神野太樹の『家族』~ハーフなのか?実家の父、母、姉について

「天理のバレンティン」の異名を持つ、天理高校・神野太樹(じんの・たいき)選手。

今回は、そんな神野選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆ハーフなのか?

神野大樹選手の愛称「天理のバレンティン」は、

天理高野球部の同級生が

体もデカイし、色は黒くて打ち方も似てた。(顔に)ほくろもあったから

と言う理由で名付けたもの。

たしかにハッキリとした顔立ちは日本人離れしており、もしかしたら「ハーフ」なのでしょうか?

残念ながら、本人や両親の国籍に関する情報はなく、普通に日本人だと思われます。

ちなみに、高野連の「平成29年度大会参加者資格規定」を確認しましたが、国籍に関する条項はなく、外国人でもハーフでも出場できるようですね。

◆厳格な父

神野太樹選手の父親の名前は、神野竜二さん。

年齢は、今年(2017年)で54歳になります。

父・竜二さんは、メディア対応でいくつかのコメントを残しているので、時系列でご紹介します。

◆2017年7月28日(体調を気遣う父)

この日は奈良県大会の決勝。

神野選手は、前日の智弁学園との準決勝で、熱中症により無念の途中交代となりました。

試合前、父・竜二さんは、

体調が朝はひどかったみたいですが、奈良の頂点を決める戦いなので、本人もなんとしても出るという気持ちが強い。かならず打ってくれると信じています

とスタンドからエールを送りました。

父の願いが届いたのか、神野選手は勝負を決めるタイムリーヒットを放ち、チームは甲子園出場が決定。

竜二さんは、

4番の名に恥じない活躍をしてほしいです

と目を細めていました。

◆2017年8月13日(厳格な父も…?)

この日は、甲子園初戦(2回戦)の大垣日大戦。

スタンドに応援に駆けつけた父・竜二さんは、

2年ぶりに帰ってきたなという感じです。今回は自分たちでつかんだ甲子園。やるからには勝ってほしい

とエールを送りました。

実は、智弁学園に敗北した2016年の県大会決勝後には、息子に厳しい言葉をかけたという竜二さん。

悔しさをぶつけるかのように、この試合2本の本塁打を放った息子に対し、

県大会から打てない気がしない。追加点を取れるのが4番の仕事。よかったです

と成長を喜びました。

◆母の名前は?

神野太樹選手のお母さんの名前は、美香さん。

母・美香さんも甲子園初戦に応援に駆け付け、

小学校の頃は野球のことで父親に叱られ、泣いてばかり。ようやくみんなに褒められている

としみじみとしていました。

◆姉がいる?

神野太樹選手にはお姉さんがいますが、詳細は分かりません。

お姉さんもやはりハーフ顔なのでしょうか?

◆実家は名古屋

神野太樹選手は、愛知県名古屋市生まれ。

名古屋市立松栄小学校の3年生の時から「中京エンペラーボーイズ」で野球を始めました。

名古屋市立桜山中学校では「愛知知多ボーイズ」に所属。

天理高校では1年夏からベンチ入りし、甲子園出場を果たしています。

◆まとめ

神野太樹選手は、

甲子園にはいい思い出がない

と口にします。

1年生ながらレギュラーとして甲子園に出場した夏でしたが、1回戦の創成館(長崎)戦は4打数無安打。

2―2で迎えた9回裏2アウト三塁の守備では、落ちたらサヨナラ負けとなる飛球に飛びつかず、ワンバウンドで捕球しました。

あきらめてしまった。当時は自分に責任感が足りなかった…

2年前のリベンジを果たすため、神野選手の挑戦は、これからが本番です(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です