清宮幸太郎の『家族』~父 克幸の身長は?母の画像?弟 福太郎も北砂?

和製ベーブ・ルースの異名を持つ、早稲田実業高の清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)選手。

今回は、そんな清宮選手を育んできた「家族」にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク




◆父・清宮克幸さんの身長は?

清宮幸太郎選手の父親の名前は、清宮克幸(きよみや・かつゆき)さん。

1967年7月17日生まれなので、今年(2017年)で50歳になります。

克幸さんは、元ラグビー日本代表のNo・8であり、現役引退後は母校・早大を率い、5年間で3度の日本一を達成した

『ラグビー界の至宝』

です。

父・克幸さんの体格は、身長181cm・体重95kgなので、幸太郎さんの恵まれた身体能力は父親譲りと言えると思います。

また、与えたのは体格だけではなく、父・克幸さんは幸太郎さんが4歳になった頃から、水泳、陸上、テニス、ピアノ、ラグビーなど様々な経験をさせました。

通常、自身が大きな成果を残したスポーツ種目があれば、息子にも同じ種目をやって欲しいと思うもの。

そんな枠組みにとらわれない指導が功を奏し、幸太郎さんは野球で頭角を現したのでした。

そんな克幸さんと幸太郎選手の目元は、非常に似ていると言われています。

父譲りの、知性と情熱を感じさせるクールな眼光で、しっかりとこれからのキャリアを見据えて欲しいですね!

◆母・清宮幸世さんの画像は?

清宮幸太郎選手の母親の名前は幸世さん。

母・幸世さんは中学時代、野球部のマネージャーをつとめ、慶應義塾大のゴルフ部では主将を務めたスポーツウーマンです。

幸世さんの身長は162cmなので、女性の平均身長よりは上ですが、まあ普通の体格。

それでも息子が大柄に成長したのは、清宮家の血筋もありますが、母・幸世さんが

食事を食べたいだけ食べさせ、牛乳を飲みたいだけ飲ませた

という成果でしょう。

フードマイスターの資格も持つ幸世さんは、もちろん食事の内容にも気を配り、児童期にはジャンクフードのような栄養価の低いものをほとんど与えませんでした。

そのせいか、幸太郎選手は今でもスナック菓子や炭酸飲料をほとんど口にせず、最近ようやくビッグマックを初めて食べ

“こんなにおいしいんだ…∑(゚Д゚)”

と、感動していたそうです。

ちなみに、清宮幸太郎選手を左打ちにしたのは、母・幸世さんの仕業。

中学時代の野球部のマネージャー経験を生かして、

一塁に近くて有利だから

と左で打たせたのがきっかけでした。

ここで、母・幸世さんの画像をご紹介します。

150726_清宮幸太郎の母・幸世さん
(出典・デイリースポーツ)

清宮幸太郎選手の優しそうな表情は、お母さん譲りなのですね!

◆弟・清宮福太郎くんも北砂リトル?

清宮幸太郎選手の弟は、福太郎くん。

年齢は、清宮選手より4歳年下となります。

弟・福太郎くんは、どちらかといえばラグビーに重点を置いてきましたが、小学5年生から野球へ転向。

そして、現在所属するのは、兄と同じ「東京北砂リトル」です。

「東京北砂リトル」は、清宮選手が所属した時代はリトルリーグの世界選手権を制覇した強豪。

現在もその強さを引き継いでおり、今年も世界選手権に駒を進めています。

福太郎くんの体格は、小学生時点で身長164cm・体重67kg。

父・兄譲りの恵まれた体格で、アメリカ人に、

和製ベーブ・ルースの再来だ!

と言わせてほしいですね!

◆まとめ

ちなみに、清宮幸太郎選手の祖父・幸一さん(克幸さんの父)は、過去にドラフト候補に名前が挙がったほどの選手でした。

ラグビーで有名な父・克幸さんも、小学校時代は野球でならしていたそうです。

長男・幸太郎選手のプロ入り、次男・福太郎選手の甲子園と、清宮家の家族の挑戦はこれからも続いていきます。

◇編集後記

清宮幸太郎選手が、2017年9月にカナダで行われたU18ワールドカップのために新調したバッドはこのタイプ。

ローリングス:Adirondack ビッグスティック メイプルUSA 硬式用木製バット BFJマーク入り【Rawlings 野球 硬式 木製 バット】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】

メジャーでは2015年の本塁打王で屈指のスラッガー・ハーパー選手(ナショナルズ)がローリングス社製の木製バットを使用しています。

メープル素材で、グリップは指がひっかかる「フレアグリップ」と呼ばれる形状を採用。

長さは84cm、重量はリンクの分は880gですが、清宮選手は先端をくりぬき、さらに軽量化しています(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO