中田久美の『家族』~結婚相手の旦那さんと離婚の理由…子供はいる?

バレーボール全日本女子チームの監督を務める、中田久美さん。

今回は、そんな中田監督を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:中田久美(なかた・くみ)
生年月日:1965年9月3日(53歳)※2018年10月現在
身長:176cm

スポンサーリンク




◆結婚相手の旦那さん

中田久美監督は、29歳の時に結婚しています。

旦那さんの名前は、林隆夫さん。

旦那さんは、国学院久我山高校時代に、第51回選抜高等学校野球大会に出場したと言いますから、アスリート同士で通じるものがあったのでしょう。

ちなみに、旦那さんの実父の名前は、林亮勝(はやし・りょうしょう)さん。

こちらは、元大正大学の学長を務め、歴史学者としての実績もあられる方です。

日朝文化交流協会の理事長も務めています。

◆旦那さんとの離婚理由は?

結婚して新たな人生を歩き始めた中田久美監督でしたが、結婚生活は3年間しか続きませんでした。

離婚理由について、中田監督自身は、

“結婚に完璧を求めてちゃいけなかった”

と振り返っています。

背景には、夫の両親と上手く折り合えなかったことがあるようです。

確かに、世界的なバレーボール選手で結婚前はモデルとして活動した中田監督と、教育者で歴史学者のご家庭の価値観は、大きく異なっていたでしょう。

中田監督の知己の一人は

“旦那さんの後ろで控えているようなお嫁さん、ではないですね”

と話しています。

◆子供はいる?

中田久美監督に子供さんはいらっしゃいません。

結婚生活そのものが短かったためでしょう。

今では、指導する選手たちが、中田監督にとっての子供みたいなものでしょう。

選手にとっては、ちょっと怖いお母さんですね(^_^;)

◆実家の家族構成

中田久美監督の実家の家族構成は、父、母、本人です。

全日本女子バレーボール選手だと、お姉さんの影響でバレーを始めた選手が多いのですが、中田監督に兄弟はおらず1人っ子でした。

◆バレーボールは母親の影響

中田久美監督がバレーボールと出会ったのは幼稚園の頃。

母親のママさんバレーについて行き、ボールを拾ったり、見よう見まねでサーブを打つ真似事をしていました。

本格的にバレーを始めたのは、中学校のクラブ活動からです。

身長が高かった中田さんは、担任の先生からバスケットボールを勧められますが、母親に、

“バスケットよりは、バレーの方が楽しいんじゃないの”

と言われたのがきっかけでした。

◆父親はがんで逝去

中田久美監督の父親は、中田さんが41歳の時に亡くなっています。

末期がんであっけなく逝った父が、微笑みながら残した言葉は

“人生に悔いはない”

衝撃の言葉でした。

現役を引退して、ファッションモデル、テレビの仕事、講演などをこなしていた中田監督の魂が揺さぶられます。

“こんな生き方じゃダメだ”

中田監督は、バレー界に戻ることを決意。

この体験がなければ、今ごろ中田監督は「全日本監督」ではなかったでしょう。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、中田久美監督の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、中田監督の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

中田久美監督の貴重なセミヌードが収められた写真集を見つけました。

『中古』N.93—中田久美写真集

金額もプレミアム価格ですね(^_-)

《バレーボール全日本女子の家族》

《元バレーボール全日本女子》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO