宮地佑紀生の『家族』〜娘の仕事は大門ではない?嫁の名前や画像

中京圏を拠点に活動する、ローカルタレントの宮地佑紀生(みやち ゆきお)さん。

今回は、そんな宮地さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は名古屋

宮地佑紀生さんは、1949年1月9日生まれで、現在67歳。

名古屋市中区大須で生まれ、実家は日本でも珍しい緞帳(どんちょう)屋だったそうです。

緞帳とは、劇場の舞台と観客席とを仕切る「垂れ幕」のことです。

宮地さんは、名古屋市立大須小学校、同・前津中学校、愛知高校、愛知学院大学をそれぞれ卒業。

生粋の名古屋っ子であることが、学歴からも証明されていますね(*^^*)

大学卒業後は、専門学校の東京デザイナー学院に通い、23歳でアクセサリーショップ「参百六拾六日の店」を創業。

25歳の時、当時行われていた名鉄セブン社員による生CMに出演します。

これがきっかけで、東海ラジオの誘いを受け、ラジオ・パーソナリティの道を歩み始めました。

image

なお、2016年6月、ラジオ生放送中に、共演の神野三枝さんにケガを負わせたとして、愛知県警に逮捕されています。

◆嫁の名前や画像?

宮地佑紀生さんのお嫁さんの名前は、ヒロミさん。

奥様の画像は、以前、公開された年賀状で、拝見することが出来ます。

おおなみ旅館HP

知的で優しそうな方ですね!

◆娘の仕事は大門ではない?

宮地佑紀生さんには娘がいて、名前は里佳さん。

かつて、宮地さんは、本名の「宮地由紀男」で活動していた時期もありますが、娘さんの誕生を機に、現在の芸名に改名しています。

娘の誕生は、それだけ宮地さんの人生に、インパクトを与える出来事だったのでしょう。

娘さんの年齢は分かりませんが、宮地さんの年齢や、先ほどの画像(2008年)から想像するに、30歳くらいでしょうか。

娘さんに関連するキーワードに、「仕事」「大門」などが登場します。

「大門」とは、名古屋の中村遊郭があった場所で、かつては、東京・吉原に並ぶ歓楽街として知られました。

現在でも、風俗店が立ち並ぶ地区ですが、もちろん、娘の里佳さんが仕事をするような場所ではありません。

どうも、ラジオ番組中に、コンビを組む神野三枝さんが、

娘は大門で働いとるっちゅー噂じゃないですか?

と発言した事から、キーワードがネットで検索されてしまったようです。

さらに、神野さんが本当に発言したのかも曖昧な話。

煙というものは、火のない所からも立つものなのですね(>_<)

◆まとめ

これまで見てきた通り、宮地佑紀生さんの活躍の陰には、最愛の『家族』の姿がありました。

困難もあると思いますが、家族の力で乗り切って、再び元気な姿を見せて欲しいと思います!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です