二宮和也の『家族』~母親の名前は和子?姉はまさこ?父の出身地は?

映画「母と暮せば」で吉永小百合さんの息子役を演じた、「嵐」の二宮和成(にのみやかずなり)さん。

今回は、そんな二宮さんの本当の「家族」にスポットを当てて、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆母親の名前は「和子」?

二宮和也さんのお母さんの名前は「和子」さんで、現在57歳。

お母さんは東京の出身で、実家は車のワイパーの製造工場を経営していたと言われています。

二宮さんが2歳の時からずっと働いていたので、二宮さんは母親に甘えてまとわりつき、お母さんは自分の耳たぶをいじらせて寝かしつけていました。

二宮さんの幼少時は、鼓膜にウミが溜まったり、夜中にけいれんが出たりして病気がちであったため、そんな息子を勇気づけるように抱きしめ、頬ずりするのを忘れませんでした。

151018_二宮和也の家族

そんなお母さんへの感謝の気持ちを、二宮さんは歌にして伝えています。

それがアルバム「LOVE」に収録されている「20825日目の曲」です。

「20825」は、アルバムが発売された2013年10月23日における和子さんの日齢に当たります。

◆姉の名前は「まさこ」?

二宮和也さんには2歳上のお姉さんがいますが、その名前は「まさこ」と「じゅんちゃん」が錯綜しています。

「まさこ」の根拠は、以前のインタビューで姉のことを「まーちゃん」と呼んでいたこと。

また、熱愛報道のあった長澤まさみさんの事を、

まーちゃんと呼べない!

と語っていたという話もあります。

「じゅんちゃん」の根拠は、お母さんからの手紙に、

おじいちゃん、おばあちゃん、じゅんちゃんをはじめ、みんな、みんな、カズの活動を喜んでくれています

と、記された事です。

そんなお姉さんの、代表的なエピソードをご紹介します。

ある時、腹痛で苦しんでいた二宮和也さんは、お姉さんに、

病院まで車で連れて行って

と依頼したところ、

車を運転すると眠くなるから無理

と断られてしまいました。

やむなく二宮さんは、自らの運転で病院まで向かいましたが、なぜか助手席にはお姉さんが同乗し、病院までついて来てくれたということです。

お姉さんの個性的な性格と、弟を思う気持ちがブレンドされた、心温まるエピソードですね

◆父親の出身地は?

二宮和也さんのお父さんは、調理師免許を持ち、服部栄養専門学校の講師をされているそうです。

出身地は、福島県の郡山市という説と、静岡県という説がありますが、仕事柄、出張や単身赴任が多いので、あちらこちらの土地と関係が深いのかもしれません。

ちなみにお母さんも、かつて服部栄養専門学校の講師だったそうで、二宮家の家庭料理は相当レベルが高いと思われます。

お父さんは家にいないことが多いため、二宮さんとの会話はあまり弾みません。

ある年のお正月に実家に帰ると、家にお父さんだけがいたため、二人で箱根駅伝を見ながら、

早く母ちゃん帰って来ないかなぁ…

と思っていたそうです。

◆まとめ

映画「母と暮せば」で、二宮さんの母親役を演じた吉永小百合さんは、「本当の私の息子と思うくらい寄り添えた」と語りました。

誰からも好かれ、誰とでも家族のように寄り添える二宮さんの隣で、「妻」として寄り添うことができる女性は、一体誰になるのでしょうか?

《嵐メンバーの家族!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です