古賀稔彦の『家族』~同級生妻とは離婚…再婚した妻との間に息子2人、娘が1人

「平成の三四郎」こと、柔道家の古賀稔彦さんが、がんのため亡くなりました。

今回は、生前の古賀さんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【プロフィール】
名前:古賀稔彦(こが・としひこ)
生年月日:1967年(昭和42年)11月21日
没年月日:2021年(令和3年)3月24日
享年:53歳
出身地:佐賀県三養基(みやき)郡
スポンサーリンク

◆佐賀県みやき町の実家

古賀稔彦さんは、福岡県久留米市で生まれました。[1]

久留米市立宮ノ陣(みやのじん)小学校に上がると、1年生の時に柔道を始めます。

小学校2年生で、佐賀県三養基郡北茂安(きやしげやす)町(現・みやき町)に引っ越し、北茂安小学校を卒業。

中学からは上京して、柔道私塾である講道学舎へ入門し、世田谷区立弦巻(つるまき)中学校に通いました。

その後、柔道の名門・世田谷学園高等学校と進み、日本体育大学を卒業しています。

実家は今でも、佐賀県みやき町にあります

◆鉄工職人の父

古賀稔彦さんの父親の名前は、古賀稔朗(こが・としあき)さん。[2]

父・稔朗さんは柔道経験者で、職業は鉄工職人でした。

その技術を活かして、庭に鉄骨を埋め込み、土台をコンクリートで固めた打ち込み用の道具を作ってくれました。

近くの神社で150段の石段を上る早朝練習にも、毎日つきあってくれました。

稔朗さんは1996年2月18日、55歳の若さで亡くなっています。

◆母親

古賀稔彦さんの母親の名前は、古賀愛子さん。[3]

生年は、1942年ごろになります。

母・愛子さんは現在も、佐賀県みやき町で暮らしていました。

古賀さんの病気のことは知らなかったそうで、

心配させまいと隠していたんでしょうね。気遣いを忘れない立派な息子だった

と語っています。

◆兄は一本背負いの師

①兄は一本背負いの師

古賀稔彦さんにはお兄さんがいて、名前は古賀元博(こが・もとひろ)さん。[4]

1965年6月25日生まれなので、古賀さんより2歳年上になります。

一足先に柔道を始めた元博さんは、常に古賀さんの同士であり目標でした。

  • 講道学舎
  • 世田谷区立弦巻中学校
  • 世田谷学園高等学校
  • 日本体育大学

と、経歴もまったく同じです。

古賀さんの代名詞といえば一本背負いですよね?

実は、古賀さんに一本背負いを伝授したのは、兄の元博さんです。

元博さんは講道学舎で、東京オリンピック金メダリストの岡野功(おかの・いさお)さんより、一本背負いを直々に伝授されて得意技にしていました。

それを弟にも厳しく指導しながら身に付けさせたのです。

②兄弟対決

古賀さんと元博さんの兄弟対決が実現したのは、1985年の新人体重別選手権でした。

この時、元博さんは日体大の2年生、古賀さんは世田谷学園高の3年生でした。

この時、元博さんは、

自分も世界を目標にしている以上、例え相手が弟でも勝ちを譲るわけにはいかない、父が息子より偉大であるように、兄も弟より強くなければならない

という気持ちで挑みます。

結果は、兄・元博さんの敗退。

この試合で弟との決定的な違いを感じた元博さんは、世界への夢を諦めることになりました。

現在、古賀元博さんは、福岡県立糸島高等学校の教員として働いています。

◆同級生妻とは離婚

古賀稔彦さんは、1994年7月に結婚しています。

奥様の名前は里美さんで、世田谷学園高等学校の同級生だったそうです。[5]

しかし、結婚から2年後の1996年3月、古賀さんの不倫がフライデーに報じられてしまいました。

その時の記事のタイトルは、

「平成の三四郎」古賀稔彦 金メダル捨てた“不倫愛”

でした。

結局、このことが原因で、里美さんとは離婚されています。

◆再婚した妻

古賀稔彦さんが再婚した妻の名前は、早苗さん。[6]

年齢は、古賀さんより3歳年下になります。

早苗さんは、古賀さんと同じ日本体育大学を卒業後、スポーツのインストラクターをしていました。

スポンサーリンク

◆息子が2人

古賀稔彦さんと早苗さんの間には、2人の息子さんがいます。

①長男

長男の名前は、古賀颯人(こが・はやと)さん。[7]

1997年9月13日生まれになります。

3歳で柔道を始めると、小学校6年生の時には全国小学生学年別柔道大会50kg級で優勝。

中学から神奈川県川崎市の実家を離れ、愛知県の名門・大成中学校に進学しました。

大成高等学校2年生の時には、全日本カデで優勝しています。

大学は、父と同じ日本体育大学に進んでいます。

②次男

次男の名前は、古賀玄暉(こが・げんき)さん。[7]

1998年12月19日生まれなので、颯人さんより1歳年下になります。

玄暉さんも3歳で柔道を始め、中学からは兄と同じく、大成中学・高校に通いました

高校1年生の時には、全国高校選手権の60kg級で優勝しました。

高校2年生では、世界カデで優勝を成し遂げ、

2020年の東京オリンピックで優勝することが最大の目標

と、コメントしています。

大学は、父と兄と同じく、日本体育大学に進んでいます。

◆娘が1人

古賀稔彦さんには、娘さんもいて、名前は古賀ひより(こが・ひより)さん。[8]

2001年頃の生まれなので、お兄さんたちから3~4歳年下になります。

幼い頃から2人の兄と父の道場に通い、手ほどきを受けました。

中学までは川崎市高津区の実家にいましたが、高校は岡山の創志学園高等学校に柔道留学しています。

大学は、古賀さんが総監督を務める環太平洋大学に進学しています。

◆まとめ

これまで見てきた通り、古賀稔彦さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからは空の上から、家族の挑戦を応援してくれることでしょう✨

ご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

古賀稔彦さんが愛用した腕時計を探しました。

これはオメガスピードマスター ムーンウォッチではないでしょうか。

 

名前の通り、アポロ11号の宇宙飛行士が、人類史上初めて月面着陸した際に着用していたモデルです。

宇宙と柔道という違いはあれど、不屈の精神で挑む世界観は共通していると思います。

芸能人・有名人が愛用する腕時計【87選】メンズもレディースも一挙公開!
「腕時計は口ほどにものを言う」と言われるくらい、腕時計はその人の生き様を雄弁に物語ります。 こんにちは!持ってないけど時計好きのカゲロウです 今回は、芸能人・有名人の腕時計をご紹介し、その人となりに思...

◇脚注

  1. 日刊スポーツ 2021年3月24日 古賀稔彦さん 左ひざ負傷おし五輪金メダル/復刻
  2. サンスポ 2021年3月24日 2015年の連載を再録「古賀稔彦、父の教えで努力の意味を知る」
  3. 西日本スポーツ 2021年3月25日 「気遣いを忘れない立派な息子」言葉絞り出す古賀稔彦さんの母
  4. TBS『消えた天才』 2018年1月3日 『一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP』
  5. 日刊スポーツ 2021年3月24日 古賀稔彦さん死去 「平成の三四郎」写真集
  6. 毎日新聞 2018年12月16日 柔道金メダリスト・古賀稔彦さん 自然と人の温かさに魅了
  7. 日刊スポーツ 2015年3月21日 古賀最強兄弟 弟玄暉初V 兄颯人準V
  8. 毎日新聞 2021年3月24日 古賀稔彦2世の3きょうだい、偉大な父追い五輪を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました