堺屋太一の『家族』~妻は洋画家…子供はいる?実家は代々続く両替商

リンクユニット広告




2019年2月8日、作家の堺屋太一さんが亡くなりました。

今回は、生前の堺屋さんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います

【本人プロフィール】
名前:堺屋太一(さかいや・たいち)
本名:池口小太郎(いけぐち・こたろう)
生年月日:1935年7月13日
没年月日:2019年2月8日(享年83歳)

スポンサーリンク




◆実家は両替商の家系

堺屋太一さんの実家は、代々「堺屋」という両替商でした。

明治初期には地方銀行になったといいますから、力のある両替商だったのでしょう。

プロフィールにありますように、堺屋さんの本名は「池口小太郎」さんです。

堺屋太一というペンネームは、安土桃山時代に活躍した、十三代前のご先祖の名前からとったもの。

自身のルーツである「浪速の商人」に対するこだわりを、そのペンネームから感じることができます。

◆家族構成

堺屋太一さんの実家の家族構成は、ご両親と兄、姉、堺屋さんの5人家族です。

堺屋さん自身はご結婚されていて、奥さまがいらっしゃいます。

◆父親は弁護士

堺屋太一さんの父親の名前は、池口太郎さん。

父・太郎さんは早稲田大学を卒業後、弁護士として活躍しました。

堺屋さんが小学校2年生の時、買ったばかりの傘をなくしたことがありました。

この時、父・太郎さんは

“あの傘は一年使えたのに、なくしたのはお前の責任や。一年間傘なしで暮らすか、小遣いを溜めて買え”

と笑顔で諭したそうです。

太郎さんは幼い息子にも「自己責任」ということを教えようとしたのでした。

父・太郎さんは自由主義者で、誰にも頭を下げることなく、思うままに生きる人でした。

戦争中、近くに来た将校が実家に泊まると、太郎さんは、

“日本はこの戦争に勝てない”

と平気で口走っていたそうです。

治安維持法のもと、将校から怒鳴りつけられても、連行されてもおかしくない時代。

それでも父・太郎さんが無事だったのは、太郎さんが万事に通じた人格者であったからでしょう。

父親はものすごい読書家で、本棚にはマルクス、エンゲルスの全集からナチス芸術の本まで並んでいたといいます。

◆母親は弁護士の娘

堺屋太一さんの母親の名前は久子さん。

母・久子さんは奈良県の老舗呉服屋の家系で、母方の祖父も弁護士でした。

◆兄は東大卒の官僚

堺屋太一さんにはお兄さんがいて、名前は池口金太郎さん。

年齢は、堺屋さんより6歳年上でした。

カゲロウ
兄・金太郎さんは音楽が好きで、レコードをたくさん集めていたそうです

お兄さんは成績も優秀で、東京大学を卒業して大蔵官僚になっています。

ちなみに父親の太郎さんは早稲田大学をこよなく愛し、官僚的なやり方が嫌いな人でした。

それなのに息子さんは2人とも東大を出て、2人とも官僚になるのだから、分からないものですね。

兄・金太郎さんは大蔵省では、近畿財務局の総務部長や北陸財務局長などの要職を務めています。

◆姉は市長夫人

堺屋太一さんにはお姉さんもいて、名前は余理子さん。

年齢は堺屋さんより3歳年上で、年齢が近いこともあり、とても仲が良い姉弟であったといいます。

堺屋さんと同じ『大阪府立大手前高等学校』を経て、『大阪女子大学英文学科』を卒業しているので、お姉さんも秀才ですね。

お姉さんはその後、静岡県の天竜市(現浜松市)長であった熊村昌一郎(くまむら・まさいちろう)さんと結婚されています。

◆妻は芸大出身の洋画家

堺屋太一さんは、1975年に結婚しています。

夫人の名前は史子(ちかこ)さん。

1943年2月24日生まれなので、今年(2019年)で76歳になります。

妻・史子さんは、旧満州・大連で生まれました
ハチ

お父上は東大工学部出身で、当時の満州鉄道に勤務していた方だったそうです。

史子さんは1966年、東京藝術大学の美術学部油絵科を卒業しています。

以降、洋画家として活躍し、2004年には『ワイン色のセーター』で損保ジャパン東郷青児美術館大賞を受賞。

2012年には『深まる秋』で芸術院恩賜賞を受賞しています。

◆子供はいる?

堺屋太一さんは、2018年8月の雑誌『正論』にて、

私は子供がいないので遠慮なくいえるのだが、世の中の進歩と安定のためには、有産階級が必要であり、「社会の重し」としても大事である”

と語っています。

子供さんはいらっしゃらないようですね。

◆もう一人の家族

後年、堺屋太一さんはこう語っています。

“わたしが生涯につき合った女性は3人しかいない。と、と、ベートさん、その3人だけです”

カゲロウ
ベートさんとは、どういう方だったのでしょうか?

ベートさんは、堺屋さんが予備校時代に出会い、その後、長きに渡って親交を温めたドイツ人女性医師のことです。

ベートさんは医師でありながら、土地、金、石油、デリバティブに投資を続け、後に世界的な大富豪となりました。

一回り上の年齢であったベートさんは綺麗な方でしたが、堺屋さんと恋愛関係はなく、「生きた経済感覚」と「人生哲学」を教えてくれた師匠のような方です。

ベートさんとの出会いがなければ、堺屋さんが小説家になることも、経済企画庁長官を務めることもなかったでしょう。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、堺屋太一さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからは空の上から、家族や後進たちを見守ってくれることでしょう

ご冥福をお祈り申し上げます。

《昭和を描いた作家たち》

関連コンテンツ



編集部より

《家族の特集記事》

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

リンクユニット広告




スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブNEO