加山雄三の『家族』~息子と娘、最愛の妻、父と母…皆へ歌う「旅人よ」

俳優、シンガーソングライター、画家、船舶設計などマルチで活躍する、加山雄三さん。

「若大将」もだいぶご高齢です

今回は、そんな加山さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【プロフィール】
名前:加山雄三(かやま・ゆうぞう)
生年月日:1937年4月11日
身長:175cm
血液型:A型
最終学歴:慶應義塾大学法学部
スポンサーリンク

◆父親は俳優の上原謙さん

加山雄三さんのお父さんは、俳優の上原謙(うえはら・けん)さん。

1909年(明治42年)11月に東京で生まれ、立教大学を卒業後、1935年に松竹に入社しました。

彼と彼女と少年達』で主役を務めるなど、順調な俳優人生をスタートさせると、翌年には早くも結婚w(゚o゚)w

さらに翌年の1937年には、長男・加山雄三さんが誕生しています

仕事の方も順調で、1938年の『愛染かつら』は、主題歌「旅の夜風」と共に空前の大ヒットとなり、自身の代表作となりました。

俳優業以外では、1965年、神奈川県茅ヶ崎市に「パシフィックパークホテル」を開業。

しかし、ホテルは数年で倒産して莫大な借金を背負うことになり、またこの頃、奥さんとも死別するなど、不幸が続きます。

1975年には、38歳年下で元クラブ歌手の大林雅美(おおばやし・まさみ)さんと再婚し、マスコミやワイドショーをにぎわせました。

雅美さんとは一女をもうけましたが、のちに喧嘩が絶えなくなり、1991年6月に離婚。

その後は加山さんの家に身を寄せますが、同年11月に、急性心不全で亡くなりました。

82歳の人生でした。

加山さんは父の死に接し、

この一年半は心労が続き、静かな老後を送らせたかった…

と涙をこらえながら語っています。

◆母親は女優の小桜葉子さん

加山雄三さんのお母さんは、女優の小桜葉子(こざくら・ようこ)さん。

1918年3月4日に東京で生まれ、1926年には松竹蒲田に入り、子役として活躍しました。

そして、同じ松竹の上原謙さんと結婚すると、女優業は控え、小桜式美容体操の講師として活動します。

ちなみに、うつみ宮土理(うつみ・みどり)さんの体操の師匠である川端麻記子(かわばた・まきこ)さんは、母・葉子さんの弟子。

つまり、うつみ宮土里さんは、葉子さんの孫弟子に当たるのだそうです。

ケロンパの大先生なのですね

もっと言えば、母・葉子さんのお父さんは、男爵の岩倉具顕(いわくら・ともあき)さん。

葉子さんの曽祖父は、なんと明治の元勲・岩倉具視(いわくらともみ)さんなのだそうですw(゚o゚)w

◆妹は池端亮子さん

加山雄三さんには、妹がいます。

妹の名前は、池端亮子(いけはた・りょうこ)さん。

年齢は、加山さんより4歳年下になります。

妹・亮子さんは、かつて、米国人作詞家のマイケル・ルノー氏と結婚していたことがありました。

その縁で、加山さんは自作の歌詞を英語的な表現にするとき、ルノー氏の助言を得ていたそうです。

しかし最近になって、ルノー氏より、加山さんの持つ12曲について、英語作詞の報酬を支払うよう通告がなされました。

加山さんは、ルノー氏に

君はこれまでと同じように僕のゴーストライターでいてくれなければいけないんだ。

と話したと伝えられています。

◆異母妹・仁美凌さん

加山雄三さんには、もう一人妹がいます。

父・上原謙さんが、再婚してできた娘さんですね

異母妹の名前は、仁美 凌(ひとみ・りょう)さん。

1980年11月3日生まれで、加山さんより43歳年下になります。

妹というより「娘」「孫」でもおかしくありませんね

仁美さんは一時期、女優として活動しましたが、2014年に事件を起こして逮捕・起訴されています。

◆妻は松本めぐみさん

加山雄三さんの奥様は、松本めぐみ(まつもと・めぐみ)さん。

1947年2月9日生まれなので、加山さんより10歳年下になります。

妻・めぐみさんは元女優さんで、「これが青春だ」「お嫁においで」など多くのテレビ、映画に出演。

エレキの若大将」での共演をきっかけに、1970年に加山さんと結婚し、芸能界を引退しました。

現在、妻めぐみさんは、加山さんと離れて暮らしているそうで、近所の住民によると

奥さんはアメリカで暮らしているみたいで、お見かけするのは、1年のうち何日かです。

何やら、夫婦関係が破たんしたようにも見えますね

実はアメリカの永住権が関係しているのだとか。

加山夫妻は、仕事や将来のために、グリーンカード(米国永住権)を取得しています。

加山さんは職業:アーティストなので世界中どこにいてもいいのですが、めぐみさんの職業は「専業主婦」。

このため、めぐみさんには、

半年以上アメリカに滞在しなければならない。

というルールが課され、守らないとグリーンカードを剥奪されてしまうのだそうです。

夫婦の別居は、将来、夫婦がアメリカで暮らすために必要なのでした(*^_^*)

スポンサーリンク

◆2人の息子

加山雄三さん夫妻には、四人の子供がいます。

長男・池端信宏さん

第1子は長男の池端信宏(いけはた・のぶひろ)さん。

1972年生まれで、16歳で米国ソルトレイクシティに留学。

その後は音楽活動や画家・CGデザイナーとして活動します。

一方で、花火師の資格も持ち、音楽と花火を融合させた演出で国際的に活躍しています。

マルチな才能は、お父さん譲りですね!

次男・山下徹大さん

加山雄三さんの第2子は、次男の山下徹大(やました・てつお)さん。

1975年8月8日生まれです。

徹大さんは俳優として活躍しており、「踊る大捜査線」「ひとつ屋根の下」「相棒」などに出演しています。

本名は池端徹大さんですが、なぜ「山下」を名乗っているのでしょう?

実は、芸名の「山下」には、

加山の「山」を下に見る

という意味が含まれているのだとか。

著名な親を持つ子の反骨精神と、ちょっとした遊び心が感じられますね!

◆2人の娘

長女・梓真悠子さん

加山雄三さんの第3子は、長女の梓真悠子(あずさ・まゆこ)さん。

1976年7月26日生まれです。

160922_%e5%8a%a0%e5%b1%b1%e9%9b%84%e4%b8%89%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%97%8f
《画像左から真悠子さん、加山さん、母・めぐみさん、妹・えみさん》

真悠子さんは慶應義塾大学在学中に、NHK大河ドラマ「毛利元就」などに出演しています。

女優の道へ進むかと思われましたが、大学卒業後、8歳年上の一般男性と結婚しました。

以降は、両親から受け継いだ料理の腕と食のこだわりを発揮して、クッキングサロンを主宰し、料理研究家として活動しています。

旦那さんとの間には2人の息子さんが生まれましたが、2011年に離婚。

離婚原因については、

いろいろ価値観の違いも大きくて、ずっとすれ違いの夫婦でしたから…

と、知人が話しています。

次女・池端えみさん

加山雄三さんの第4子は、次女の池端えみ(いけはた・えみ)さん。

1978年3月28日生まれです。

えみさんは、日本で3年間女優として活動しましたが、

(女優業を)本当のものにしたい!

と決意し、思いきってニューヨークに渡ります。

親のコネがない中、オーディションを受けまくり、アメリカの舞台やCMで活動。

目標とする女優は、

どんな演技でもこなせるメリル・ストリープです!

と明快です。

◆まとめ

2016年のリオ五輪閉会式。

クライマックスの花火を演出したのは、加山雄三さんの長男・信宏さんでした。

加山さんは音楽フェスでこの話題に触れると、名曲「旅人よ」を熱唱。

お聞き はるかな空に鐘がなる 遠いふるさとにいる 母の歌に似て♪

この時、加山さんの脳裏には、家族一人ひとりの表情が浮かんでいたことでしょう

これからも家族の応援を胸に、加山さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

こちらの記事も読まれています!

田中邦衛の『家族』〜愛妻との間に娘が2人…長女はNHK田中淳子氏
2021年3月24日、俳優の田中邦衛さんが、老衰のため亡くなりました。 今回は、生前の邦衛さんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。 【プロフィール】 名前:田中邦衛(たなか・くにえ) 生年月日:193...

コメント

タイトルとURLをコピーしました