅ヶ崎市に「パシフィックパークホテル」を開業。

しかし、ホテルは数年で倒産して莫大な借金を背負うことになり、またこの頃、奥さんとも死別するなど、不幸が続きます。

1975年には、38歳年下で元クラブ歌手の大林雅美(おおばやし・まさみ)さんと再婚し、マスコミやワイドショーをにぎわせました。

雅美さんとは一女をもうけましたが、のちに喧嘩が絶えなくなり、1991年6月に離婚。

その後は加山さんの家に身を寄せますが、同年11月に、急性心不全で亡くなりました。

82歳の人生でした。

加山さんは父の死に接し、

この一年半は心労が続き、静かな老後を送らせたかった…

と、涙をこらえながら語っています。

◆母・小桜葉子

加山雄三さんのお母さんは、女優の小桜葉子(こざくら・ようこ)さん。

1918年〈大正7年〉3月4日に東京で生まれ、1926年には松竹蒲田に入り、子役として活躍しました。

そして、同じ松竹の上原謙さんと結婚。

結婚後は、女優業は控え、小桜式美容体操の講師として活動します。

ちなみに、うつみ宮土理(うつみ・みどり)さんの体操の師匠である川端麻記子(かわばた・まきこ)さんは、母・葉子さんの弟子。

つまり、うつみ宮土里さんは、葉子さんの孫弟子に当たるのだそうです。

ケロンパの大先生なのですね

もっと言えば、母・葉子さんのお父さんは、男爵の岩倉具顕(いわくら・ともあき)さん。

葉子さんの曽祖父は、なんと明治の元勲・岩倉具視(いわくらともみ)さんなのだそうですw(゚o゚)w

◆妹・池端亮子

加山雄三さんには、妹がいます。

妹の名前は、池端亮子(いけはた・りょうこ)さん。

年齢は、加山さんより4歳年下になります。

妹・亮子さんは、かつて、米国人作詞家のマイケル・ルノー氏と結婚していたことがありました。

その縁で、加山さんは自作の歌詞を英語的な表現にするとき、ルノー氏の助言を得ていたそうです。

しかし最近になって、ルノー氏より、加山さんの持つ12曲について、英語作詞の報酬を支払うよう通告がなされました。

加山さんは、ルノー氏に

君はこれまでと同じように僕のゴーストライターでいてくれなければいけないんだ

と、話したと伝えられています。

◆異母妹・仁美凌

加山雄三さんには、もう一人妹がいます。

父・上原謙さんが、再婚してできた娘さんですね

異母妹の名前は、仁美 凌(ひとみ・りょう)さん。

1980年〈昭和55年〉11月3日生まれで、加山さんより43歳年下になります。

妹というより「娘」「孫」でもおかしくありませんね

仁美さんは一時期、女優として活動しましたが、2014年に事件を起こして逮捕・起訴されています。

NEXT 妻・松本めぐみ、息子2人と娘2人

コメント

タイトルとURLをコピーしました