松野頼久の『家族』~娘(画像)はミス日本?嫁のなれそめ?

維新の党の松野頼久代表が、橋下徹氏との本家争いで注目されています。

今回は、そんな松野氏を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆嫁とのなれそめは?

松野頼久氏の奥さまの名前は、素子さん。

松野氏より3歳年下の美人で、奥さまにはからっきし頭が上がらないと、もっぱらの噂です。

松野代表は「安保法案のキーマン」とも囁かれましたが、松野氏が政界でここまでのぼり詰めたのは「内助の功」。

素子夫人は、鳩山幸夫人と懇意で、一緒によく食事をする関係であり、そういう関係もあって松野氏も鳩山元首相の側近として頭角を現しました。

夫人は、議員会館に顔を出し、あれこれとスタッフに指示を飛ばし、時には夫を大声で叱ることもあったそうです。

民主党政権時代は、園遊会や総理主催の「桜を見る会」にも、丈が膝上のミニスカに真っ赤なドレス、毛皮のコートで颯爽と登場し、参列者の注目を集めました。

《橋下市長の記事はこちら!》
橋下徹の『家族』〜嫁の典子さん・父・母・妹・7人の子供達

そんな奥さまですが、2人はどうやって知り合ったのでしょうか?

実は、港区白金の高級スーパーで、買い物中の素子さんが松野さんを見かけて、一目惚れしたことが始まりだそうです。

そして、お互いがその近くのレストランの常連だということがわかり、素子さんはレストランのオーナーに、松野さんを紹介してほしいと頼み込みました。

それから2人はすぐに結婚し、2人の娘をもうけたということです。

まるで映画のようなラブストーリーではありませんか(*^_^*)

しかし、別の噂には、素子夫人は銀座のクラブの元ホステスで、松野氏が下戸にもかかわらずに通いつめて結婚した、というのもあります(゚д゚)!

真相は分かりませんが、まあ今が幸せなら、どちらでもいいですよね…

◆元嫁?

このように、円満な松野夫妻ですが、実は2人とも再婚同士なのだそうです。

松野代表は、慶応大学4年で24歳のとき、製紙メーカーで働く4つ年上の女性と結婚しています。

そして、大学を卒業してから、夫婦揃って、アメリカのサンタバーバラに、1年間の語学留学をしました。

帰国後は、元妻の実家と一緒に老人ホーム事業を行いましたが、経営が混乱する中、元妻とは離婚しています。

一方、素子さんの最初の結婚相手は、仕手筋としても名を馳せた不動産会社社長でした。

ただ、バブルの崩壊とともに、会社の経営は傾き、結局、社長は約150億円の負債を抱えて、破産宣告を受けたそうです。

素子さんは、会社が倒産する直前に離婚し、火の粉をかぶらずにすみました。

 ◆娘(画像)はミス日本?

松野頼久さんには娘が2人います。

そのうち、次女のお名前は松野未佳さん。

現在20歳で、慶応義塾大学の2年生ですが、なんと、「第48回ミス日本コンテスト(2016)」のファイナリストに選ばれています。

それではここで、未佳さんの画像をご紹介します!

 151025_松野頼久の家族
《引用元:SANSPO.COM》

 「前田敦子さんに似てる」と評判ですが、やはりお父さんにも似ており、耳たぶも健在です。

◆父・祖父・曽祖父

松野頼久さんのお父さんは、松野頼三さん。

労働大臣、防衛庁長官、農林大臣を歴任した政治家ですが、祖父は参院議長、曽祖父も熊本県菊池郡城北村村長を務めています。

松野代表は、生まれついての政治家であったという事でしょう。

◆母

しかし、松野さんのお母さんは、父・頼三さんの本妻ではないため、松野さんは「本家」ではありません。

日陰の身だったお母さんは、1950年代、実父の遺産を元手に霞が関に土地を買い、一軒家を建てます。

その後、霞が関地区の開発に伴い、自宅を賃貸ビルに建て替え、息子の松野さんとともに港区南麻布に移り住みました。

あわせて、お母さんは不動産管理会社を立ち上げ、かなりの収入を得るようになります。

父・頼三さんにとって、お母さんは単なる愛人ではなく、経済的にも重要なパートナーだったのです。

◆まとめ

次女・未佳さんは将来、「人や社会の役に立つ仕事がしたい」と話し、政治にも少し興味があるということです。

政治家の血脈は、娘へと受け継がれるのでしょうか?

松野代表もそれまでは頑張らないといけませんね!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です