有働由美子の『家族』~父の職業は?母の病気とは?兄妹は?

NHKの顔と言われ、フリー転身の噂も絶えない有働由美子アナウンサーに注目が集まっています。

今回は、そんな有働アナを育み、支えてくれた『家族』にスポットを当てご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

有働由美子アナのお父さんの職業は、鹿児島県の中学校の体育教師。

後に脱サラし、鉄鋼関係の下請け企業を経営するため、一家は大阪へ転居します。

有働さんの家庭は「封建主義的な男尊女卑」の家であり、お父さんは、家族に対して厳しい鬼父でした。

お父さんは、お母さんが一緒の食卓につくだけで嫌味を言ったり、娘にもあたりまえのようにビールのお酌をさせたりします。

気に入らないことがあったら、手が出ることもしょっちゅうありました。

大阪府立北野高校を出た有働さんは、弁護士を志し、大阪大学法学部を受験するも、不合格。

1年間の浪人をお父さんに懇願したところ、こんな言葉が返ってきました。

美人なら「いいよ」っていうけど、お前の顔なら、なるべく早く社会に出て相手を見つけないと結婚できない

結局、有働さんは浪人を諦め、神戸女学院大学文学部を経て、NHKに入社したのでした。

厳格なお父さんも、今では74歳になり、大阪で暮らしています。

2011年にお母さんを亡くし、心にポッカリと穴が空いた父のことが、有働アナは心配で仕方ありません。

ほぼ毎週のように、週末は大阪に帰り、掃除や洗濯、食事の世話をし、話し相手になっているそうです。

有働アナは、優しくお父さんに語りかけます。

もう掃除も洗濯も全部、自分でできるようにならなきゃダメだよ…

お母さんは、もういないんだから…

◆母の病気とは?

有働由美子さんのお母さんの名前は、有働比佐子さん。

専業主婦のお母さんは、亭主関白のお父さんの行動にじっと耐え、家族の幸せを一番に考え、何もかも受け入れる人でした。

有働さんは、そんなお母さんを見て、母のようにはなりたくないと考えていたという事です。

image
《引用元:NHKオンライン》

また、有働さんが幼い頃は、祖父母の命で、毎週末、お父さんの実家に家族全員で訪ねていました。

お父さんの実家に着くなり、お母さんは家事に追われて働き続けます。

お正月には近所中の人が集まり、朝から晩まで台所に立ってお酒とおつまみ作り…。

お祖母さんは歯に衣(きぬ)着せぬ人だったため、お母さんは一方的にやり込められ、まるでお手伝いさんのように見えていました。

有働アナは、お祖母さんが亡くなって10年以上経った頃、お母さんに「ぶっちゃけどうだったの?」と聞いてみます。

予想に反して、お母さんは答えました。

おばあちゃんの正直本音トークのおかげで、何をどうしてほしいかはっきりわかって、ストレスはなかった。

逆に意見も言えた。

ご立派です。

個人的な想像ですが、本当は、かなり苦労されたのではないでしょうか?

しかし、それは結婚前の娘にも告げずに、本当にお墓まで持って行かれたのでしょう。

お母さんは、2011年9月、乳がんなどのため、67歳の若さで旅立たれました。

◆兄妹はいる?

有働由美子アナには、妹が1人います。

現在は結婚して、お父さんと一緒に実家に住んでいます。

有働アナは、38歳年下の甥っ子と手をつないだら、「手が荒れている」と言われてショックを受けた事がありました。

おそらく、妹の息子さんなのでしょうね。

普段はお父さんの世話を、妹が一手に引き受けてくれています。

有働アナがしょっちゅう実家に帰るのは、妹の負担を減らし、愚痴を聞いてあげるためでもあるのです。

◆まとめ

有働由美子アナウンサーは、仕事に悩むと、夜中だろうが早朝だろうがお母さんに泣きついていました。

もうだめだ。私なんか意味がない

お母さんはどんな時でも、静かに話を聞いてくれ、こう言ってくれます。

大丈夫、ゆみちゃん、間違っていない

今でも空の上から、有働アナウンサーの活躍を見守ってくれていることでしょう。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です