勝谷誠彦の『家族』~開業医の父と弟・母・嫁や子供はいるのか?

コラムニストの勝谷誠彦さんが、うつ病を公表して話題になっています。

勝谷さんはどのように病気と向き合っていくのでしょうか?

今回は勝谷さんを取り巻く家族について取り上げたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆勝谷誠彦・本人

勝谷誠彦さんは、1960年12月6日生まれの現在54歳。

兵庫県尼崎市出身で灘中学校・高等学校を経て、早稲田大学第一文学部を卒業されています。

大学卒業後は文藝春秋で記者を務めた後、フリーランスとして活動していますが、歯に衣着せぬ発言でテレビ番組を降板させられるなど、物議を醸すことも多い保守系の論客です。

一方で、阪神タイガースや米倉涼子さん、ももいろクローバーZや鉄道ファンという柔らかい一面もあり、風俗や鉄道旅行を題材とする著作もあります。

151025_勝谷誠彦の家族
《引用元:吉本興業公式HP》

◆父・積治さん

勝谷誠彦さんの父・積治(せきはる)さんは、1927年12月30日生まれの現在87歳です。

奈良県北葛城郡磐園村の出身で、1953年に大阪医科大学を卒業し医師免許を取得。

1959年、尼崎市内に勝谷医院を開業し、現在は名誉院長を務めています。

2年ほど前までは勝谷さんと酒を5号飲むほどお元気でしたが、2015年3月、散歩中に心肺停止で搬送されています。

◆母

勝谷誠彦さんのお母さんは、蝶よ花よと育てられたお嬢様だそうで、バレリーナでもあり、オードリー・ヘップバーンに似た綺麗な人だったそうです。

お母さんは三島由紀夫オタクでもあり、その影響で勝谷さんは小学校の時から「午後の曳航」「肉体の学校」などを読んでいました。

お父さんは、お母さんの美貌が自慢で「ママ綺麗だろ、綺麗だろ」といつも言っていたそうですが、お父さんより先にご逝去されてしまいました。

◆弟・友宏さん

勝谷誠彦さんの弟・友宏さんは、1965年1月5日生まれの現在50歳。

勝谷さんと同じく灘高を卒業後、和歌山県立医科大学に進学し、医師の道を歩みました。

水族館探索やピアノ演奏、旅行、スキー、スキューバダイビングなど趣味が多彩で、勝谷さんより弟さんの方が社交的なようですが、お酒が好きなのは一族共通のようです。

2009年8月に、実家を継いで勝谷医院の理事長・院長に就任しています。

なお、友宏さんは三男となっていますが、次男の弟さんの詳細は不明です。

◆嫁や子供はいないのか?

勝谷誠彦さんの嫁や子供については、詳細が不明であり、友人である漫画家の西原理恵子からは「ホモのかっちゃん」「ホモかつや」と呼ばれています。

以前、やしきたかじんさんに「結婚してるの?」と質問を受けていましたが、嫁や子供などに危害が加えられる恐れがあるため、ノーコメントで通しています。

しかし、週刊文春時代の上司である花田紀凱さんの著書「編集者!」には、勝谷誠彦さんの結婚式について記載があるため、一度は結婚されているようです。

3年ほどで離婚したという情報もあり、現在は独身なのかもしれませんが、子供さんはいる可能性もあります。

◆まとめ

勝谷誠彦さんは、自身のうつ病について「病という敵を知れば心配ない」と話し、同病の人たちに「こういうこともあるのだよ」と伝えたくて病気を公表しました。

勝谷さん独特の「歯に衣着せぬ物言い」で、うつ病のイメージを根底から覆して欲しいですね。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. TT より:

    よくもまあこんなネットから拾っただけで独自の情報もない適当な記事で公開してるな

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘のとおり、記事の質は“まだまだ”だと感じております。
      なるべく独自色を出せるよう、創意工夫を重ねたいと思いますので、
      これからもよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です