樹木希林の『家族』~娘は内田也哉子、娘婿は本木雅弘、夫は内田裕也

2018年9月15日、個性派女優として活躍した、樹木希林さんが亡くなりました。

今回は、生前の樹木希林さんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:樹木希林(きき・きりん)
本名:内田啓子
生年月日:1943年1月15日
没年月日:2018年9月16日(享年75歳)

スポンサーリンク




◆娘は内田也哉子

樹木希林さんには娘がいて、名前は内田也哉子(うちだ・ややこ)さん。

1976年2月11日生まれなので、現在(2018年9月)42歳になります。

娘さんはエッセイスト、歌手、女優として幅広く活躍。

女優としては『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』に、樹木希林さん演じるオカンの若い頃役として出演。

歌手としては、2005年に結成した音楽プロジェクト『SighBoat』でボーカルを務めています。

やはりご両親の影響を強く受けているのでしょうね。

◆娘婿は本木雅弘

内田也哉子さんは1995年、19歳の時に結婚しています。

夫は元『シブがき隊』の本木雅弘(もとき・まさひろ)さん。

今では、俳優として不動の地位を確立されていますね。

本木雅弘さんは、1965年12月21日生まれで、現在(2018年9月)52歳。

也哉子さんとは10歳離れていますが、初めて出会ったのは本木さんが25歳、也哉子さんが15歳の時だったそうです。

さすがにその時は、恋愛対象として見ていなかったという本木さん。

しかし、2年後には恋愛対象として意識するようになった本木さんは、交際していないにもかかわらず、

“もし将来結婚を考えるときがあったら、自分を選択肢のひとつに入れといてくれ”

と伝えています。

◆前夫は俳優・岸田森

樹木希林さんは1964年、俳優の岸田森(きしだ・しん)さんと結婚しています。

しかし、1968年に離婚。

離婚理由は、岸田森さんとの結婚生活が平穏すぎてダメだったとのことです(>_<)

◆夫は内田裕也

その後の1973年10月、樹木希林さんは、ロックミュージシャンの内田裕也さんと再婚しました。

内田さんは1939年11月17日生まれで、現在(2018年9月)78歳なので、樹木さんより3歳年上になります。

しかし2人は、DVを理由にわずか1年半で別居。

樹木さんのケースが通常と異なるのは、その後離婚することもなく、亡くなるまで40年以上別居していることですよね。

1981年、内田さんが樹木さんに無断で離婚届を区役所に提出した時は、樹木さんは離婚を認めず、離婚無効の訴訟を起こして勝訴しました

その後は1年に1回連絡を取り合う程度の関係となりましたが、2005年1月、樹木さんに乳癌が判明して摘出手術を受けたことを機に、連絡は1か月に1回に。

以降、毎年1月は一緒にハワイで過ごすようになったといいます。

DV?夫婦げんか?

樹木希林さん夫婦が別居した理由は、内田さんのDVでした。

しかし実は、樹木さんも負けじと激しくやり合っていたのだとか。

内田さんは寝ているときは無防備だから、刺そうと思えば刺せると考えた樹木さん。

しかし、

“刑務所に入るの嫌だな”

と考えて、踏みとどまっていたそうです(^_^;)

ちなみに内田さんは、包丁を持とうと思ったことはないそうです。

◆まとめ

死後は自ら購入した「内田家の墓」に入ると明言していた、樹木希林さん。

“あの世では同居?そうね。でも骨だから。しゃべることはないから。ムカッとはしないでしょう”

と、樹木節を披露しています。

家族には様々な形があることを教えてくれた樹木さん。

本木雅弘さんと言う「おくりびと」により、今ごろは天国の階段を歩いていることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO