プーチンの『家族』~離婚した元CA妻との間に2人の娘…長女マリア、次女カテリーナ

ロシア連邦第2代、第4代大統領を務める、ウラジーミル・プーチン氏。

元KGBのスパイです

今回は、そんなプーチン大統領を取り巻く『家族』の物語です。

名前:ウラジーミル・プーチン
ラテン表記:Vladimir Vladimirovich Putin
生年月日:1952年10月7日
出身地:レニングラード
出身大学:レニングラード大学法学部
スポンサーリンク

◆家族構成

プーチン大統領の実家の家族構成は、父親、母親、長兄、次兄、プーチン氏の5人家族です。

自身は1983年に結婚しており、2人の娘がいます。

◆父親の職業は?

プーチン大統領の父親の名前は、ウラジーミル・スピリドノヴィチ・プーチン氏。[1]

ちなみに、プーチン大統領の正式な名前は、「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン」です。

父親はソ連共産党の熱心な党員で、無神論者でしたが、ソ連海軍に徴兵され、1930年代には潜水艦隊に配属となります。

第二次世界大戦では破壊工作部隊に所属し、独ソ戦で傷痍(しょうい)軍人となったということなので、何らかの障害を抱えていたのでしょう。

戦後は機械技師として、レニングラードの鉄道車両工場で働きました。

プーチン大統領の頑固で勤勉な性格は、父親譲りと言われています。

プーチン氏が大統領に就任する姿を見ることなく、1999年に父親は亡くなりました。

◆母親の名前は?

プーチン大統領の母親の名前は、マリア・イワーノヴナ・シェロモーワさん。[1]

母・マリアさんは、信仰心が深いロシア正教徒で、幼少期のプーチン氏は母親に似ていたそうです。

マリアさんは、父・スピリドノヴィチ氏が亡くなる1年前に亡くなっています。

◆兄弟

プーチン大統領には2人の兄がいました。[2]

しかし、2人の兄たちは、プーチン氏が生まれる前の1930年代に亡くなっているため、

プーチン氏は一人っ子として育っています。

◆妻・リュドミラ

プーチン大統領は、KGB(ソ連国家保安委員会)時代の1983年に、結婚しています。

妻の名前は、リュドミラ・プーチナさん。[3]

レニングラード大学哲学部を卒業した後、客室乗務員を務めていました。

その後、政界に転身したプーチン氏を陰ながら支えてきたリュドミラさんでしたが、2013年に離婚が発表されます。

離婚理由について、リュドミラさんは、

実質ほとんど顔を合わせていない。(夫は)仕事に没頭しているし、子供たちも成人して独立した

と説明し、夫の大統領としての激務が、結婚生活に影響を与えたことを語りました。

2015年、リュドミラさんは、21歳年下のビジネスマンと再婚しています。

◆長女・マリア

プーチン大統領の長女の名前は、マリア(マリーヤ)さん。[1]

1985年生まれになります。

長女・マリーヤさんは、父と母の母校であるサンクトペテルブルク大学(旧レニングラード大学)に合格し、生物土壌学を専攻しました。

また、モスクワ大学で基礎医学を学び、内分泌学分野でのキャリアも積んでいます。

安全上の理由でしょう、学生時代のマリーヤさんはプーチン姓を名乗らず、4つの名字を操っていたそうです。

モスクワ大学時代の友人は

マリーヤは、裕福な将軍の娘であるとの噂だった

と話しています。

そんなマリーヤさんですが、2005年3月にギリシャで結婚式を挙げました。

結婚相手は明らかにされていませんが、情報ではお相手はオランダ人の男性。

現在は手厚い警備を受けながら、モスクワ中心部の米国大使館に近い7階建ての豪華マンションの一角に住んでいるそうです。

◆次女・カテリーナ

プーチン大統領の次女の名前は、カテリーナ(エカテリーナ)さん。[1]

1986年生まれなので、年子になります。

カテリーナさんもサンクトペテルブルク大学出身ですが、専攻は日本史なのだとか。

親日家で、日本語も堪能なカテリーナさんは、日本にもたびたび来日しています。

こちらも安全上の理由で、祖母の姓「チホノワ」を名乗っているため、日本関係者がプーチン氏の娘と気づくことは少ないそうです。

メディアでは、

ロシア人としては小柄なところは父親似でしょうか

と、来日時の様子が伝えられていました。

ベールに包まれたカテリーナさんの私生活ですが、すでに結婚しているとも報道されています。

お相手の名前は、キリル氏。

プーチン大統領の長年の友人である、ニコライ・シャマロフ氏の息子さんだそうです。

スポンサーリンク

◆事実婚の妻

2013年に離婚したプーチン大統領ですが、新恋人の噂もあります。

お相手の女性は、元新体操選手のアリーナ・カバエワさん。[4]

2人の恋愛関係は「公然の秘密」として語られており、

2人の子供が生まれた

との噂も飛び交っています。

カバエワさんは、2009年と2015年に出産しているとの情報もあります。

噂が本当だとすると、子供が成人するころ、プーチン大統領は80歳代。

子供の将来のためにも、プーチン大統領は頑張らなければなりません。

◆まとめ

これまで見てきた通り、プーチン大統領の活躍の陰には、温かく支えてくれる『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、プーチン氏の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. .BUSINESS INSIDER 2018年7月10日 2人?3人? プーチン大統領の謎に包まれた私生活と、溺愛する娘たち
  2. 女性セブン 2022年3月17日号 プーチン大統領の正体 父は戦争の英雄、本人は最強の少年、宝くじ的中も
  3. Wikipedia 2022年3月6日確認 リュドミラ・プーチナ
  4. 女性セブン 2022年3月17日号 プーチン大統領の「女性の噂」 豪邸で暮らす“新体操の女王”と事実婚か

国際社会のキーマンたち

ジョー・バイデンの『家族』〜妻と娘を交通事故で、息子を脳腫瘍で失う…
第46代、アメリカ大統領のジョー・バイデン氏。 今回は、そんなバイデン氏を取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:ジョー・バイデン(Joe Biden) 本名:ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア(Joseph...
習近平の『家族』~夫人のファッションに注目!ハーバードの娘の画像
第5代・中国共産党中央委員会総書記をつとめる、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席。 今回は、そんな習氏を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 ◆最初の夫人 実は、習近平・国家主席は“バツイチ”です。 最初の結婚は...
ゼレンスキーの『家族』~妻・エレナとの間に娘と息子…父親は研究者で母親は技術者
第6代のウクライナ大統領をつとめる、ウォロディミル・ゼレンスキー氏。 コメディアン出身です! 今回は、そんなゼレンスキーさんを取り巻く『家族』の物語です。 名前:ウォロディミル・ゼレンスキー 英語...

コメント

タイトルとURLをコピーしました