守谷慧の『家族』~実家の家柄や父親の職業は?妻・絢子さまとの間に子供が2人

高円宮家の三女・絢子(あやこ)さまの夫である、守谷慧さん。

今回は、守谷さんの実家やご家族にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:守谷慧(もりや・けい)
生年月日:1986年〈昭和61年〉3月24日
最終学歴:慶應義塾大学文学部
出身地 :東京都
勤務先 :日本郵船株式会社
スポンサーリンク

◆実家の家柄や父親の職業は?

守谷慧さんは、出生地がはっきりしませんが、1989年9月から1992年7月までは、フランス・パリの幼稚園に通っています。

ということは、

“父親の職業は商社マンか、外交官かな…?”

と思っていたら、元・経済産業省の官僚だそうです。

経産省の官僚も、各国の大使館に務めたりすることがありますからね。

父親が経産省のエリート官僚ならば、実家の家柄は申し分ないですね(^^)v

パリから帰国した守谷慧さんは、港区立白金小学校私立高輪中学校・高等学校で学び、2005年4月に慶應義塾大学文学部へ入学しました。

大学時代には、オックスフォード大学への短期留学も経験。

2009年3月に慶應義塾大学を卒業し、翌4月から大手海運会社である日本郵船に勤務しています。

◆父親の名前と経歴

守谷慧さんの父親の名前は、守谷治(もりや・おさむ)さん。

1955年〈昭和30年〉7月11日の生まれになります。

父・治さんは、東京大学経済学部の経済学科を卒業。

1979年、通商産業省(当時)へ入省し、コーネル大学経営大学院でMBAを取得しました。

経産省内における貿易実務のプロフェッショナルとして知られ、貿易調査課長、安全保障貿易管理課長などにの要職を歴任しています。

2006年に経産省を退職したあとは民間に転じ、現在は日本アルコール販売(株)の幹部を務めています。

非常勤講師として大学で授業を行うこともあるそうです。

◆天国の母へ結婚を報告…

守谷慧さんのお母さんの名前は、守谷季美枝(もりや・きみえ)さんです。

母・季美枝さんは、1981年に早稲田大学第一文学部を卒業。

フランス在住中「人手が足りない」と知人に誘われて、『国境なき医師団』の本部でお手伝いを始めます。

“普通の主婦としての参加でした”

と、ご本人も話しているように、最初は、空き時間のちょっとしたボランティアでした。

1997年、『国境なき医師団』の教育部門として『国境なき子どもたち』が切り離されると、創設メンバーとして参加。

1999年に理事、2002年に副会長、2003年からは専務理事として活躍しました。

しかし、2015年7月、カンボジア出張中に急逝。

お通夜・お葬式は、ご遺族の意向により、タイ・バンコク市内のワット・アルン寺院にて執り行われています。

享年56歳。

守谷慧さんは結婚することを、天国のお母さんへ真っ先にご報告されたことでしょう。

NEXT 絢子さまと2人の子供たち

コメント

  1. […] 守谷慧の『家族』~実家の家柄や父親の職業は?天国の母へ結婚を報告… […]

  2. […] 守谷慧の『家族』~実家の家柄や父親の職業は?天国の母へ結婚を報告… […]

タイトルとURLをコピーしました