上皇后 美智子さまの『家族』~実家・正田家の家系図…父親、母親、兄弟について

明仁上皇を、陰になり日向になり支えてきた、上皇后美智子さま。

今回は、そんな美智子さまを育んだ実家の父親、母親、兄弟を中心に、家族の軌跡をご紹介します。

正式呼称:上皇后陛下(じょうこうごうへいか)
御名前:美智子(みちこ)
旧名:正田美智子(しょうだ・みちこ)
生年月日:1934年10月20日
出身大学:聖心女子大学文学部
スポンサーリンク

◆実家・正田家の家系図

上皇后美智子さまの旧名は、正田美智子(しょうだ・みちこ)さんです。

実家の正田家をさかのぼると、約300年前の上州館林に庄田六三郎という人物がいて、この方が始祖だと言われています。

庄田を正田にあらためた正田家は、江戸時代には『米文』の屋号で米問屋を営み、江戸や大阪にも名がとどろく豪商でした。

しかし明治6年、美智子さまの高祖父にあたる、三代目・正田文右衛門は、突然家業をやめ、『亀甲正』という商号で醤油醸造業を始めます。

醤油の作り方については、野田(千葉県)の『亀甲萬』(現在のキッコーマン)からアドバイスをもらったそうです。

これが現在も残る、正田醤油株式会社となります。

(正田醤油・二段熟成)

◆祖父は日清製粉創業者

上皇后美智子さまの祖父の名前は、正田貞一郎(しょうだ・ていいちろう)さん。

祖父の貞一郎氏は、家業の醤油醸造を経て、館林製粉株式会社を設立しました。

当時の小麦粉は輸入ものが大勢で、

輸入粉の増大に手をこまねいて傍観していることはできない、機械製粉すれば輸入粉に負けないはずだ…

と考えたのでした。

この会社が名前を変え、幾多の合併を繰り返して、現在の日清製粉グループとなっています。

祖父の貞一郎氏は、のちに貴族院議員、東武鉄道の会長なども務めました。

◆実家の家族構成

上皇后美智子さまの実家の家族構成は、父親、母親、兄、美智子さま、妹、弟の6人家族です。

それでは、お父上から見ていきましょう。

◆父親は日清製粉社長

上皇后美智子さまの父親の名前は、正田英三郎 (しょうだ・ひでさぶろう)さん。

父・英三郎さんは、東京商科大学(現:一橋大学)を卒業後、三菱商事を経て、日清製粉に入社しました。

1945年から1973年まで、日清製粉の社長を務めています。

皇室へ嫁ぐ美智子さまに対しては、

これからは陛下と殿下の御心に添って生きるように

と言って送り出されました。

1999年6月18日、95歳で逝去されています。

◆母親の実家は?

上皇后美智子さまの母親の名前は、正田富美子(しょうだ・ふみこ)さん。

母・富美子さんの実家は、佐賀士族の副島家です。

19歳の時に、正田英三郎さんと結婚。

美智子さまを含め、2男2女を育てました。

1988年5月28日、入院していた聖路加国際病院で、腎不全により78歳で亡くなっています。

美智子さまは、母の旅立ちに、

四照花(やまぼうし)の一木覆ひて白き花咲き満ちしとき母逝き給ふ

との挽歌を残しました。

ちなみに、富美子さんを看取った医師は、100歳を超えるまで臨床現場に立ち続けた、日野原重明(ひのはら・しげあき)さんです。

日野原重明の『家族』〜息子さんも医師、認知症の妻は4年前に死去
2017年7月18日、聖路加国際病院・名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが亡くなりました。 今回は、日野原さんを支えた『家族』にスポットを当て、在りし日の日野原さんを偲びたいと思います。 ◆父親の職業は牧師 日野原重明さん...

◆兄弟

美智子さまのご兄弟をご紹介します。

兄・正田巌

兄の正田巌さんは、東京大学法学部出身。

卒業後は金融畑を歩み、日本銀行監事や預金保険機構の理事を務めました。

奥様の名前はさん。

浜口雄幸(はまぐち・おさち)元首相の孫娘にして、東京銀行頭取・濱口雄彦(はまぐち・たけひこ)氏の次女に当たります。

学習院大学を出た才媛でいらっしゃいます。

妹・正田恵美子

妹の正田恵美子さんは、昭和電工の社長・安西正夫氏の長男・孝之氏と結婚しています。

弟・正田修

実弟の正田修さんは、東京大学法学部日本興業銀行を経て、家業である日清製粉に入社しました。

1986年から2004年まで、日清製粉や日清製粉グループ本社の社長を務めています。

奥様の名前は、素子さん。

クラレ社長・大原総一郎氏の次女で、慶應義塾大学出身です。

華族・野津道貫侯爵の孫に当たるのだそうです。

スポンサーリンク

◆24歳でご結婚

上皇后美智子さまは、1959年4月10日、24歳で明仁上皇陛下とご結婚されています。

明仁上皇は、1933年〈昭和8年〉12月23日生まれなので、美智子さまより1歳年上になります。

お2人の馴れ初めは、有名な「テニスコートの出会い」。

1957年8月、長野県の軽井沢会テニスコートで開催されたテニスのトーナメント大会で、対戦されたのがきっかけとなっています。

しかし当時、皇太子のお妃は、

皇族(臣籍降下後の旧宮家)か五摂家(伯爵以上)といった特定の旧華族に属する女性から選ばれる

ということが習わしとなっており、民間人である美智子さまとのご結婚は、旧皇族・旧華族らに強く反対されました。

しかし、明仁上皇が力強くお守りになられ、今日までお2人は、仲睦まじく過ごされています。

◆3人のお子様に恵まれる

上皇后美智子さまは、3人のお子様に恵まれています。

第1子は、浩宮徳仁(ひろのみや・なるひと)親王。

後の第126代天皇、徳仁陛下です。

徳仁天皇陛下の『家族』〜皇后雅子様、愛子さまと紡ぐ新時代の家系図
2019年5月1日から新しい時代の象徴となられた、徳仁天皇陛下。 今回は、徳仁天皇陛下を育み、そして支え合う『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 【プロフィール】諱:徳仁(なるひと)御称号:浩宮(ひろのみや)生年月日:196...

第2子は、礼宮文仁(あやのみや・ふみひと)親王。

後の、秋篠宮(あきしののみや)皇嗣殿下です。

秋篠宮文仁さまの『家族』~紀子さまとの間に2人の内親王と未来を継ぐ皇子
皇嗣(こうし)殿下として第1位の皇位継承権を有する、秋篠宮文仁さま。 今回は、そんな秋篠宮さまを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 宮号:秋篠宮(あきしののみや) 全名:文仁(ふみひと) 生年月日:1965年〈昭和...

第3子は、紀宮清子(のりのみや・さやこ)内親王。

後に結婚され、黒田清子さんとなられています。

黒田清子の『家族』~夫・黒田慶樹さんの仕事や年収、家柄、父親の職業など
元皇族で、伊勢神宮祭主をつとめる、黒田清子さん。 ニックネームは「サーヤ」です! 今回は、そんな清子さんを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:黒田清子(くろだ・さやこ) 称号:...

◆まとめ

これまで見てきたとおり、上皇后美智子さまの背後には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族への思いを胸に、美智子さまの歩みは続いていきます(^o^)丿

コメント

タイトルとURLをコピーしました