桐生祥秀の『家族』〜父の職業は平和堂?母の名前は?兄の画像!

陸上男子100mで、日本人初の9秒台をマークした、桐生祥秀(きりゅう・よしひで)選手。

今回は、そんな桐生選手を育み、いつでも支えてくれる「家族」にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父の職業は平和堂?

桐生祥秀選手の父親の名前は、桐生康夫さん。

年齢は、今年(2017年)で52歳になります。

父・康夫さんの勤め先は、食品スーパー大手の平和堂ではないか、と言われています。

平和堂は、東証1部上場で、年商4000億円を超える優良企業です。

桐生選手の出身である、滋賀県彦根市に本社があるため、噂は本当かもしれませんし、「彦根」繋がりで出たデマかもしれません。

◆母の名前は?

桐生祥秀選手の母親の名前は、育代さん。

年齢は、今年(2017年)で52歳なので、お父さんと同い年になります。

桐生選手は、実家の彦根市から京都・洛南高校へ進学しました。

高校には寮も食堂もありましたが、監督からは自宅通学を提案されます。

柴田監督は、父親が毎朝駅まで送ることや、母親の手作りの弁当を食べることによって、親への感謝を身につけさせたいと考えたのです。

母・育代さんは、監督の意向のとおり、毎朝弁当を作って持たせ、夜9時半に駅に迎えに行く生活を続けました。

◆兄の年齢や画像は?

桐生祥秀選手にはお兄さんがいて、名前は桐生将希さん。

年齢は、今年(2017年)で26歳なので、桐生選手より4歳年上になります。

兄・将希さんは、彦根工業高校を卒業後、岐阜経済大学のスポーツ経営学科に進学。

お兄さんも陸上・短距離の選手であり、大学の陸上部ではリレーの代表を務めるほどの俊足の持ち主でした。

もともと、小学校でサッカーをしていた桐生選手の才能を見抜き、

陸上で大物になる逸材だ…

と期待を込め、陸上の道に誘ったのは、他でもないお兄さんなのだそうです。

桐生選手の素質は予想以上であり、中学3年生でタイムを抜かれてしまった時は、素直に悔しかった兄・将希さん。

しかし、その後もケガで悩む弟をなぐさめ、食事などをアドバイスしながら支えたのも、将希さんでした。

それではここで、兄・将希さんの画像をご紹介します。

image
(出典・岐阜経済大学HP)

写真は、高校生に向けて、大学生活などを説明するイベントの時のものです。

スーツ姿が、桐生選手より大人っぽさを出していますね。

やはり兄弟で、鼻のあたりが似てると思います(^_-)

◆まとめ

京都・洛南高3年の時に、歴代2位の10秒01を出して時の人になった桐生選手。

目標は9秒台ではない

と周囲には語っていましたが、本音は別のところにありました。

東洋大の土江寛裕コーチは

9秒台で走れる

と言ってくれなかったため、桐生選手はコーチの言うことを聞かず、独自の道を進みます。

しかし記録は出ず、けがも増え、周囲が心配しても耳をふさぎました。

そんな時、父・康夫さんから電話がかかります。

お前のことを本当に考えてくれているのは誰なんや?

普段は怒らない父との30分の会話。

桐生選手は、コーチやかつての恩師、周囲の思いを聞かされました。

僕がどれだけ周りの人に支えられているのか気づかされた…

これが転換点となり、土江コーチの指導で走りを磨いた桐生選手は、2017年9月、遂に10秒の壁を破ります。

日本陸上の歴史を塗り替えた偉業は、家族の力で掴みとった栄光でもあったのでした.:*・゚゚

《土江コーチの記事はこちら》
土江寛裕の『家族』~お嫁さんと2人の子供、父も桐生の9秒台に涙…

◆あとがき

桐生祥秀選手をはじめ、日本を代表するトップアスリートの12家族を取材した本があります。

天才を作る親たちのルール トップアスリート誕生秘話 トップアスリート誕生秘話 (Sports graphic Number books) [ 吉井妙子 ]

トップアスリートを、親は家庭でどのように教育したのか…?

親がしたこと、親がしなかったことは何なのか…?

アスリートを支えるご家族は必見です。

《世界陸上リレーメンバー!》

《特選記事》

9秒台一番乗りは誰?2017年の男子短距離界を代表する5人を比較

桐生祥秀9秒98!動画はこちら…大会名は?会場はどこ?

桐生祥秀のWiki物語~高校や大学などの学歴、身長・体重は「でかい」?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です