石原伸晃の『家族』~妻は元女優の田中理佐。3人の子供、早逝した長男…

自由民主党に所属する政治家、石原伸晃さん。

少林寺拳法三段です!

今回は、そんな伸晃さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:石原伸晃(いしはら・のぶてる)
生年月日:1957年〈昭和32年〉4月19日
血液型 :A型 [1]
最終学歴:慶應義塾大学文学部
出身地 :神奈川県逗子市
スポンサーリンク

◆実家は逗子

石原伸晃さんは、神奈川県逗子市の生まれ。

小学校は隣町の、鎌倉市立御成(おなり)小学校を卒業しています。

小学校時代はサッカーをやっていましたが、中学受験のために5年生で引退しています。

中学校は横浜にある慶應義塾普通部へ入学。

中学校でもう一度サッカーをしたいと思いましたが、「腰痛の家系」という事であきらめました。

すでに腰痛があったのでしょうか?

中学校では父親に、

やれ!

と言われ、テニスや剣道を経験。

しかし、ブルース・リーの映画を観たのがきっかけで少林寺拳法を始め、高校、大学まで続けました。

高校は、慶應義塾高等学校、大学は、慶應義塾大学文学部社会学科を卒業しています。

◆父・石原慎太郎

石原伸晃さんの父親は、石原慎太郎(いしはら・しんたろう)さん。

1932年〈昭和7年〉9月30日生まれになります。

ニックネームは暴走老人です!
石原慎太郎の『家族』~愛妻と4人の息子、隠し子1人…そして銀幕に散った弟・裕次郎
作家・政治家として時代を駆け抜けた、石原慎太郎さん。 暴走老人です! 今回は、そんな慎太郎さんを育み、支えてくれた『家族』の物語です。 名前:石原慎太郎(いしはら・しんたろう) 生年月日:1932...

父・晋太郎さんは、神戸(兵庫県)で生まれ、小樽(北海道)を経て、逗子(神奈川県)に落ち着きました。

高校は、神奈川県立湘南高等学校へ進学。

サッカー部でレギュラーとして活躍する一面もありましたが、立身出世主義的な校風に反発し、休学していまいます。

今でいう不登校ですね

休学中は、読書と映画、そして絵を描くことに明け暮れました。

1年間の休学中に慎太郎さんが描いた作品は、200近くにのぼるそうです。

ようやく高校に戻った慎太郎さんを、今度は突然の悲劇が襲いました。

父・石原潔さんが脳溢血のため、51歳の若さで突然他界したのです。

遺された母と弟を養うため、慎太郎さんは一橋大学へ進学し、公認会計士になることを決意しました。

しかし、会計士という地道な勉強はどうしても性に合わず、志半ばにして挫折。

目標を失いかけた慎太郎さんが出会ったのが「小説」でした。

大学の同人雑誌用に書いた作品が好評を得たことから、慎太郎さんは2作目にとりかかります。

自由気ままに生きる弟・石原裕次郎さんからヒントを得て、わずか2日で書かれた作品の名は『太陽の季節』。

いきなり芥川賞を受賞したこの作品により、「石原慎太郎」の名は全国に轟きました。

1968年、36歳の時に参議院議員となり、25年間の間、国会議員として活躍。

1999年4月には東京都知事に転身し、4期14年の長期政権の中で、様々な政策を推し進めています。

2022年2月1日、89歳で亡くなりました。

◆母・石原典子

石原伸晃さんの母親の名前は、石原典子いしはら・のりこ)さん。

1938年〈昭和13年〉生まれなので、慎太郎さんより6歳年下になります。

広島県広島市で生まれ、神奈川県に転居し、鎌倉金沢八景逗子で育ちました。

慎太郎さんとは、小学生の時からの知り合いだったそうです。

NEXT 男ばかりの4人兄弟

コメント

タイトルとURLをコピーしました