堀内詔子の『家族』~富士急社長の夫との間に息子が2人…大久保利通に繋がる華麗なる家系図

自由民主党に所属する衆議院議員、堀内詔子さん。

人生の最後に食べたいものはペヤングです!

今回は、そんな堀内さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:堀内詔子(ほりうち・のりこ)
生年月日:1965年〈昭和40年〉10月28日
血液型 :A型
出身地 :山梨県東八代郡石和町
出身大学:学習院大学文学部
スポンサーリンク

◆大久保利通に繋がる華麗なる家系図

堀内詔子さんは、 山梨県東八代郡石和(いさわ)町(現在の笛吹市)の出身。

実家の小林家は、江戸時代より苗字帯刀を許されていた地元の大地主であり、明治時代に入ってからは当主の小林伝右衛門が創設した石和銀行を営んでいました。

祖父の小林中(こばやし・あたる)さんは、“影の財界総理” と呼ばれた『財界四天王』のひとりで、初代・日本開発銀行総裁をつとめています。[1]

小林家の跡地は笛吹市に寄付され、小林公園となっています

これだけでも大したものですが、本当にすごいのはここから。

家系図を見てみましょう。

母方の祖母は、松濤幼稚園を創設した林貞子さんで、この方のお父上は、明治の元勲・大久保利通(おおくぼ・としみち)氏の孫に当たります。

つまり、堀内さんは大久保利通の末裔なんですね!

大久保利通氏の孫婿は、元首相の吉田茂(よしだ・しげる)氏ですが、さらにその孫は麻生太郎(あそう・たろう)さんとなります。

つまり、堀内さんと麻生さんは親戚なんですね!

麻生太郎の『家族』~息子は慶應、娘は東大、妻は首相令嬢で妹は皇室という華麗なる家系図
第92代内閣総理大臣を務めた、麻生太郎さん。 クレー射撃でオリンピックに出場しました! 今回は、そんな麻生大臣を取り巻く、華麗なる家系図をご紹介します。 名  前:麻生太郎(あそう・たろう) 生年月日:1...

まさに華麗なる一族。

毛並みの良さは、政治家の中でもトップクラスと言えるでしょう。

◆生い立ち

堀内詔子さんは、生後3ヶ月でアメリカニュージャージー州へ引っ越し、3歳の時に日本に帰国しました。

アメリカ生活の記憶はほとんどありません!

幼稚園は学習院幼稚園に通いましたが、立憲民主党の亀井亜紀子(かめい・あきこ)さんは幼稚園からの同級生になります。

小学校は、学習院初等科へ入学。

小学校の同級生には、元皇族・黒田清子(くろだ・さやこ)さんの夫である黒田慶樹(くろだ・よしき)さんがいました。

黒田慶樹の『家族』〜妻・黒田清子さんと母と3人暮らし…実家は旧華族に所縁の家系
東京都庁勤務で、皇族と関係が深い、黒田慶樹さん。 天皇家からの愛称は「クロちゃん」です! 今回は、そんな黒田さんを取り巻く『家族』の物語です。 名前:黒田慶樹(くろだ・よしき) 生年月日:1965...

小学校の卒業文集には、

夢は代議士!

と書いています。

これは、お母さんやお祖母さんが、仕事と家庭を両立させる苦労を目の当たりにし、

女の人の方が威張れるように

と、考えたものです。

「威張れる」というのは子供の発想ですが、女性の社会進出を進めたいいう思いは、この頃から胸の中にありました。

中学校は、学習院女子中等科へ進学。

中学時代はテニス部に入り、100名以上のテニス部をキャプテンとしてまとめ上げました。

都中学選手権の団体戦で優勝し、関東大会でも上位入賞を果たしました!

高校は、学習院女子高等科へ進学。

高校では受験勉強を優先させるため部活をしませんでしたが、どうしてもテニスが忘れられず、結局、テニス部に入ります。

テニス部では、朝練をするため門衛さんがくる前に学校に忍び込んだり、早弁をしたりして、練習時間を確保していました。

大学は、学習院大学文学部へ進学。

◆家族構成

堀内詔子さんの実家の家族構成は、父親、母親、姉、詔子さん、妹、弟の6人家族です。

自身は22歳で結婚しており、夫との間に2人の息子がいます。

NEXT  父親、母親、兄弟について

コメント

タイトルとURLをコピーしました