朝青龍の『家族』~嫁・タミルとの子供の名前は?甥っ子も相撲取り!

モンゴル出身の元横綱、朝青龍明徳(あさしょうりゅう・あきのり)さん。

今回は、そんな朝青龍関を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆嫁・タミルの国籍は?

朝青龍関は、2003年に結婚しています。

お嫁さんはモンゴルの方で、名前はゴンボツェレン・タミルさん。

年齢は、今年(2017年)で37歳になります。

朝青龍関とタミルさんは、モンゴル第54中の同級生で、中学時代から交際しています。

朝青龍関が来日し、タミルさんもその後、ドイツへ留学しましたが、2人の赤い糸が切れることはありませんでした。

◆お嫁さんと離婚?

結婚後、2人の子宝に恵まれた朝青龍夫妻でしたが、2007年から別居することになります。

原因は、朝青龍関の女性問題。

朝青龍関はかねてより無断外泊が多く、やがて夫婦でいさかいが絶えなくなり、横綱(当時)の方から別居を切り出したということです。

やむなく子供2人とともにモンゴルに帰国したタミルさんは、復縁または離婚の可能性をさぐりながら話し合いをスタートさせました。

一時は関係が改善し、朝青龍関が「サッカー問題」で約4カ月のモンゴル謹慎生活を強いられた際は、一緒に行動しています。

しかし、朝青龍関は2008年、モンゴルの資産家令嬢を連れてハワイ旅行していたとの報道が。

さらに、高砂部屋のパーティーにはタミルさんに似た別の女性が出席するなど、女性の噂が絶えることはありませんでした。

結局、2009年に朝青龍関はブログで離婚を公表します。

離婚条件は、子供2人の親権はタミルさんが持ち、慰謝料としてウランバートルの中心地と郊外にある高級マンション2つ(1億円相当)を贈与。

月額2000ドル(約19万円)の養育費を、子供が18歳になるまで支払うというものでした。

◆お嫁さんと復縁?

2011年、朝青龍関はバラエティ番組『突撃スタアの晩ごはん』に出演。

なぜか、タミルさんや子供たちと家族だんらんでくつろぐ様子が、テレビで放送されました。

朝青龍関の説明によると、事は離婚はしていなかったのだとか。

離婚報道があった当時、妻・タミルさんと子どもたちは生活環境を整えるため、拠点をモンゴルへ移していました。

モンゴルでは、夫婦が離れて暮らすことはよくあることなのですが、これがメディアに『別居=離婚』と取りざたされます。

過熱していく報道陣の追及が煩わしくなり“離婚です”と言ってしまったのが真相なのだそうです。

番組では、

“今までも、今も、二人は夫婦のままです”

と、夫婦の仲の良さをアピールしていました(^_^;)

◆子供の名前や年齢は?

朝青龍関には、2人の子供がいます。

第1子は女の子で、名前はイチンホルロちゃん。

2003年4月6日生まれなので、年齢は今年(2017年)で14歳になります。

第2子は男の子で、名前はジャミアンドルジくん。

2005年10月6日生まれなので、年齢は今年で12歳です。

“男の子が生まれたら絶対に相撲取りにします”

と宣言していた朝青龍関。

長男の名前にある『ジャミアン』は、1920年代にモンゴル相撲で活躍した元横綱の名前。

母国の伝説の英雄の名に、朝青龍関の本名「ダグワドルジ」から「ドルジ」を合わせ名付けられました。 

強そうな名前ですね(^^)v

◆甥っ子も相撲取り!

2010年に引退した朝青龍関ですが、親族が角界に戻ってきます。

角界入りが決まったのは、甥っ子のスカラグチャー・ビャンバスレンさん。

ビャンバスレンさんは、朝青龍関の兄の息子で、モンゴルの中等教育を卒業後、レスリング選手として来日。

高1の夏に国技館で大相撲を観戦し、

“相撲をやりたい”

と、優勝25回を誇る叔父と同じ道を志しました。

角界入りにあたり、朝青龍関は、

“親方の口(言うこと)を聞きなさい”

とアドバイス。

四股名はまだ決まっていませんが、朝青龍の「龍」の1字を使いたいという希望があります。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、朝青龍関の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の声援を受けて、朝青龍関の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《暴行現場にいた力士たち》

《こちらは場外乱闘中!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です