佐々木則夫の『家族』~娘の手紙?妻は重病?父と母の教えとは?

2015年のサッカー女子ワールドカップでは、なでしこジャパンの快進撃が続き、佐々木則夫監督にも注目が集まっています。

今回は、そんな佐々木監督を育み、そして支え合う家族にスポットを当て、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆娘の手紙?

まずは、佐々木則夫監督の最愛の娘・佐々木千尋さんです。

千尋さんは、埼玉県出身で、1984年7月4日生まれの現在30歳。

小学校3年生の時、埼玉県熊谷市の江南南サッカー少年団でサッカーを始め、中学・高校までサッカーを続けました。

ちなみに日本代表FWの原口元気選手は、江南南サッカー少年団の後輩に当たります。

娘・千尋さんは、高校卒業後に英ロンドンに留学。

現在は語学力とサッカーの経験を生かし、都内で外国人向けサッカー教室運営などを行う会社に勤務しています。

佐々木監督が女子日本代表のコーチを引き受ける時、「自分が女子を指導できるのか?」という逡巡がありました。

しかし、千尋さんの「パパならできるよ」の一言で、コーチ就任を承諾します。

娘・千尋さんは、自身がサッカーをやっていた時代、たまに指導を受けた父の姿と女子部員達の評判を知っていました。

当時から、練習中にも「笑い」を入れて、楽しくサッカーを教える佐々木監督は、女子部員から、なかなかの評判だったのです。

そんな千尋さんが、ロンドン五輪へ挑む父へ宛てた手紙をご紹介します。

オリンピックへいよいよ出発だね。

なでしこJAPANの選手のみんな、スタッフ全員が無事、ケガなく最高の大会に出来るように、しっかり監督力発揮してね。

応援しているよ!

W杯の時のようにみんなが笑顔で帰国出来ますように。

一番やさしくて、おもしろくて世界一のお父さん/パパ

(またの名をなでしこJAPANカントク)

頑張ってね。

大好きだよ~ ちひろ

◆妻は重病?

佐々木則夫監督の妻・淳子さんは、佐々木監督と同い年で、二人はとても仲の良い夫婦として知られています。

しかし、1985年、妻・淳子さんは突如、脳炎を患い、入院します。

「高い確率で命にかかわる」と言われる病状で、しかも当時は妊娠中でした。

佐々木監督は、電電関東(後のNTT関東)で現役選手としてプレーしていましたが、淳子さんを「全力で守る」ため、一時サッカーを離れます。

151023_佐々木則夫の家族
《引用元:佐々木則夫オフィシャルWEBサイト

「サッカーをやめて、普通のサラリーマンに戻ろう」と考えた佐々木監督。

妻・淳子さんは「私のための人生じゃない。あなたの人生でしょ。あなたは大好きなサッカー、やめないで」と訴えます。

その言葉をきっかけに、佐々木監督は2年近いブランクを経てピッチに戻り、そして指導者の道に入りました。

2006年、サッカー日本女子代表コーチの要請を受けて、24年間勤めたNTT関東を辞職した時、年収が格段に下がりました。

しかしこの時も、妻・淳子さんは嫌な顔一つせず、即座に了承したそうです。

◆そして父と母の教え?

佐々木則夫監督のお父さんとお母さんは山形の人で、お父さんは山形の農家の長男でした。

お父さんは柔道の黒帯で、お祭りの相撲大会でも強く、それでいて優しくて、酒も飲まない、寡黙な人だったそうです。

しかし、佐々木監督が小学2年のとき、両親が土木建築業者として東京で独立したため、一家は東京へ引っ越し、埼玉県などを転々としました。

お父さんは勉強もスポーツも進路も、何も言わない人でしたが、たまに仕事を手伝っていた佐々木監督は、お父さんの背中を見ていました。

その姿は、「部下のミスは率先して解決する」「従業員とケンカしたチンピラが怒鳴り込んできても、俺が責任者だと前に立つ」というものでした。

ばか正直で、元請けや従業員にだまされたこともあるけど、行動に重みがあったその姿を、佐々木監督はしっかりと見ていました。

なでしこジャパンのリーダーとして、選手への批判を一身に引き受ける佐々木監督の行動は、お父さんに学んだものだったのです。

お父さんは、2008年のフランス遠征中に亡くなりました。

◆まとめ

やはり、素晴らしい指導者には、素晴らしい家族の支えがあることがよく分かります。

素晴らしい家族の支えを背に受けて、佐々木監督は、なでしこジャパンは、前人未踏のワールドカップ連覇へ挑みます!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です