富山凌雅の『家族』~父と母は14人兄弟を残し離婚…自身は結婚して妻と娘が一人

オリックス・バファローズに所属する、富山凌雅選手。

14人兄弟の上から6番目です!

今回は、そんな富山さんを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
名前:富山凌雅(とみやま・りょうが)
生年月日:1997年〈平成9年〉5月3日
身長/体重:178cm/84kg
血液型:AB型 [1]
出身地:和歌山県御坊市
スポンサーリンク

◆14人兄弟の全容

富山凌雅投手は14人兄弟の上から6番目、三男という位置づけです。[2]

以下に、14人兄弟の序列(?)をご紹介します。

  1. 長女・姉・・・9歳年上
  2. 次女・姉
  3. 三女・姉・・・4歳年上
  4. 長男・兄・・・3歳年上
  5. 次男・兄・・・2歳年上
  6. 三男・本人・凌雅(りょうが)さん
  7. 四男・弟・翔輝さん・・・1歳年下
  8. 五男・弟・翔和さん
  9. 六男・弟・龍仁さん
  10. 七男・弟・蓮鵬(れんほう)さん・・・4歳年下
  11. 八男・弟・捺葵さん
  12. 九男・弟・秀皇さん
  13. 十男・弟・琳音さん
  14. 十一男・弟・莉翔さん・・・10歳年下

凌雅選手は高校時代、福岡県で寮生活を送っていました。

和歌山の実家に帰省した際には、弟たちからお菓子を強奪していたそうです。

スポーツマンとは思えない暴挙ですが、七男の蓮鵬くんは

後でちゃんと買ってくれるので、優しい兄ちゃんです

とフォローしています(*^_^*)

兄弟全員の写真を見たかったのですが見つけきれず、弟8人の画像ならば見つかりましたのでご紹介します。

何だか力が湧いてきますね!

富山投手のパワーの源が分かるような気がします。

◆母親の職業は?

富山凌雅投手の母親の名前は、美薫(みか)さん。

1969年頃の生まれになります。

お母さんは、富山選手が小4の時に末っ子を生み、その3ヶ月後に離婚。

その後は女手一つで14人の子供たちを養ってきました。

職業は、飲食業などの仕事を掛け持ちしてきたそうですが、家計は楽ではありませんでした。

富山選手が強豪高校への進学を熱望した時も、経済的な理由でお母さんは反対します。

それでも富山投手は、

野球をうまくなってプロに行くから

と大家族の前で宣言し、悲壮な覚悟にみんなが背中を押してくれたのでした。

和歌山を離れ、福岡県での寮生活が始まると、お母さんは月10万円の仕送りを欠かさず続けてくれます。

富山選手は寮生活がつらく、やめたいと思った時期もあったそうですが、母の苦労を思うと口には出せず、歯を食いしばって頑張ってきました。

背番号13だった2014年夏、富山選手は初戦の東海大四戦に先発し、3回途中3失点でKO。

チームも敗北を喫します。

ベンチで悔し涙を流した富山選手に、母・美薫さんは、

“泣いてるままで終わったらあかんよ”

と激励。

富山選手は、

待っとけや。来年は俺がエースでここに戻ってやる

と返事を送ります。

それから1年後の夏の大会。

富山選手は、見事に背番号「1」をつけて甲子園の舞台へ戻ったのでした。

◆離婚した父親は?

富山凌雅投手のお父さんの情報は、ほとんど目にする事がありません。

なぜ、14人もの子供と離れる道を選んだのか、なぜ、末っ子が生まれてわずか3ヶ月で離婚しなければならなかったのか、疑問に思う人も多いでしょう。

しかし、当然の事ながら、それぞれの家庭にはそれぞれの事情がある事であります。

現在でも、富山選手の活躍と家族の健康を、遠くからから確認されている事でしょう。

◆結婚して妻と娘が一人

富山凌雅さんは2018年10月、21歳でプロ入りが決まっています。

この時すでに結婚しており、娘が生まれていました。[3]

奥さまの名前は、沙央里さん。

年齢は、富山さんより6歳年上になります。

娘の名前は、虹花(にな)ちゃんです。

◆まとめ

富山凌雅投手が野球を始めたきっかけは、少年野球をしていた2人の兄の影響でした。

母と兄弟数人で2泊3日の遠征に行くと、10万円かかることもありましたが、姉たちがアルバイトをして援助してくれたそうです。

富山選手がプロを目指した大きな理由は、

プロ入りし、家族を楽にさせたい

というもの。

これからも家族の応援を胸に、富山選手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. サンスポ 2021年6月11日確認 富山凌雅プロフィール
  2. スポニチアネックス 2015年8月7日 九国大エース、14人兄弟にネット騒然「楽しそう」「食費は…」
  3. 日刊スポーツ 2018年10月26日 オリックス4位富山は大家族「母に恩返しをしたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました