桂文枝の『家族』~嫁の名前や年齢、画像など。子供はいる?

落語家でタレントの桂文枝さん、70歳を超えてもなお、活躍が続いています。

今回は、そんな文枝さんを育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

桂文枝さんのお父さんの名前は、河村清三さん。

父・清三さんは、運動が苦手でしたが、読み書きそろばんは得意で、大倉喜八郎が創立した名門の大阪大倉商業学校へと進学。

学校を卒業した清三さんは、野村銀行(現在は合併してりそな銀行)へと就職しました。

ちなみに現在の野村證券は、野村銀行の証券部門が独立して出来た会社です。

清三さんは中小企業向けの融資を担当していましたが、落語などが大好きで、職場でも落語を披露して楽しませる一面がありました。

文枝さんのルーツは、この辺にあるのですね(゚д゚)!

父・清三さんは結婚し、文枝さんが生まれますが、同じ頃「肺侵潤」という病に侵されます。

半年ほど療養し、何とか病状が回復しましたが、追い討ちをかけるように「召集令状」が届きました。

軍隊の生活は、清三さんには過酷すぎて、入隊から1か月後には重い結核となります。

清三さんはとうとう、戦地に赴くこともなく、陸軍病院で亡くなりました。 

◆母親のエピソード

桂文枝さんのお母さんの名前は、治子さん。

母・治子さんは幼い頃に両親をなくし、親戚の家で育てられた辛抱強い人でした。

父・清三さんとはお見合いで知り合いましたが、結婚が決まると2人はデートを繰り返します。

お酒の飲めない甘党の清三さんは、治子さんをよく甘味処に連れて行きました。

昭和16年11月25日に2人は結婚。

治子さんは、清三さんの両親にも献身的に接し、その様子は清三さんのお父さんの日記にも綴られています。

清三さんが亡くなると、文枝さんを実家に渡して、自身は再婚するように勧められますが、治子さんはこれを拒否。

女手一つで子供を育てるのは大変だったと思いますが、文枝さんを関西大学まで進学させます。

しかし、大学で落語と出会った文枝さんは、4年生の時にプロの落語家になりたいと言い出しました。

治子さんは大反対しますが、最終的には認めてくれ、文枝さんが成功を収めると、大喜びしてくれたそうです。

治子さんについては、こんなエピソードがあります。

清三さんが病に侵され、陸軍病院に入院していた頃のある日、治子さんに「ぜんざいが食べたい…」と伝えた事がありました。

戦争中で小豆は入手困難でしたが、家族総出で必死になってかき集め、何とかぜんざいを作ります。

それを水筒の中に隠して病院内に持ち込み、清三さんに食べさせてあげました。

その味はきっと、2人がデートした時に食べた、思い出の味だったことでしょう。 

◆嫁の名前や年齢、画像など

桂文枝さんのお嫁さんの名前は、真由美さん。

文枝さんとの馴れ初めは、ラジオ大阪の深夜放送「ヒットでヒット バチョンといこう!」で、文枝さんのアシスタントを務めたことでした。

当時、真由美さんは高校生だったそうで、今では深夜放送のアシスタントは難しいでしょうね。

1972年3月2日、2人は結婚しますが、当時の年齢は文枝さん28歳、真由美さん19歳なので、9歳の年の差カップルです。

文枝さんはテレビ番組で、挙式した時の写真を披露したことがあります。

その画像がこちら。 

160219_桂文枝の家族2

当たり前ですが、文枝さんもお若いですね!

さて、年の差はある2人ですが、夫婦の実権は真由美さんが握っています。

何度も所得トップになった文枝さんですが、経理は真由美さん担当で、文枝さんは小遣いをもらっているのだとか。

1995年には参院選への出馬を決意し、記者会見まで開きましたが、真由美さんの反対で断念したこともありました。

2012年に「桂文枝」を襲名する際も、こう言って反対します。 

私は桂三枝と結婚したんだ。三枝に立派になってもらいたくて、これまで苦労してきた。私は桂文枝になってほしくてやってきたんとちゃう

真由美さん、さすがに襲名の件はお許しが出ているのでしょうか?(^^;) 

◆子供はいる?

桂文枝・真由美夫妻は、1男1女に恵まれました。

娘さんは音大の大学院を出て、作曲家としても何回かコンクールで入賞しているそうです。

息子さんには芸能界入りを期待しましたが、現在は文枝さんの個人事務所(三友事務所)の社員として働いています。 

◆まとめ

平成19年、秋の園遊会に招かれた桂文枝さんは、陛下に面会する夢が叶います。

それは、かつて母・治子さんが教えた言葉が、現実のものとなった瞬間でもありました。

陛下にお会いしても恥ずかしくない人になりなさい…

これからも「笑いの文化」をリードし、日本をもっと元気にして欲しいと思います!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です