川淵三郎の『家族』~妻との間に娘が2人…海沿いの実家に父と母と兄2人

スポンサーリンク

◆妻との馴れ初め

①妻との馴れ初め

川淵三郎さんは、1962年12月11日、26歳で結婚しています。

奥様の名前は、康子さんです。[1]

妻・康子さんとの馴れ初めは、川淵さんが高校を出て浪人生活を送っていたころ。

南海電鉄の羽衣駅前で、羽衣学園の女生徒たちが通りかかりました。

その中で、ひときわ目立つ、長身で楚々としたたたずまいの女性に心を動かされます。

それが後に奥さんとなる康子さんでした。

後に同級生のいとこであることが分かり、名前までは調べたものの、それっきり4年が経過。

早稲田大学の3年生となっていた川淵さんは、大阪に帰省した時に、電車の中で康子さんを見かけます。

勇気を出して、

あの…淡野さん(康子さんの旧姓)でしょ?

と声をかけた川淵さん。

それから東京と大阪の遠距離恋愛を実らせ、3年後にゴールインしました。

まさにナイスゴールですね!

②結婚式

2人の結婚式は、大阪の高島屋で挙げました。

仲人は人生の師である、吉岡たすく先生です。

この時、日本代表は東京で合宿中で、合宿を抜け出して結婚式を済ませ、午後6時の飛行機で帰京。

翌日のディナモ・モスクワ戦に出場し、名キーパーであるヤシンから1ゴールを奪いました。

花嫁に捧げるゴールとなりました

◆2人の娘

川淵三郎さんには、娘が2人います。[1]

長女の名前は純子さん。

次女は英子さんです。

◆まとめ

川淵さんは幼いころ、「三郎」という名前が好きではありませんでした。

兄たちにくらべ、名前が“手抜き”に感じられたためです。

そんな息子の気持ちを知った母・淑子さんは言いました。

「三郎」は一か八かの面白い人生を歩む名前らしいよ

この言葉は、川淵さんの人生を大きく変えるひと言となりました。

以来、難局に直面するたびに、

どうせ俺の人生、一か八だから

と割り切り、大きな決断を可能としています。

これまで見てきた通り、川淵三郎さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、川淵さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. 日本経済新聞 2008年2月1日~29日 私の履歴書 川淵三郎

コメント

タイトルとURLをコピーしました