豊田真由子サマの暴言音声【まとめ】全文を書き起こしてみた

暴言音声の波紋が、あの野々村議員を上回ろうとしている、衆議院議員の豊田真由子サマ。

色んな暴言が細切れに報道されているので、暴言の全文をカバーできるように音声を書き起こし、まとめてみました。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆支援者へのお詫び編

最初に、世間を驚かせたのはこの音声です。

第一声から、ドスの効いた声で、世間の関心を一気にさらってしまいました。

このハゲーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!
(いや、すいません)

(ちょ、(関係者名)さんに行っていただく連絡をということで)
(ボコッ)

ちーがーうーだーろーーーーーーーーーー
(すいません、なん…)

ちがうだろーーーー
すいません、ちょっ、運転中でもあるので…
(ボコッ)

ちがうだろーーーー!!
(すいません、あの…)

バカかお前は!?
(はい・・・すみません)

頼むから私に恥をかかせるな!
お前が受けた痛みがなんだ!
私が受けた痛みのどのくらいか分かるかーこのやろう!

(関係者名)から話を聞いて
(関係者名)が行けっつったんだよ!

(あっ・・・もうすいません、あの、叩くのは、もうしわけないです)

おー?お前はどれだけあたしの心を叩いている!
(はい、あの)

お前はどれだけあたしの心を叩いている!
(はい、その痛みはもう・・・)

わかってないよ!
(いや、叩くのは、すいません)

お前はどれだけあたしの心を叩いている!
*&%&#@言いたいよ!(聞き取り不明)
(はい)

これ以上私の評判を下げるな!
(はい)

これ以上私の評判を下げるな!
私の心を傷つけるな!
これ以上、私の支持者を怒らせるな!

お前がたたくよりよっぽど痛いよ!
たたいていいよ!私のこと!
そっちの方がよっぽど楽だよ!
たたかれる方がよっぽど楽だよ!
たたいていいよ!私のこと!
だから頼むから支持者を怒らせるな!
支持者を怒らせるな!頼むから!

お前は頭がおかしいよ!
私が言った ただ××から話を聞いて ××に行かせろって言ったんだよ
お前が(おわびに)行け!
お前が今から行って来い!
お前が全部 配り終われよ!
お前が全部配り終わってこいよ!今日中に!

◆ミュージカル編

第一声とは打って変わって、柔らかな声で歌うように続けられる音声。

しかしその中身は残酷で、ミュージカル調の音程がその残酷さを浮かび上がらせています。

そんなつもりじゃなくても~♪
おまえのぉ~♪
娘をひき殺してそんなつもりはなかったんでスゥ~~~♪
って言われてるのと同じぃ~♪」(歌)。

「あぁ そーれじゃ、しょうがありませんね、そういうつもりがなかったんならしょうがありませんねぇ」

××(関係者)の娘が顔がグシャグシャになって頭がグシャグシャ脳みそ飛び出て車でひき殺されても、
そんなつもりはなかったんでスゥ~♪
で済むと思ってんなら同じこと言い続けろぉ~♪

××(秘書)言ってもやらないと思うけど、明日中に全部終わらせろ。あたしの指示は金曜日中に全部終わらせろ。

次は民進(党)に名簿でも売るのかな~
そんなつもりはなかったんです~
そんなつもりはなかったんです~

でも名簿が勝手にコピーされて、
なぜか~吉田(豊田議員の選挙区の民進党候補)の事務所に
送られちゃったんですううう~~

そんなつもりはないんです~
そんなつもりはないんです~~~
全然そんなつもりはないんですううう~~

そんなつもりが、なかったら〜
そんなつもりが、なかったらいいの〜?
そんなつもりが、なかったら〜

お前の娘が交通事故に遭って死んでさ
「ひくつもりはなかったんです」って言われたら腹立たない?
お前の娘をひき殺してそんなつもりはなかったんですうう~~って
言われているのと同じ~

娘が顔がグシャグシャになって
頭がペシャンコ脳みそ飛び出て車にひき殺されても
そんなつもりはなかったんですで済むと思っているなら
同じことを言い続けろ~

どれも1つの仕事にもなってないぃ~♪。
案内が来てるんだから~♪
案内が来てるところは~♪
当たり前ぇ~♪

頭がグチャグチャになってひき殺されてみろっ!
「そんなつもりはありませんでした」って犯人に言われてみろっ!
ぶっ殺したくなるだろ?
大差ないよ…

◆オモテとウラ編

車の進路に、異常なほどの執着を見せると言う豊田議員。

この時も秘書の男性が建物への入り口を間違ってしまったばかりに、執拗な攻撃が繰り出されています。

私が違うって言ったら違うんだよー
物事には裏と表があるの
入口と出口があるの
裏なんだよ こっちはお前はよ

ふざけやがって 違うって言っただろ さっき
違うって言ったら 違う方に行けばいいだろ
建物にはなー裏があるんだよ
裏口からは入れねえんだよ
ふざけんなよコノヤロー

しかも教えてやったのにさ
「違うよ」と
違うよと教えてやったんだよね あたしねえ
それを何?

豊田真由子サマに向かって
「お前がやってることは違う」と言うわけ?わたしに
自分が正しいと 豊田の言うことは間違ってると
(いえいえそんなこと どうもすみません)

ここだよねー!?
入るんだよねー!?
あっちの道から入れますか?ここに?
入れますか?こっちの道に?
バーカ!

◆赤ちゃん言葉編

これは、一連の音声では、パワハラの度合いはマシな方だと思います。

しかし、根底にあるのは、秘書の男性を小馬鹿にしている感情なのでしょう。

あるんでちゅか〜
あるならどうして
♪そんなことに…なるのかな〜
♪そんなことに…なるのかな〜?
♪ドキドキ どんな恐ろしい〜
♪嫌がらせが待ってるのかな〜

◆言ってはいけない暴言編

最後はもっとも衝撃的な暴言を。

ヒトとして言ってはいけない一言です。

お前らがバカで失敗するせいで
どんどんどんどんどんどんどんどん
ロスが生じて

それでどんどんどんどん
やるべき仕事ができなくなってるの分かってるか?

なあ…こうやって私を怒鳴らせて
声を荒れさせて声を出なくならせて
お前がそのつもりかどうかを聞いていないんだよ

事実を言ってるだけ
死ねば?
生きてる価値ないだろ、お前とか

◆まとめ

これまで見てきたような言葉が、連日ワイドショーで繰り返され、視聴者も番組の司会ですら嫌な顔をしています。

たしかに、文字にするに耐えない言葉がいくつも登場していますね。

今回の事件を反面教師として、世の中からパワハラが減少すれば、今回の事件も少しは意味があったといえるのかもしれません。

被害者の方には、心よりお見舞い申し上げます。

《特選記事》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 滝田 より:

    これら全文の音声、どこで聞けるんでしょうか?
    週刊新潮の公式YouTubeでは、一部のみですよね?

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      この書き起こしは、新潮のYouTubeのほか、各メディアが独自で入手して放送した内容を繋ぎ合わせています。
      最大限、文脈を考えながら編集していますが、実際と異なる場合は、ご指摘いただけますと幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です