藤井聡太の『家族』~実家の父、母、兄、祖父母と挑む炎の七番勝負

「将棋界の神童」と言われる中学生棋士・藤井聡太(ふじいそうた)四段。

今回は、そんな藤井四段を育んだ『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は愛知県瀬戸市

藤井聡太四段の実家は、愛知県瀬戸市。

3歳で入った地元の幼稚園は、「モンテッソーリ教育」という、遊びを仕事として取り入れる教育法を取り入れていました。

そのため、藤井少年は3歳から4歳にかけて、紙を編んで作る「ハートバック」という袋を毎日大量に作って家に持ち帰ります。

その数は100個に及びました。

やり始めたらとことんやる。その集中力は最初からありました

と母親は当時を振り返っています。

ドッジボールやボール遊びが大好きな活発な一面もありましたが、プラレールを与えると、部屋いっぱいにレールを組み立てて遊んでいました。

◆きっかけは祖母・育子さん

実家の隣には、母方の祖父母の家もあります。

藤井聡太四段が将棋を始めたきっかけは、5歳の夏、祖母の育子さんが盤駒のセットを与えたことでした。

最初は一緒に遊んだ育子さんでしたが、すぐに藤井少年にかなわなくなります。

今度は、将棋が少し指せるおじいさんに代わりましたが、そのおじいさんも勝てなくなりました。

それでも、

将棋が指したい

と希望する藤井少年のため、近所の将棋教室を探すことになります。

ここから、藤井四段の運命は、将棋に向かって動き始めたのでした。

◆父親・正史さんの職業は?

藤井聡太四段のお父さんの名前は、藤井正史さん。

将棋は初心者レベルで、職業は大手住宅設備機器会社に勤めるサラリーマンです。

藤井四段は将棋に出会う前の4歳のとき、お父さんに「キュボロ」というスイス製の木製玩具を買ってもらいました。

空中に立体迷路を作って、ビー玉を走らせる知育玩具ですが、これに藤井少年ははまります。

大人でも難しい複雑な遊びですが、ひとり飽きずに何時間でもいろいろなパターンを作り続けていました。

◆母親・裕子さんの年齢は?

藤井聡太四段のお母さんの名前は、裕子さん。

年齢は、今年(2017年)で47歳になります。

お母さんも将棋は専門外で、趣味のバイオリンでアマオケに参加する以外は、普通の主婦です。

そんな母・裕子さんですが、藤井四段の成長を陰ながら支えてきました。

詰め将棋を解いたり、駒落ちの定跡を覚えたりする際に文字を書くことがあります。

しかし、まだ字を知らない藤井少年の代わりに、裕子さんが書いていました。

月に2回、名古屋から新幹線に乗って大阪の関西将棋連盟に通うときは、朝4時半に起床。

朝食の準備をして、5時に朝食を食べさせ、5時半には自宅を出発していました。

そのうち一人で通うようになった藤井少年ですが、

服と傘を全部(将棋会館に)忘れて帰ってきた

ということもあります。

母の支えもあって、最年少でプロ昇格となった藤井四段。

子供のころ、対局に負けると泣いていた息子に

たくましくなったし、落ち着きましたね

と成長を喜んでいます。

◆兄弟はいる?

藤井聡太四段には、4歳上のお兄さんがいます。

小さい頃の藤井少年はやんちゃで、お兄さんと一緒に走り回って遊んでいたそうです。

母の裕子さんは、

兄はちゃきちゃきしているが、聡太はスローペース。穏やかな性格ですが、負けず嫌いではありました

と、兄弟の性格の違いを話していました。

◆まとめ

藤井聡太四段の両親は、

子どものやりたいようにやらせる。親はそれを温かく見守る

という教育方針だそうです。

この姿勢が藤井四段の才能を大きく伸ばし、不世出の天才へと育んだのでしょう。

2017年に行われた「炎の七番勝負」では、羽生名人を破り6勝1敗の快挙を成し遂げました。

『家族』の応援を胸に、藤井四段の快進撃はこれからも続いていきます(^o^)丿

《特選記事》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 藤井聡太の『家族』~実家の父、母、兄、祖父母と挑む炎の七番勝負 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です