若隆景の『家族』~祖父も父も兄弟も大相撲力士…妻と4人の子供について

大相撲力士として活躍する、若隆景さん。

趣味は魚をさばくことです!

今回は、そんな若隆景さんを取り巻く『家族』の物語です。

名前:若隆景 渥(わかたかかげ・あつし)
生年月日:1994年〈平成6年〉12月6日
身長:182cm
血液型:O型
出身地:福島県福島市
スポンサーリンク

◆実家・生い立ち

若隆景さんは、福島県福島市の出身。

小学校は地元の、福島市立吉井田小学校へ通いました。[1]

小学校1年生のとき、福島県の県北相撲協会で相撲を始めています。

小学校時代は、柔道や陸上競技にも打ち込んでいました。

中学校は、福島市立信夫(しのぶ)中学校へ進学。[1]

中学校でも相撲を続けましたが、全国大会に出ても1回戦敗退することが多く、全国では実績を残せていません。

高校は、学校法人松韻学園福島高等学校へ進学。[1]

高校時代は、3年次に全日本ジュニア体重別相撲選手権大会の100kg未満級で優勝。

世界ジュニア相撲選手権大会の団体でも優勝するなど、実績を残しました。

大学は、東洋大学法学部へ進学。[1]

相撲部の合宿所では、2年先輩の御嶽海(みたけうみ)さんとルームメイトでした。

ミドルネームはジャスティンです!
御嶽海の『家族』~1歳上の一般女性と結婚…母はフィリピン人 父は日本人のハーフ力士
平成4年度生まれの関取を指す、いわゆる「花のヨン組」の1人、御嶽海 関。 ミドルネームは「ジャスティン」です! 今回は、そんな御嶽海を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 名前:御嶽海久...

4年次には相撲部副主将となり、全国学生相撲選手権大会の団体戦で優勝。

個人でも準優勝の成績を残し、大相撲の三段目最下位格付出資格を獲得しました。

若隆景さんは、

大学で体も大きくなったし、相撲の技術も向上しました。あの4年間があったからこそ、今こうして大相撲の世界にいられるんだと思います

と、当時を振り返っています。

◆家族構成

若隆景さんの実家の家族構成は、父親、母親、長兄、次兄、若隆景さんの5人家族です。

自身は2018年5月に結婚しており、4人の子供に恵まれています。

◆父は元幕下・若信夫

若隆景さんの父親の名前は、大波政志さん。[2]

ちなみに、若隆景さんの本名は、大波渥さんです。

父・政志さんは、1968年頃の生まれ。

かつては若信夫(わかしのぶ)の四股名で、幕下力士として活躍しました。

現在は福島市内で、『ちゃんこ若葉山』を経営しています。

◆母は元小結・若葉山の娘

若隆景さんの母親の名前は、大波文子さん。[2]

1966年頃の生まれになります。

文子さんの父(若隆景さんの祖父)は、昭和20年代から30年代にかけて活躍し、「足取りの名人」と呼ばれた元小結・若葉山関。

大波家は相撲一家ですね。

◆3兄弟の末っ子

若隆景さんは、男ばかり3人兄弟の末っ子になります。

①長兄・若隆元

長兄の名前は、大波渡(おおなみ・わたる)さん。[3]

1991年12月29日生まれなので、3歳年上になります。

長兄・渡さんも大相撲力士であり、幕下の若隆元

若隆景さんと同じ、荒汐部屋に所属しています。

②次兄・若元春

次兄の名前は、大波港(おおなみ・みなと)さん。[3]

1993年10月5日生まれなので、1歳年上になります。

次兄・港さんも大相撲力士であり、幕内の若元春関です。

次兄も若隆景さんと同じく、荒汐部屋に所属。

ちなみに、2020年11月22日に、3歳年上の女性と結婚しました。

若元春関は、

周りから結婚して成績が伸びて良かったんじゃないかと言われています。体が大きくなったのは、嫁さんの料理のおかげと思います

と感謝の言葉を口にしています。

③四股名の由来

三兄弟の四股名は、「三本の矢」の教えで知られる戦国武将の毛利元就の息子たち

  • 毛利隆元
  • 吉川元春
  • 小早川隆景

にちなんでいます。

先代師匠の荒汐(あらしお)親方がつけてくれましたが、大波家は毛利家に縁もゆかりもありません。

四股名でお世話になるのだから

ということで、両親は毛利三兄弟のお墓参りをしたのだそうです。

◆妻・沙菜さん

若隆景さんは、2018年5月に結婚しています。

奥さまの名前は、沙菜(さな)さん。[4]

東洋大学在学中の2016年頃から付き合い始め、2年余りの交際を経て結婚に至りました。

スポンサーリンク

◆4人の子供たち

若隆景さんには、4人の子供がいます。

第1子は、2018年生まれの女の子。[4]

第2子は、2019年生まれの女の子。

第3子は、2020年1月生まれの男の子。[5]

第4子は、2021年2月10日生まれの女の子です。[5]

◆まとめ

これまで見てきた通り、若隆景さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族への思いを胸に、若隆景さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. Wikipedia 2022年3月27日確認 若隆景渥 アマチュア時代
  2. 読売新聞 2021年3月29日 若隆景 初の技能賞
  3. 朝日新聞 2022年1月16日 ボールが飛んできても守備位置で… 相撲界「3本の矢」の父が語る
  4. サンスポ 2019年1月27日 十両若隆景が結婚 昨年5月、長女も誕生
  5. 中日スポーツ 2021年3月19日 スピード武器に若隆景が大関相手に2連勝「我慢できた」コロナ感染乗り越え…第4子誕生【大相撲】

コメント

タイトルとURLをコピーしました