内柴正人の『家族』~お嫁さんと子供、3人の母親に捧げた金メダル

2004年アテネ、2008年北京の五輪2大会連続で、金メダルを獲得した柔道家・内柴正人さん。

今回は、そんな内柴さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:内柴正人(うちしば・まさと)
生年月日:1978年6月17日(40歳)※2018年7月現在
身長:160cm
引退:2010年10月

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆2003年に結婚、お嫁さんは?

内柴正人さんは、2003年3月に結婚しています。

お嫁さんの名前は、「あかり」さん。

年齢は、内柴さんより2歳年下です。

お嫁さんは、帝京大学柔道部の内柴さんの後輩で、卒業式の日に2人は結婚しました。

お嫁さんも柔道3段の実力者であり、時には走り込みにつきあい、投げ技の練習相手も務めました。

そして、結婚翌年の2004年6月に第一子を出産。

2ヶ月後に出場したアテネ五輪で、内柴さんは待望の金メダルを獲得しています。

◆お嫁さんの支えで五輪連覇

お嫁さんのあかりさんは、アテネ五輪の後から、柔道整復師の勉強を始めました。

将来、メダリストの夫と一緒に道場を開くのが夢でした。

一方、内柴正人選手は現役を続行。

メダルストといえど競技は順調ではなく、何度も「やめたい」と考えていたそうです。

しかし、一生懸命家事をしながら学校に通っている妻と子供を

“北京に連れて行きたい”

と、歯を食いしばりました。

お嫁さんも、大会と合宿で年間3分の1は帰らない夫の分まで、東京の自宅で子供の面倒を見ました。

そうして2008年の北京五輪で2連覇達成。

「金」が決まった瞬間に見た先には、観客席にいるお嫁さんと子供の姿がありました。

◆お嫁さんと離婚に…

北京五輪の翌年、2009年6月には、第2子が誕生。

2つの金メダルと、2人の子宝に恵まれ、内柴正人さんにとって人生のピークがここにありました。

2010年10月に現役を引退。

そして2011年、悪夢の事件が日本中を驚かせます。

コーチを務める九州看護福祉大学の女子柔道部の教え子に酒を飲ませ、無理やり関係を強要したというのです。

警視庁は準強姦容疑で内柴さんを逮捕。

内柴さんは容疑を否定しましたが、2014年4月23日、最高裁判所にて懲役5年の実刑判決が確定しました。

当初は内柴さんの無実を信じていたお嫁さんでしたが、次々と内柴さんの女性関係が明らかとなるにつれ、心が離れていきました。

2012年11月、夫妻は離婚をしています。

◆子供は現在…?

前述のとおり、内柴正人さんには2人の子供さんがいます。

第1子は、2004年6月生まれの男の子。

第2子は、2009年6月生まれの女の子。

それぞれ現在(2018年7月)、14歳と9歳になっていますね。

2人の子供さんはお嫁さんが引き取っており、現在どこで何をやっているのかは分かりません。

しかし、五輪を2連覇した父親と柔道三段の母親の血を引く子供…。

柔道の凄まじい才能があることは間違いない事でしょう。

◆父親と3人の母親

内柴正人さんには、産みの母、育ての母、現在の母と、3人の母が存在します。

産みのお母さんは、内柴さんが6歳の時に家を出て行きました。

しかし毎週土曜日、父には内緒で、小学校の裏の公園で産みの母と会っていた内柴少年。

ときに仕事で会えない日には、手作りのお弁当が木に吊るされていました。

“それだけが二人の絆だった…”

そう振り返る内柴さんの目は、6歳の少年そのものでした。

◆育ての母との別れ

しかし、内柴少年と産みの母との絆は、父の再婚によって断ち切られます。

“正人、もうタヨ子(産みの母)には会うな。お前には新しいお母さんがいるんだぞ”

という、父からの言葉。

新しい母がどれだけ愛してくれても、断ち切れない産みの母への想い。

それでも内柴さんは現在の父と母を想い、自分の心にケジメをつけたのです。

“俺、母ちゃんとはもう会わない。母ちゃんのところに死んでも行かない!”

産みの母はその言葉を聞き、

“じゃあ会うべきじゃないんだな”

と思い、内柴少年を抱き上げて顔を拭いてあげてました。

それが2人の最後となりました。

◆育ての母と現在の母

産みの母との辛い別れを経験した内柴正人さんですが、再婚相手である「育ての母」にも感謝しています。

現在のお母さんは、内柴さんが25歳の時に内柴家に嫁いできました。

内柴さんが現役時代に辛いとき、家に帰ってきて優しくしてくれたのは、現在のお母さんです。

内柴さんは3人の母親にとても感謝しているのでした。

◆柔道のきっかけは兄弟

内柴正人さんは9歳で柔道を始めました。

そのきっかけは

“兄に喧嘩で勝つため”

だったと言われています。

しかし、両親の離婚に伴い、兄と妹は母親に引きとられ、内柴さんだけ父親の下で育てられました。

そして、兄は2005年に熊本市内のホームセンターで工具4点を盗み、男性警備員に暴行をした疑いで逮捕されました。

内柴さんがアテネで金メダルをとった翌年のことでした。

◆まとめ

内柴正人さんは20歳のとき、柔道の大会で優勝して、10年ぶりに産みの母に電話をしました。

産みの母は電話口で泣きながら

“ごめんね”

と繰り返しました。

さらに内柴さんは、アテネ五輪の会場に産みの母を招待し、勝ち取った金メダルを産みの母に捧げたといいます。

日本中が歓喜に沸いたあのメダルには、そのような意味も込められていたのですね。

これからも家族のために、内柴さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

《人気連載シリーズ!》

今年も近づいてきた「宅建士」の試験。“隠れ宅建士”カゲロウが試験の極意を紹介していきます。
宅建士の難易度が高い本当の理由…宅建試験の合格率の問題ではない?

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です