長渕剛の『家族』~妻と娘と息子…それぞれが選んだ生き方に“乾杯”

『乾杯』『とんぼ』など、数々の名曲を生み出したシンガーソングライター・長渕剛さん。

今回は、そんな長渕さんを育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 

【本人プロフィール】
名前:長渕 剛(ながぶち・つよし)
生年月日:1956年9月7日(59歳)※2016年2月現在
出身地:鹿児島県鹿児島市

スポンサーリンク




◆父親の職業は?

長渕剛さんの父親の名前は、長渕邦治(ながぶち・くにはる)さん。

父・邦治さんの職業は、鹿児島県警の警察官で、長く暴力団担当の刑事として活躍しました。

長渕さんはテレビドラマ「とんぼ」などで暴力団関係者を演じていますが、「手本はオヤジ」と冗談交じりに話しています。

邦治さんは、とても厳しく正義感が強い反面、お母さんに暴力を振うことも少なくなかったのだとか。

長渕さんはこの頃の情景をこう歌っています。 

俺にとってKAGOSHIMAはいつも泣いてた
ひ弱で不親切で邪険な街だった
親父とお袋は泥にまみれ銭をうらやみ
そのド真ん中で俺は打ち震えていた
『いつかの少年』より♪

2006年、父・邦治さんは、原発不明がんのため77歳で亡くなりました。

築地本願寺で営まれた告別式、喪主を務める長渕さんは『CLOSE YOUR EYES』を涙と共に歌い上げました。

数か月後、長渕さんは「親父の生きた航跡を旅してみたくなった」と1ヶ月以上をかけ、父親が種子島から鹿児島に出て来た後の足跡を辿ります。

その航跡は、2007年にリリースされたアルバム『Come on Stand up!』に記されました。 


Come on Stand up! [ 長渕剛 ]

◆母親の名前は?

長渕剛さんのお母さんの名前は、マス子さん。

母・マス子さんは、鹿屋(かのや)警察署で電話交換手をしており、そこでお父さんと出会って結婚します。

前述のとおり、マス子さんはお父さんの暴力に苦しみますが、歌が好きで、長渕さんに童謡を聞かせてくれました。

長渕さんが音楽に興味を持ったのは、お母さんの影響だったのですね。

1991年、長渕さんはアルバム『JAPAN』の中で、『MOTHER』という作品を発表。

俺の机の引き出しには
まともな字を書けたころの
大きな女性の手紙がしまってある
どれだけ人を愛しても 愛しぬいたとしても
母親の子宮に戻ることはできない
『MOTHER』より♪

老いた母親に対する思いを綴っています。 

母・マス子さんは、2000年8月12日、72歳で亡くなりました。


JAPAN [ 長渕剛 ]

 ◆5歳年上の姉

長渕剛さんには5歳年上のお姉さんがいます。

お姉さんも、家庭内暴力で悲しい思いをしてきており、その光景は『ふるさと』の歌詞の中に登場します。(アルバム『SAMURAI』に収録) 

黒くすすけた低い天井と
六畳一間の古い柱の傷
ここで父が荒れ狂い、母が泣き、姉が泣き
一家四人、すべてあの時のまんまだ
『ふるさと』より♪

お姉さんは今では大分に住んでおり、2015年に行われた長渕さんの大分公演には、お姉さんの姿も見られたそうです。 


長渕剛/SAMURAI 【CD】

◆前妻・石野真子さん

長渕剛さんの最初の奥さんは、歌手の石野真子(いしの・まこ)さん。

1961年1月31日生まれで、現在(2016年2月)55歳なので、長渕さんより5歳年下になります。

真子さんは16歳の時、「スター誕生!」をきっかけにアイドル歌手としてデビュー。

レコード大賞新人賞受賞や紅白に出場するなど活躍します。

真子さんの代表曲は、紅白で歌った『ジュリーがライバル』。


石野真子『ジュリーがライバル』 cw 『白いオルゴール』MEG-CD

ちなみに紅白で熱唱中、白組出演で「ジュリー」こと沢田研二さんが苦々しい表情で映る場面が印象的でした。

長渕さんとは「オールナイトニッポン」で共演したことをきっかけに交際をスタート。

1981年に結婚し、真子さんは芸能界を引退しています。

◆前妻との離婚理由は?

前妻の石野真子さんに、長渕剛さんが捧げた歌は『二人歩記(ふたりあるき)』 。

偽りのない君の そんな瞳を見た時
うす汚れた僕の 過去がうつっていた
だからもう君を 死ぬまで離しはしない
僕は君なんだし 君は僕なんだよ
『二人歩記』より♪

しかし、2人の生活は長くは続かず、1983年に離婚し、石野さんは芸能界にカムバックしました。

離婚の原因は、長渕さんの暴力だと言われています。 

ちなみに『二人歩記』はシングル曲ですが、アルバムにも収録されています。

そのアルバムのタイトルが『Bye Bye』なのは、偶然なのでしょうか?


Bye Bye[CD] / 長渕 剛

◆現在の妻・志穂美悦子さん

長渕剛さんの現在の奥さんは、女優の志穂美悦子(しほみ・えつこ)さん。

1955年10月29日生まれで、現在(2016年2月)60歳なので、長渕さんより1歳年上になります。

妻の悦子さんは、子供のころから運動が得意で、中学・高校と陸上部に所属。

当時の大ヒットドラマ『キイハンター』を観て以来、アクション俳優・千葉真一さんの熱狂的なファンとなりました。

1972年、千葉さんが主宰するジャパンアクションクラブ (JAC ) に合格して芸能界入り。

以来、日本初の本格的なアクション女優として、幅広い作品で活躍します。

1986年、『親子ゲーム』『男はつらいよ 幸福の青い鳥』で長渕さんと相次いで共演し、これがきっかけで2人は結婚しました。

長渕さんが1987年に発表した『何の矛盾もない』(アルバム『LICENSE』に収録)は、愛する妻・悦子さんに贈られた歌です。 

例えば 今ここで俺の首を塞いでも
俺は お前の潤んだ瞳 真っすぐ見つめられる
お前が生きてる限り 俺はそばにいるよ
狂おしく 狂おしく 愛していて
何の矛盾もない
『何の矛盾もない』より♪


長渕 剛 / LICENSE [CD]

◆悦子さんには頭が上がらす…

前妻の石野真子さんとは、DVが原因で離婚したとされる長渕剛さん。

それでも激情家ゆえに、つい悦子さんにも手を出してしまったことがあります。

その瞬間、悦子さんの後ろ回し蹴りが、長渕さんの首筋にヒット ヘ(*゚ー゚)┌θ)゚ロ゚)ノ

悦子さんは、すぐに師である千葉真一さんに電話をかけ、

“どうしよう、長渕を殺しちゃったかもしれない”

と泣きながら話したそうです。

気絶くらいはしていたのかもしれませんね(^_^;)

後年、長渕さんは空手や肉体改造に目覚めますが、実はこの一件がきっかけなのだそうです。

◆娘は女優“文音”さん

長渕剛さんと悦子さんの間には娘がいて、名前は長渕文音(ながぶち・あやね)さん。

文音さんは、1988年3月17日生まれなので、現在(2016年2月)27歳です。

長渕さんの名曲『NEVER CHANGE』は、子供の誕生の瞬間を描写した歌ですよね。

あの曲のモデルは、文音さんだったのです。 

Never Change 今 子供が生まれた
Never Change 俺にも家族ができた
Never Change 娘をこの手で抱いた
Never Change 横たわる妻がいる
『NEVER CHANGE』より♪


長渕 剛 / NEVER CHANGE [CD]

娘の文音さんは、4歳からクラシックバレエを習う一方、語学に興味を持ち、中学・高校共に英語コースで学びました。

関東国際高校外国語科英語コースを経て、明治学院大学国際学部を卒業。

2008年10月公開の映画『三本木農業高校、馬術部』で、主役として女優デビューしました。

2012年9月から約1年半の間、ニューヨークへ演劇留学。

2014年5月に帰国してからは、芸名を「文音」に改名し、女優としての活動を再開させています。

“足が速くて、いっつもリレーの選手に選ばれてましたし、体が動くところは母に似てます”

と語る文音さんは、復帰作『SAKURA〜事件を聞く女〜』でアクションに初挑戦。

母親がかつて所属したジャパンアクションエンタープライズ(JAE、旧JAC)で10日間指導を受け、できなかった部分は実家で、母・悦子さんから教わりました。

文音さんによると、

“(母・悦子さんは)後ろ回し蹴りとか、まだ全然できますからね”

長渕さんを倒した「後ろ回し蹴り」は健在のようです。

◆長男・長渕航(WA航RU)

長渕夫妻の第2子は、待望の男の子。

名前は、長渕航(ながぶち・わたる)さんです。

1989年2月2日生まれなので、年齢は27歳(2016年2月)になります。

航さん、学生時代は極真空手の選手として、全日本大会優勝経験を持つ猛者ですが、現在はライブを中心にインディーズで活動するラッパー。

アーティスト名は「WA航RU」です。

“ワコール”と読むのかと思いましたが、「ワタル」と読むみたいですね(#^^#)

長渕さんは、あえて航さんのバックアップはせず、自力で這い上がるのを期待しているようです。 

◆次男・長渕蓮

長渕夫妻の第3子も男の子で、名前は長渕蓮(れん)さん。

1994年2月28日生まれなので、現在(2016年2月)22歳です。

2歳の時に車の全エンブレムを覚えたという次男の蓮さん。

小学校の夏休みに提出する自由研究では、全て車に関する物を題材にするほど、車好きな少年として育ちました。

12歳からレーシングカートを始め、2010年からイギリスにレース留学。

2012年からはフォーミュラレースにステップアップし活躍しましたが、2015年、レース中に負った腰椎の負傷の影響でレース引退を表明します。

現在は音楽活動に専念し、Youtuber・HIKAKINさんの動画にも度々登場しています。 

◆まとめ

1996年、長渕剛さんは「家族」という作品を発表します。 

「家族」という船に乗り
「孤独」という海に出た
「家族」という船が行き過ぎ、
今「孤独」という魚になった
『家族』より♪

人は「孤独」な存在だけれど、「家族」がいなければそもそも人は存在しない、という事でしょうか?

これからも長渕さんは、自分のため、故郷のため、そして最愛の家族のために歌い続けていきます(^o^)丿


家族 [ 長渕剛 ]

《伝説のミュージシャンたち》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO