小川彩佳の『家族』~慶應病院・耳鼻科医師の父親が結婚を心配…

民放きっての硬派女子アナとして知られる、テレビ朝日の小川彩佳(おがわあやか)アナウンサー。

今回は、そんな小川アナを育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆ずっと実家暮らし?

小川彩佳アナウンサーは、東京で生まれ育ち、6歳から8歳までアメリカ・ミシガン州に住んでいました。

帰国してからは、小学校・中学校・高校・大学と青山学院で、特技は日本舞踊。

典型的なお嬢様ですが、幼い小川アナは自分のことを

プリンセス*:.。☆..。.

と呼んでいたそうです(^_^;)

30歳を超えた現在も実家暮らしということで、まさに「箱入り娘」ですね。

◆父親は慶應病院の耳鼻科医師!

このように裕福な実家で育った小川彩佳アナウンサーですが、お父さんの職業は何でしょうか?

小川アナのお父さんの名前は、小川郁(かおる)さん。

父・郁さんは、1981年に慶應義塾大学医学部を卒業し、現在は慶應の医学部教授で、慶應病院の耳鼻科部長を務める人物です。

実家が裕福なのも「さもありなん」という感じですね(*^_^*)

1991年より、ミシガン大学クレスギ聴覚研究所の研究員を経験し、慢性中耳炎の名医として知られるお父さん。

NHK「今日の健康」に出演したり、本を執筆するなど、幅広く活躍されています。

◆母親のエピソード

小川彩佳アナウンサーのお母さんは、「天然」な方。

「白菜欲しい」と言おうとしてなぜか「ほさい」と言ったり、DVDを間違えて借りてきたりと、面白い方のようですね。

そんなお母さんですが、トランプ大統領の当選を見事に予想していました。

変化を求めるならトランプに入れるわよね。だってヒラリーに入れても何も変わらないでしょ。でもトランプ支持なんて怖くて言えないわよね。自分も差別主義者だと思われるもの。だから世論調査に出てこない隠れトランプが結構いるのよきっと

これを、晩酌しながらひとり語っていたというお母さん。

なかなかの慧眼(けいがん)の持ち主です(^_-)

◆弟は医師の卵で医学部在籍中

小川彩佳アナウンサーには、3歳年下の弟がいます。

弟さんは父の後を追って医師の道を選び、現在、大学の医学部に在籍中です。

幼いころは、姉弟で仲良しこよしな時期もあれば、取っ組み合いの喧嘩もありました。

現在もたまに会うことがありますが、穏やかに笑いあっていると

あぁ、大人になったのかしら。私たち

と、感慨深いものがあるそうです(*^_^*)

◆父親が探す結婚相手は文春砲にて?

小川彩佳アナウンサーは、現在32歳。

俳優の関口知宏さんと噂が立ったことがありましたが、ただの噂だったようで、男っ気があまりありません。

そのため、父親の郁さんが

 うちの彩佳の結婚相手、誰かいないかな?いたら紹介してほしい

と聞いて回っていたのだとか。

しかし、お父さんは、彩佳さんに仕事も続けてほしいようで、キャスターという仕事に理解のある男性を望んでいます。

小川アナとつり合う男性で、なかなか条件が難しい…

と思いきや、週刊誌が櫻井翔さんとの熱愛を報道しました(゚д゚;)

最近活躍中の「文春」ではなく、「週刊ポスト」のスクープのようですね。

慶応卒の人気アイドルは、慶応医学部教授のお父さんの「おメガネ」に適うのでしょうか?

◆まとめ

2014年5月。

小川彩佳アナウンサーの実家で飼っていた愛犬「ロビン」が亡くなりました。

ロビンが亡くなる2日前、小川アナは突然思い立ってお風呂に入れてあげたそうです。

洗い終わると、ロビンは今まで聞いたことのないような声で、甘えたような、ちょっぴり切ないような声を出したそうです。

後になって振り返ると、それは、お別れの挨拶だったのかもしれません。

愛犬ロビンの旅立ちを見送った後、家族で庭に「紫陽花」を植えたそうです。

ロビンは今日も天国から、小川アナの活躍を見守っていることでしょう(^_-)

《蜉蝣のカゾク特選記事》

《テレビ朝日のアナウンサー!》


《マドンナ、アンジェリーナ・ジョリー、梨花さん、道端カレンさん、 平子理沙さん、優木まおみさん、IKKOさん、サエコさんが愛用する石鹸》
ガミラシークレット
最大の欠点は単なる石けんに見えてしまうこと
スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です