吉田夕梨花の『家族』~実は3姉妹!?姉・知那美の上に長女がいる?

平昌五輪の女子カーリング代表、吉田夕梨花選手。

今回は、そんな夕梨花選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:吉田夕梨花(よしだ・ゆりか)
生年月日:1993年7月7日(24歳)※2018年3月現在
身長/体重:152cm/46kg

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実は3姉妹?

吉田夕梨花選手にお姉さんがいるのは、多くの人が知る事実。

同じく女子カーリング代表の、吉田知那美(ちなみ)選手ですね。

しかし、実は知那美選手は次女で、夕梨花選手が三女ということはあまり知られていません。

実は吉田家は3姉妹だったのですね。

長女のお姉さんはどういう方なのでしょう?

◆吉田3姉妹の長女

吉田家の長女の名前は、吉田菜津季(なつき)さん。

年齢は、夕梨花選手より8歳年上なので、カー娘姉妹とは少し離れていますね。

長女・菜津季さんも幼いころからカーリングをしていて、カー娘姉妹は長女の影響を受けてアイスに立ったのでした。

菜津季さんはジュニア時代には、LS北見の創設メンバーでもある馬渕恵さんらとチームを結成。

高校3年生の時には日本ジュニア選手権を制し、世界ジュニアに出場した経験もあります。

しかし、今ほどカーリングが盛り上がっていなかったのか、就職のタイミングでカーリングには一区切り。

2013年にはカーリングの強豪『4REAL』のフォース・松村雄太氏と結婚し、現在は北見市内に住んでいます。

◆吉田3姉妹の次女

吉田家の次女の名前は、吉田知那美さん。

1991年7月26日生まれで、現在(2018年3月)26歳なので、夕梨花選手より2歳年上になります。

次女・知那美さんと夕梨花さんは、中学校時代に『常呂中学校ROBINS』を結成。

2007年の日本カーリング選手権では、中学生チームながら3位に入賞し衝撃を与えました。

夕梨花選手はこの時13歳で、日本選手権の最年少出場者となっています。

高校でも『常呂JJ』に名前を変え活動していましたが、知那美選手が高校を卒業すると、姉妹は離れ離れになります。

夕梨花選手は高校2年から『ロコ・ソラーレ』に所属。

知那美選手は、カナダ留学から帰国すると、宿敵『北海道銀行フォルティウス』に加入することになったのです。

ソチ五輪は『北海道銀行フォルティウス』が代表権を獲得し、姉・知那美選手はソチ五輪で活躍。

周囲から

“お姉ちゃんはすごいね”

と言われ続けて自尊心が傷つき、カーリングをやめることも考えました。

一方の知那美選手も、ソチの地でまさかの戦力外通告を受け、どん底に突き落とされます。

しかし、ボロボロになった姉妹は再び『ロコ・ソラーレ』に結集し、助け合いながら復活を遂げ、さらに強く輝きだしました。

平昌五輪の銅メダルは、吉田姉妹パワーが原動力となったことは間違いありません。

◆まとめ

吉田3姉妹の長女・菜津季さんは、妹たちについて、

“人懐っこいけれどデリケートな部分も持ち合わせている知那美”

“時には努力が実らないこともある、ということを知っている芯の強い夕梨花”

と、評しています。

さすが長女、妹たちを的確にとらえていますね。

家族の応援を胸に、吉田姉妹の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

平昌五輪で一躍有名となったのが“もぐもぐタイム”。

カー娘たちは、バナナやイチゴのほかに焼き菓子を食べていて、注目を集めました。

その焼き菓子とはこちら。

赤いサイロ 8入ギフト プレゼント プチギフト 北海道 お土産 お取り寄せ[ギフト お年賀 お中元 お歳暮]

カー娘の出身・北見市名物のチーズケーキです。

『全日本隠れたお土産お菓子-1グランプリ』にて優勝したこともあるのだとか(^_-)

《カー娘の家族!》

《ロシアW杯特集》

いよいよロシアワールドカップが開幕!
世界に挑むサムライと、戦士たちを支える家族のストーリーをご紹介していきます。

蒼きサムライたちの『家族』~サッカー日本代表に一番近いサポーター

日本の前にはコロンビア、セネガル、ポーランドが立ちはだかっています。
混戦を制して、初の8強に進むことができるのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です