桑田佳祐の『家族』~原由子との間に子供が2人。茅ケ崎の実家、姉の名はエリー…

スポンサーリンク

珠玉のメロディーメーカー、桑田佳祐さん。

今回は、そんな桑田さんを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
名前:桑田佳祐(くわた・けいすけ)
生年月日:1956年2月26日
身長:170cm
血液型:A型
出身地:神奈川県茅ケ崎市

◆茅ケ崎の実家

桑田佳祐さんは、神奈川県茅ケ崎市の出身。

実家は何回か転居しましたが、すべて茅ケ崎市内でした。

そして小学校高学年から住んだ実家は、洒落たリビングとダイニングキッチンがある「和洋折衷の家」。

家に帰れば、パーコレーターでコーヒーを煎れ、オープンリール・デッキでグレン・ミラー楽団を聴き、洒落たリヴィングに置かれたテレビで『アイ・ラブ・ルーシー』を見るような生活でした。

湘南の洒落た生活だったんですね。

実は本籍は、福岡県北九州市若松区なのだそうです。[1]

◆父親の職業は?

桑田佳祐さんの父親の名前は、桑田久司(くわた・ひさし)さん。[2]

父・久司さんはは満州からの引揚者であり、

  • 湘南の地方新聞の記者
  • 映画館の支配人(大黒館。後に茅ヶ崎国際劇場と改名)
  • 小田原市の西洋料理店「grill KONOMI」の雇われ支配人
  • バーの経営
  • 小津安二郎さんの運転手
  • パシフィックホテル茅ヶ崎にビリヤードと麻雀の店を出店

など、多彩な職業を手掛ける実業家でもありました。

2004年3月6日、77歳で亡くなっています。

◆母親との2ショット画像

桑田佳祐さんの母親の名前は、昌子さん。
母・昌子さんは父親と共同でバーを経営したほか、平塚市で割烹も経営しています。
1994年に逝去。
2019年3月20日に放送された、NHK『桑田佳祐大衆音楽史ひとり紅白歌合戦』で、母・昌子さんとの2ショット写真を披露しています。

◆姉の名はエリー

桑田佳祐さんにはお姉さんがいて、名前は岩本えり子(いわもと・えりこ)さん。

1952年8月18日生まれなので、桑田さんより4歳(3学年)年上になります。

姉・えり子さんは小学校高学年になると、忙しい両親に代わり、食事の支度など桑田さんの世話をしてくれました。

桑田さんと言えばビートルズからの影響が大きいと言われていますが、桑田さんにビートルズを教えたのも、えり子さんでした。

そんなえり子さんは、1975年に渡米。

その際、えり子さんとの別れを惜しんで桑田さんが作った曲が『いとしのエリー』だったとも言われています。

ただ、所属事務所によると、『いとしのエリー』は、原由子さんに向けて作った曲で、加えてエリック・クラプトンへの思いなど、複合的な思いが重なり合って完成したものなのだとか。

2番の歌いだし

あなたがもしもどこかの遠くに行き失せても
今までしてくれたことを忘れずにいたいよ

は、お姉さんへのメッセージともとれますよね。

2008年10月19日、えり子さんは乳癌のため、56歳で亡くなりました。

スポンサーリンク

◆妻・原由子

桑田佳祐さんの奥さんは、原由子(はら・ゆうこ)さん。

1956年12月11日生まれなので、桑田さんより1学年下になります。

サザンのメンバーとしての活躍は、説明するまでもありませんね

ちなみに原さんの実家は、横浜関内駅前の天ぷら屋『天吉(てんきち)』を営んでいます。[3]

サザンの楽曲『今宵あなたに』でこの店のことが歌われており、ファンの間では聖地となっています。

しかし原さんは、エビ天を食べるとじんま疹が出るのだとか。

桑田さんはこのことを、『エビのたたり』と称しています。

原由子の『家族』~実家は老舗てんぷら店、夫・桑田佳祐との間に子供が2人
サザンオールスターズで長年活躍する、原由子さん。 今回は、そんな原さんを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:原由子(はら・ゆうこ) 本名:桑田由子(くわた・ゆうこ) 生年月日:1956年12月11日 血液型...

◆子供が2人

桑田佳祐さんと原由子さんの間には、子供が2人います。

①長男・桑田祐宜さん

長男はインディーズバンド・READ ALOUDのボーカル、桑田祐宜(くわた・ゆうき)さん。

高校時代からバンド活動をしていて、

同じ学校に通っていた山下達郎と竹内まりやの長女と一緒のバンドでデビューする

という噂が駆け巡ったこともありました。[4]

大学卒業時には、複数のレコード会社からデビューの話が持ち掛けられますが、桑田さんは、

まだデビューできる実力なんてない。どうしてもデビューしたいのだったら、絶対に『桑田』の名前を使うな。それでもデビューさせてくれるところがあるなら、すればいい

と、反対。

親の七光りで通用するほど甘い世界じゃないということを誰よりも知っていますからね

しばらくはアルバイトでギターを弾いたりしていた祐宜さん。

2010年に桑田さんが食道がんになったことで、「親に心配はかけられない」と本気でデビューを目指すようになります。

そんな姿を見た桑田さんも、息子のデビューに向けて、全面的にサポートを開始。

2012年11月、1stミニアルバム『A』で晴れてCDデビューを果たしました。

②次男・桑田洋輔さん

次男は桑田洋輔さんといいますが、音楽活動はしていません。

◆まとめ

これまで見てきた通り、桑田佳祐さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、桑田さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. Techinsight 2017年8月24日 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐 “人生で影響を受けた人物”や意外な“本籍地”明かす

  2. 四国新聞 2004年3月8日 桑田久司氏死去/サザンの桑田佳祐さんの父

  3. 日刊スポーツ 2018年5月7日 暴行被害のサザン聖地、原坊兄は「店の方は大丈夫」
  4. 女性セブン 2013年8月22・29日号 桑田佳祐の長男 「一生ニートで過ごす」が口癖だった時期も

コメント

タイトルとURLをコピーしました