張本智和の『家族』~両親の国籍は中国?父親・妹とともに日本へ帰化

卓球男子・日本代表の、張本智和さん。

ハリーと呼ばれてます!

今回は、そんな張本選手を育んだ両親と妹にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:張本智和(はりもと・ともかず)
生年月日:2003年〈平成15年〉6月27日
身  長:178cm
血液型 :O型
出身地 :宮城県仙台市
スポンサーリンク

◆実家は宮城県仙台市

張本智和選手は、宮城県仙台市の出身。

両親は、実家で自宅を兼ねた『張本卓球場』を開設しており、幼稚園から中学生までの男女約30人が在籍しています。

2005年、2歳にしてラケットを握った張本選手は、仙台市立東宮城野(ひがしみやぎの)小学校の1年生の時に全日本卓球選手権大会(バンビの部)で優勝。

中学校は実家を離れて、東京都にある北区立稲付(いなつけ)中学校に通っています。

稲付中は、味の素ナショナルトレーニングセンターに隣接。

『JOCエリートアカデミー』に在籍する中学生が通学する中学校です。

◆両親の国籍は中国?

張本智和選手は、もともと中国系で、張智和という名前でした。

2014年春に日本国籍を取得して帰化し、苗字を「張」から「張本」に改めています。

新しい“張本”という苗字には、

本分を忘れないように

と言う意味があるのだそうです。

ちなみに“智和”という名前は、

“平和の和”のとおり、世界に羽ばたいて日本と中国の架け橋になって欲しい

という願いを込めて、両親が名付けました。

そんな張本選手の両親は、中国、日本、どちらの国籍なのでしょうか?

◆父親の国籍は?

張本智和選手のお父さんの名前は、張本宇(はりもと・ゆ)さん。

1970年頃の生まれになります。

父・宇さんは、卓球の元プロ選手で、1998年にコーチとして来日。

福原愛選手も所属した『仙台ジュニアクラブ』で長年指導者を務め、その後、男子ジュニア日本代表のコーチを務めました。

ちなみに父親の宇さんは、張本選手と同じ2014年3月に日本に帰化しています。

なので、お父さんの現在の国籍は「日本」です。

◆母親は元中国代表

①母親の名前や年齢は?

張本智和選手の母親の名前は、張凌(ざん・りん)さん。

1973年頃の生まれになります。

母・凌さんは中国・四川省生まれで、卓球の元中国代表選手。

1995年の第43回世界卓球選手権に出場した経歴を持っています。

中国の全国大会で何度も優勝した凌さんは、帰化しておらず、中国国籍のままの道を選んでいます。

現在は実家の「張本卓球場」で指導者として活動。

凌さんは、張本選手のことを

小さい時から負けず嫌い。クリスマスプレゼントも『金メダルが欲しい』と言っていた。目標は五輪の金メダル。夢を応援している

と話しています。

②母の願い

母・凌さんは、張本智和選手を仙台の学研教室に通わせていました。

優先順位は、

一に「健康」、二に「勉強」、卓球は三番目

なのだそうです。

実は凌さんは、張本選手がプロの卓球選手になるよりも、

大学へ入って勉強をしてほしい

と、望んでいます。

将来どんな人生を歩むとしても、勉強は人生の基礎になるからです。

そしてこれは、両親に共通する子育ての考え方なのでした。

NEXT 妹の国籍は?

コメント

  1. a より:

    母は中国のスパイ

    • カゲロウカゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      かつて代表選手として戦った祖国への思いが、当然あるのでしょうね(^^)v

タイトルとURLをコピーしました