本田真凜の『家族』~両親・兄弟・姉妹の名前や年齢、画像など

女子フィギュアスケート界の次世代のエース、本田真凜(ほんだ・まりん)選手。

今回は、そんな真凜選手を育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 

スポンサーリンク




◆実家の父・本田竜一氏の職業は?

本田真凜選手のお父さんの名前は、本田竜一(ほんだ・りょういち)さん。

1968年生まれなので、今年(2017年)で49歳になります。

父・竜一さんは大阪生まれの京都育ちで、現在も京都に居を構え、5人の子育てに奮闘してきました。

竜一さんは、元スケート選手だそうで、真凜さんがスケートを始めたのは、お父さんがきっかけ。

そして、ネット上では、竜一さんの職業が話題となっています。

それは、子供のうち4人が、お金がかかると言われるフィギュアスケートをやっているため、

“相当なお金持ちなのではないか?”

という事なのでしょう。

トリノ五輪の金メダリスト、荒川静香さんは、以前メディアでこう話しています。 

“5歳でスケートを始めてからトリノで金メダルを取るまでの20年の間に、2億円以上は使いました”

この費用をねん出できる職業という事で、竜一さんの職業は「医者」「メガバンク」など憶測が飛んでいるようです。

実際に職業が明かされたことはありませんが、収入が多い部類のサラリーマンという見方が、一番しっくりくるようですね。 

◆母親の年齢は?

本田真凜選手のお母さんの名前は、真紀さん。

年齢は非公開ですが、お父さんと大学時代に知り合って結婚しているので、現在(2017年)40代後半だと思われます。

本田家の教育方針は

“子供の可能性を探るため、色々と習い事をさせること”

サッカーや体操、水泳、テニス、ピアノ、お絵かき教室…

子供たちが「やりたい!」というものを探しては、やらせてきた結果、子供たちが選んだのがフィギュアスケートだったのです。

1人でも大変そうですが、5人となると手続きだけでも大変そうです(^^;)

しかし、送り迎えやお弁当など、母・真紀さんを中心に子供たちをサポートしてきました。

現在では、これらの経験を活かして、子育ての講演会なども開催されています。 

◆姉の名前は?

本田真凜選手は、5人兄弟の3番目に当たります。

一番上のお姉さんの名前は、本田真帆さん。

年齢は、真凜さんより6歳年上なので、今年(2017年)で22歳になります。

名前の由来は、母・真紀さんの名前から「真」の一文字をもらったこと。

それと、両親が最初に出会ったヨットハーバーから、ヨットのセールにちなんだ「帆」の文字を合わせて、名付けられました。

真帆さんは兄弟で唯一、フィギュアスケートをやっていませんが、身体が弱いためとも言われています。 

◆兄の高校は?

本田真凜選手にはお兄さんもいて、名前は本田太一さん。

1998年8月2日生まれなので、今年で19歳になります。

太一さんも色んな習い事にチャレンジし、スケートはホッケーから始めましたが、後にフィギュアスケートに専念。

現在では関西大学高等部へ通いながら、同校のアイススケート部に所属し、全国高校選手権で5位の成績を収めています。

ちなみに、同校のアイススケート部には、フィギュアの宮原知子選手も所属しています。 

◆妹は女優・本田望結!

本田真凜選手の妹は、子役として活躍する本田望結さん。

2004年6月1日生まれなので、今年で13歳になります。

4歳の時に、“StyleONE”のCMで芸能界デビューし、2011年に『家政婦のミタ』へ出演したことで、一気にブレイクしました。

現在もオスカープロモーションに所属する女優ながら、フィギュアスケートにも挑戦する「二刀流」。

仕事の際には、自宅のある京都から東京まで通っており、「二刀流」の負担を心配する声もありますが、本人は否定しています。

望結は決して50、50(%)のつもりではない。どっちも100、100(%)のつもりでやってるから…

力強い言葉を証明するエピソードがあります。

テレビ番組の収録が東京であり、最終便の新幹線で京都に戻り、翌朝6時半からフィギュアスケートの大会というスケジュールとなったことがあります。

寝不足と疲れで調子がよくなかったので、母・真紀さんは、

“出場するのをやめる?”

と聞きました。

しかし望結さんは答えます。 

“ここに戻ってこられたから参加する。新幹線も動いたし、風邪も引いていないし、ここに立てることに感謝してる…”

そうして臨んだ大会で、なんと望結さんは、優勝を決めたのでした。 

◆一番下の妹・画像!

本田真凜選手には、もう一人妹がいて、名前は本田紗来(さら)さん。

2007年4月4日生まれなので、今年で10歳になります。

紗来さんもフィギュアスケートを習っており、幼年女子の部で優勝経験を持つ実力派。

さらに、オスカープロモーションにも所属する「二刀流」でもあり、「さんまのまんま」や「フルーチェ」のCMに出演しています。

160322_本田真凜の家族

それぞれの分野で、姉2人を超える活躍が期待されています。 

◆まとめ

これまで見てきた通り、本田真凜選手の活躍の陰には、温かくて楽しい『家族』の姿がありました。

夢は2018年平昌オリンピックでの金メダル。

いや失礼しました、「夢」ではなく「目標」なのだそうです。

若き新星の大舞台での活躍を、日本中が応援しています(^o^)丿

◇編集後記

本田真凛選手が、演技をより魅力的にみせるためにこだわっているのが“メーク術”。

アイシャドーは流行の“アディクション”がお気に入りです。

コーセー ADDICTION アディクション ザ アイシャドウ【カラーNo.21〜59】

時には、2人の妹の顔を実験台にしながらメークの研究をしているのだとか。

皆さんもこれを使えば、真凛ちゃんのようになれるかも(^_-)

《違う角度から見た本田家の姿!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO