岩澤直美の『家族』~父親の職業は?母親の国籍は?妹はチェコ在住

大学生ながら女性実業家として活躍する、岩澤直美さん。

今回は、そんな岩澤さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:岩澤直美(いわざわ・なおみ)
生年月日:1995年生まれ
学歴:早稲田大学在学中

スポンサーリンク




◆実家は大阪

日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、チェコ語の6か国語を操るという岩澤直美さんは、大阪出身。

実際にはプラハ(チェコの首都)で生まれ、すぐに日本に来て神奈川から大阪に移り、5歳まで大阪の田舎町で育ったのだそうです。

そして5歳から2年間、ハンガリーで生活しますが、

“友達に言いたいことも言えない”

という言語の壁にぶつかります。

小学生の途中から大阪に戻ると、公立小学校へ編入。

今度は、言葉の問題はなかったものの、

“半分日本人の外国人”

という偏見に苦しみました。

それでも、

“私は日本人、強いて言うなら『半分外国人の日本人』だ”

と言い返していたそうなので、子供のころから、論理的な主張ができていたのですね。

小学6年の夏からは家族でドイツへ引っ越し、中学ではドイツのインターナショナルスクールへ通いました。

◆高校は関西学院千里国際高等部

岩澤直美さんは、中学3年の夏に再び帰国すると、

“多様性のある、違いを尊重しているような学校”

を求めて、関西学院千里国際中等部・高等部へ入学します。

先生も生徒も個性豊かで、海外経験の多い人もたくさんいて、充実した高校生活を送ることができたそうです。

高校1年生の時には、ドイツ語のスピーチ大会で優勝し、大阪・ハンブルク友好都市の親善大使を務めました。

高校3年生の時には、

“日本で、一人ひとりの違いをリスペクトできる社会を実現したい。もっと多くの人にとって居心地の良い社会にしていきたい”

と考え、無料の異文化理解教室『KIDS’CLUB』を始めました。

これは、小学生を児童館に集めて、いろいろな国の文化を紹介するプログラムを提供する教室で、現在の活動の前身となるものです。

◆大学は早稲田大学

早稲田大学に進学が決まると、まだ入学式も迎えていない時点で、すぐに東京での活動を開始。

クラウドファンディングで資金を集めると、広尾にある塾を会場として借りて無料レッスンを開始します。

教室の名称を『Culmony(カルモニー)』へと変更し、

“英会話×多文化”

をキャッチコピーに、SNSを駆使して、活動の幅を広げています。

◆父親の職業は?

インターナショナルな雰囲気の岩澤直美さんですが、父親は日本の方。

ただ、お父さんの仕事の都合で、岩澤さんは幼いころから日本と海外を行き来しているので、職業は商社マンとか外交官とかなのでしょう。

◆母親の国籍は?

岩澤直美さんの母親は、チェコ人だそうです。

年配の方は“チェコスロバキア”の方が通りが良いかもしれませんが、1992年に連邦を解体して、チェコとスロバキアに別れました。

お母さんはチェコ人ですが、岩澤さんが物心ついた頃からはずっと、日本語でコミュニケーションを取ってきています。

日本語ペラペラなのでしょうね、関西弁の可能性も高いと思います(^_^;)

また、岩澤さんの大きくて褐色の瞳は、お母さんからの遺伝。

大人になった今でこそ、岩澤さんの大きな魅力の一つですが、日本人離れした瞳のせいで、小学生のころはいじめられたそうです。

◆妹はチェコ在住

岩澤直美さんには妹がいて、4月(2018年)から小学3年生だそうなので、年齢が離れていますね。

チェコにいる妹はチェコ語しか話せませんが、ハグしたり手をつないだりしながら、

“ナオミー、アイラブユー”

とカタコトの英語で囁いてくれるのだとか(*^_^*)

◆まとめ

これまで見てきたとおり、岩澤直美さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、岩澤さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO