岡田武史の『家族』~2度のW杯指揮を支えた妻と息子、娘からの手紙

日本が躍進した南アフリカW杯において、急遽それまで指揮を執っていたイビチャ・オシム監督に代わり、日本代表を指揮したのが岡田武史監督です。

横浜F・マリノスやコンサドーレ札幌での指揮の経験もあり、日本代表初のW杯であるフランスW杯でも指揮をした実績豊富な監督です。

現在はサッカー監督のライセンスを返上し、自身がオーナーを務めるサッカーチームFC今治の経営をしています。

今回はそんな岡田武史監督の家族についてまとめていきます。

【本人プロフィール】
名前:岡田武史(おかだ・たけし)
生年月日:1956年8月25日(61歳)※2018年6月
出身地:大阪府大阪市
身長/体重:175cm/70Kg
現役時代所属チーム:古河電工※現ジェフユナイテッド千葉1980-1990
監督時代指揮チーム:
日本代表(1997-1998)
→コンサドーレ札幌(1999-2001※J2→J1)
→横浜F・マリノス(2003-2006)
→日本代表(2007-2010)
→杭州緑城(中国2012-2013)

スポンサーリンク

◆家族構成

岡田武史監督にはお父さん、お母さんとお姉さんがいらっしゃいます。

岡田監督は長男です。

また現在の岡田監督には奥さんと二人の子供、息子さんと娘さんがいます。

◆妻の名前や馴れ初めは?

マスコミに対してはいつも塩対応(?)な所がある岡田武史監督ですが、あれはメディア向けのポーズではなく、本当に塩対応らしいです(笑)

岡田監督の奥様はお名前を「八重子」さんといい、岡田監督よりも2歳年上です。

お2人の馴れ初めは、岡田監督が早稲田大学2年生の時でした。

高校時代から世代別の日本代表に選ばれており、早稲田大学入学後も勉学と両立しながらサッカーを続けていた岡田監督。

知人の紹介がきっかけで知り合った夫人に、サッカーの相談をしているうちに交際に発展したのだとか(*´ω`*)

大学卒業を控えた昭和55年2月に二人はめでたく入籍し、夫婦になりました。

なぜ大学卒業前に入籍したのかという質問に対して、岡田監督は

“就職したら上司に仲人とか頼まなきゃいけないし、しがらみができるのが嫌だから”

と「岡田節」を披露しています。

学生時代から現在に至るまで、どんな場所にもついて行った妻・八重子さん。

ドイツへのコーチ留学の際にも一緒に行きました。

◆初のW杯出場を支えた妻

代表監督に就任して、負けが続くと自宅に生卵をぶつけられる嫌がらせを受けたこともあるそうです。

岡田武史監督と言えば、

“外れるのはカズ”

の名言(?)でも有名。

それまで日本代表のエースストライカーだった三浦知良選手を外して、本大会に臨みました。

息子もキング!
三浦知良の『家族』~愛妻と息子たちと旅する広大なサッカーの世界
今日の日本サッカーの礎を築いた伝説的プレイヤー、三浦知良選手。 最近、世界最年長でのゴールがギネスブックに残りましたが、それすらも伝説のひとつでしかありません。 そのテクニックは、50歳を越えた今でも健在。 今回は、日本サッカーのレジ...

結局日本は力不足で、グループリーグで一勝も挙げられないまま帰国。

マスコミや世間からは多くの批判が集中しました。

そんな時でも自宅に帰ってくれば、妻・八重子さんが笑顔で迎えてくれていたようです。

その後の日本代表の躍進を支えていたのは、このころの奥さんの助力があったからかも知れませんね。

NEXT  娘からの手紙…息子さんは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました