尾身茂の『家族』~一般人妻との間に息子と娘…父親はクレーン運転手

新型コロナウイルス感染症対策分科会長をつとめる、尾身茂さん。

外交官になるのが夢でした❗️

今回は、そんな尾身さんを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
名前:尾身茂(おみ・しげる)
生年月日:1949年〈昭和24年〉6月11日
出身地:東京都
出身大学:自治医科大学医学部
スポンサーリンク

◆生い立ち

尾身茂さんは、東京都の出身。

東京教育大学附属駒場中学・高等学校に進学すると、高校3年の時にはアメリカ留学を果たしました。

この時の経験から、将来は外交官や商社マンになることを夢見るようになります。

しかし時代は、日本中が学園紛争で騒然としている時期。

志望校である東京大学の入学試験が中止となり、やむなく慶応義塾大学法学部へ進みます。

慶応でも学生運動によるストライキが行われ、「反権力、反体制」が声高に叫ばれる中、

商社マンや外交官になりたい❗️

とは、とても言えない雰囲気がありました。

次第に尾身さんは目標を見失い、大学へも行かず、渋谷の書店に入り浸るようになります。

そんなとき出会ったのが、医学者である内村祐之さんが書いた『わが歩みし精神医学の道』という本でした。

この本に衝撃を受けた尾身さんは、密かに医学部受験を志すようになります。

◆父親はクレーン運転手

尾身茂さんの父親は、クレーンの運転手をつとめていました。[1]

父親は普段はおとなしい性格でしたが、

大学を辞めて医学部を目指したい❗️

という尾身さんの告白には大激怒。

殴り合いのケンカになったのだとか…

その場は何とかおさまりましたが、サラリーマン家庭に医学部の学費は負担となります。

そんな時に飛び込んできたのが、

自治医科大学、翌春1期生を募集

というニュースでした。

自治医科大学は、地域医療への奉仕を前提に、学費が無料となる大学です。

自治医科大学を志望校と決めた尾身さんは、トイレと睡眠以外の時間を勉強に充て、みごと合格を手にするのでした。

◆母親は群馬出身

医学部受験をめぐり衝突した父と子を取り持ってくれたのは、お母さんでした。

母親は「言い出したら聞かない」という尾身さんの性格をよく理解していました。

お父さんを説き伏せて好きなようにやらせてくれたのです。

ちなみにお母さんは、群馬県沼田市の出身だそうです。[2]

◆一般人の妻

尾身茂さんは結婚していますが、奥さまの情報は明らかにされていません。

ネットでは、

衆議院議員の尾身朝子(おみ・あさこ)さんが奥様ではないか?

という噂があるようですね。

尾身朝子議員は1961年〈昭和36年〉4月26日生まれで、尾身茂さんより12歳年下なので、年齢的には釣り合わないこともありません。

しかし、尾身議員は父の代から続く政治家の家系であり、尾身さんの奥様ではありません。

ただし、尾身朝子さんの父親は群馬県沼田市生まれであり、尾身茂さんの母親と同郷になります。

遠い親戚関係なのかもしれませんね

◆2人の子供

尾身茂さんには、2人の子供がいます。[3]

①息子

尾身茂さんの第1子は息子さんです。

息子さんは日本で育ちましたが、中学校2年生のときに尾身さんがWHOへ転身したため、マニラのインターナショナルスクールへ転校することに。

中2という多感な時期でもあり、欧米流を是とする学校生活に苦労することもありました。

しかし、徐々に”自由な青春時代”を謳歌し始め、英語力も上達していったそうです。

その後、息子さんは日本の大学に入り、国内企業に勤務。

結婚して2人の子供(尾身さんにとっては孫)に恵まれています。

②娘

尾身茂さんの第2子は娘さんです。

娘さんは小学校3年生の時に、マニラのインターナショナルスクールに入りました。

最初の一か月は、帰宅するたびに嘔吐するほど苦労しましたが、徐々に友人ができ、英語とその文化を”体全体”で受け入れていきました。

日本語より英語が得意となった娘さんは、アメリカの大学を卒業。

日本企業に就職しましたが、

日本語お上手ね。いつ日本に来られたの?

と聞かれるのだそうです。

◆まとめ

これまで見てきた通り、尾身茂さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、尾身さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. 集中MediCon 2020年7月11日 第33回 〝老獪な尾身氏〟が引っ張るコロナ対策
  2. 日本経済新聞 2014年9月11日 いつから英語教育を始めるか 地域医療機能推進機構(JCHO)理事長 尾身茂
  3. 山本一太の「気分はいつも直滑降」 2020年9月11日 あの尾身茂 新型コロナ感染症対策分科会会長のお母様が群馬県(沼田市)出身だとご存知でしたか?!

こちらの記事も読まれてます!

尾崎治夫の『家族』〜実家は八王子の名士、兄は元連合赤軍…妻と息子は内科の医師
東京都の医師会長を務める、尾崎治夫さん。 高齢者の仲間入りをした内科医です! 今回は、そんな尾崎さんを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:尾崎治夫(おざき・はるお) 生年月日:...

コメント

タイトルとURLをコピーしました