衣笠祥雄の『家族』~妻と息子、娘は女子アナ?鉄人はハーフだった…

2018年4月23日、元プロ野球選手の「鉄人」、衣笠祥雄さんが、上腸結腸がんにより亡くなりました。

今回は、生前の衣笠さんを支えた『家族』を紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)
生年月日:1947年1月18日(享年71歳)
身長/体重:175cm/73kg

スポンサーリンク




◆鉄人を支えた妻

“野球選手になったら、でかい家を買って綺麗な女と結婚する”

と夢見ていた衣笠祥雄さん。

実際に結婚された奥様の名前は、正子さんです。

妻・正子さんは、衣笠さんの「国民栄誉賞」表彰式に出席していますが、本当に綺麗な方ですね(*^_^*)

衣笠さんは、自身の著書『水は岩をも砕く (男のVシリーズ) 』で、

“野球を通じて色んな人に会ってきた。その中で一番強い影響を与えられたのは女房だろう”

と語っています。

出会いのきっかけは高校時代、正子さんが衣笠さんにファンレターを送った事でした。

数年の交際を経てゴールインした2人でしたが、衣笠さんは

“肉と卵以外は食べない”

という、筋金入りの偏食家。

そんな夫を支えるため、正子さんは手を変え、品を変えて、食事を準備しました。

なんと京都の料理店に弟子入りして、さまざまな料理法を学んだ事もあるそうです。

衣笠さんが最初に引退を伝えたのも、妻の正子さん。

正子さんは驚きもせず、

“お疲れ様、ご苦労様でした”

と、ねぎらってくれたそうです。

◆息子さんは俳優?

衣笠祥雄さんには息子さんがいて、名前は衣笠友章(きぬがさ・ともあき)さん。

1977年4月23日生まれなので、現在(2018年4月)41歳になります。

あ…息子さんの誕生日に旅立たれたのですね。

息子さんは以前、俳優の仕事をしていて、ショムニや大河ドラマなどに出演していました。

2009年よりサラリーマンへと転じ、加賀電子株式会社の広報室で働いています。

◆娘はアナウンサー?

衣笠祥雄さんには、娘さんもいるという噂があります。

その人の名は、衣笠梨代(きぬがさ・りよ)さん。

テレビ新広島に勤める、アナウンサーです。

しかし、結論から言うと、「鉄人」と衣笠アナは、赤の他人なのだとか。

苗字が同じで、「広島」繋がりがあるため、「娘」と間違えられるのもよく分かります。

◆鉄人はハーフだった…

実は、衣笠祥雄さんはハーフでした。

母親は日本人ですが、父親は在日米軍で、アフリカ系アメリカ人だったそうです。

衣笠さんは京都出身で、京都市立洛東中学校へ進学。

柔道部に入りたかったのですが、中学に柔道部がなかったため、仕方なく(?)野球部に入部しました。

その後、甲子園の名門・平安高等学校に進むと、3年の春と夏、甲子園に出場し、いずれもベスト8となりました。

この時バッテリーを組んでいたのは、後に阪神へ入団する植木一智(うえき・かずとも)さんでした。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、衣笠祥雄さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これから「鉄人」は天国に上り、空の上から後輩たちの活躍を見守り続けるのでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

ルーキー時代の衣笠祥雄さんは、フルサイズのアメ車『フォード・ギャラクシー』に乗り回し、遊んでばかりの問題児でした。

その「問題児」がどうやって「鉄人」へと変わっていったのか?

記事中でも紹介した自著

水は岩をも砕く (ロング新書) [ 衣笠祥雄 ]

に、その経緯が綴られています(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

コメント

  1. […] 衣笠祥雄の『家族』~妻と息子、娘は女子アナ?鉄人はハーフだった… […]