加藤一二三の『家族』~教会で結婚講座、娘は白百合出身のシスター

2017年6月20日、将棋界のレジェンド・加藤一二三(かとうひふみ)九段が引退しました。

今回は、そんな加藤九段を支えた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は福岡

加藤一二三九段は、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)の生まれ。

14歳7カ月でプロ棋士となった加藤九段は、当時

『福岡のダイヤモンド』

と呼ばれていたそうです。

加藤九段の両親に対するエピソードはあまりありません。

それどころか、

私が奨励会に入る時の師弟関係は、親が勝手に決めた名目上の事で、私は師匠から将棋その他の事で一切世話にならなかった。

とする述懐があります。

ご両親とはあまり上手くいっていなかったのでしょうか?

◆教会で夫人と共に結婚講座

加藤一二三九段の奥さんの名前は、紀代さん。

日本将棋連盟の関西奨励会に入会した加藤九段は、関西の中学校の校長先生宅に寄留して、高校までを卒業しました。

その校長先生の親戚にあたるのが、妻・紀代さんでした。

紀代さんは、対局で休みがちだった加藤九段のために、授業のノートをとって渡してくれていたそうです。

高校時代の加藤九段にとって、紀代さんとの交友が精神的な大きな励ましや喜びとなり、高校3年生で八段になることができました。 

私は高校を卒業する頃に、聡明で美しく、優しい妻と結婚したいと強く望んでいた。

この言葉どおり、2人は1960年代に結婚しています。

結婚の際、妻の紀代さんは加藤さんの師匠から

勝った時はほっといていいから、負けた時は、すごく大事にしてあげて下さいね

と言われたそうです。

紀代さんはその言葉を実践し、負けた日はニコニコして料理は加藤九段が好きなものをだし、将棋のことには触れないようにしていました。

加藤九段は、

当たり前だが感謝している、ともに歩んでくれたからこそいい将棋が指し続けられた

と感謝の言葉を述べています。

そんな加藤夫妻は、聖イグナチオ教会で30年にわたり「結婚講座」を開いているのだそうです。

講座は全12回にわたり、結婚・愛・人生について熱弁をふるうものだとか。

加藤夫妻の円満ぶりが伺える経歴だと思います。

◆長男・順一さん

加藤一二三九段は、一男三女の子宝に恵まれています。

長男の名前は、加藤順一さん。

息子さんが誕生した時、ちょうど順位戦で一位だったので、名前を順一にされたのだそうです(^_^;)

◆娘は全員・白百合学園の出身

加藤一二三さんの三人の娘は、全員、白百合学園の出身だそうです。

長女の名前は、由紀さん。

白百合幼稚園と将棋会館は同じ方向であったため、対局の日は加藤九段が由紀さんを幼稚園に送っていたそうです。

次女は美紀さん。

美紀さんは現在、白百合女子大学の准教授を務めています。

シスターの格好をした写真が公表されているので、美紀さんもクリスチャンなのですね。

三女はその名も「百合」さん。

百合さんが生まれた時は、加藤九段のテンションが上がりすぎて、新生児室のガラス戸に激突したというエピソードもあります(^_^;)

◆まとめ

1982年の名人戦。

20年越しの挑戦で、ようやく「名人位」を奪取した加藤九段は、報道陣のインタビューもそこそこに対局室を飛び出します。

そして、将棋会館編集室の電話機に飛びつくや、家の番号を回しました。

お父さん勝ったよ!

そこには、厳しい将棋の世界で頂点を極めた人間の、もう一つの姿がありました。

こういう面も持っているからこそ、加藤九段はみんなから愛されるのでしょう(^_-)

これからは少しゆっくり、将棋界のため日本のため、後輩たちを指導して欲しいと思います。

《特選記事》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です