坂本勇人の『家族』~父親と三兄弟の絆…病の母に捧げたホームラン

読売ジャイアンツでキャプテンを務める、坂本勇人(さかもとはやと)選手。

今回は、そんな坂本選手を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家で過ごした子供時代

坂本勇人選手の実家は、兵庫県伊丹市にあります。

野球に初めて触れたのは幼稚園のころで、地元の昆陽里(こやのさと)小学校に入学するのと同時に、少年野球チーム「昆陽里タイガース」に入団。

坂本選手の後を追うように、他の子も入団してきて、

あっ、新しい子がおる!

と思ったのが、なんとヤンキースの田中将大投手でした。

しかも、小学校時代は坂本選手がエースで、田中投手を座らせて投げていたのだとか…(゚д゚;)

投げやすくて肩のいいキャッチャーでした。

と語る坂本「投手」は、田中「捕手」とのバッテリーで、小学6年の県大会で準優勝を果たします。

中学時代は、伊丹シニアに所属。

野球の才能は抜群で、中学2年生で関西選抜にも選ばれていた坂本選手には、地元兵庫の複数の強豪高校から誘いの声が掛かりました。

ところが、中学校側は

推薦状を出せない

と推薦を拒否。

かなり、中学校でヤンチャを働いていたのですね(>_<)

何とか知人のツテを頼って、青森・光星学院への野球留学することを決意した坂本選手は、実家を離れ、寮生活をすることに。

寮生活にあこがれていましたし、朝から晩まで野球漬けになって、甲子園を目指したかった

意気揚々と乗り込んだ青森でしたが、そこで大きな壁が立ちはだかりました。

◆父親の職業は?

坂本勇人選手のお父さんの名前は、坂本喜代三さん。

父・喜代三さんの職業は、食肉の卸業と言われています。

「勇人」という名前は、

なんだかオトンが『所得倍増計画』を掲げた池田勇人首相の『はやと』って名前を、気に入っていた

という経緯で命名されました。

喜代三さんは、小学4年生くらいの坂本少年が、三遊間のゴロを、すごく軽やかにさばいたシーンを覚えています。

それを見た瞬間

もしかして、この子はプロに行けるのでは…

と思ったのだそうです。

しかし、坂本選手は高校進学後、大きな壁に突き当たります。

それまで、自由奔放に野球と接してきた環境が一変。

午前6時半に起床、遅い時は午後11時まで白球に向かう生活は、坂本少年には耐えられませんでした。

深刻なホームシックにかかり、ヤンチャな中学時代を思い出し、鼻ピアスをつけて監督の前に現れたこともあります。

坂本選手は高校1年の冬、1年ぶりに帰郷した伊丹の実家で父・喜代三さんに打ち明けました。

野球をやめたい

喜代三さんは、突き放します。

言い出したのはお前だ。やめるならやめろ

ますます、野球から離れていくかに見えた坂本選手の心を呼び戻したのは、仲間からの声でした。

「お前がやめたらオレたちの甲子園はどうなっちまう?」
「一緒にがんばろうや!」

再出発を決意して青森に戻った坂本選手に、もう迷いはありません。

坂本選手が3年生の時、チームは見事に甲子園出場。

1回戦で敗退したものの、自身は3安打を記録し、プロへの扉が開かれていきます。

◆病の母親に捧げたホームラン…

坂本勇人選手のお母さんの名前は、松村輝美さん。

名字が異なるということは、両親は離婚していたのでしょう。

母・輝美さんは、若い頃は目立つ存在で、身長が高く「べっぴんさん」でした。

少年野球チーム「昆陽里タイガース」では会計係を務め、黒のベンツに坂本選手を乗せ、豪快に送り迎えをしていたそうです。

後には、子供なら12~13人乗れる「エルグランド」に買い替え、チームの移動に協力してくれました。

坂本選手の野球人生を後押ししてくれたお母さんでしたが、2007年にプロ入りした時には、既にガンに侵されていました。

2007年5月12日、兵庫県姫路市で行われた、イースタン・リーグの対北海道日本ハムファイターズ戦に、坂本選手は闘病中の母を招待します。

そして迎えた第1打席の初球、坂本選手はいきなりホームランを放ちました。

その後も二塁打を放つ息子の大活躍に、母・輝美さんは涙を流して喜んでいたそうです。

試合後に坂本選手は、

おかんの体調が悪いっていうのは聞いていたので、最後の試合になるだろうなと思っていた…

とコメント。

輝美さんは、この試合の約1か月後に亡くなりました。

享年47歳でした。

◆兄は結婚してる?

坂本勇人選手には6歳上のお兄さんがいて、名前は坂本勇太さん。

坂本選手が野球を始めたのは、お兄さんが一足先に「昆陽里タイガース」に所属しており、練習について行ったことがきっかけとなっています。

元来、左利きの坂本選手ですが、右利きであるお兄さんのグローブを使って野球を始めたため、プロとなった現在でも「右投げ右打ち」です。

このように、坂本選手の野球人生に大きな影響を与えたお兄さんですが、現在は結婚して子供さんもいます。

坂本選手は、

姪っ子と甥っ子が可愛くて仕方ない

と、癒しになっているようですね(^_-)

◆弟の名前は?

坂本勇人選手には、3歳年下の弟もいて、名前は坂本勇斗さん。

三人とも「勇」の字がつくのですね。

弟の勇斗さんも野球をしており、坂本選手のグアムの自主トレに帯同している姿に、

弟も巨人入りか?

と話題となりました。

もし実現すれば、かつての阪神タイガースの新井貴浩・良太選手のように、「兄弟同一試合ホームラン」が見れるかもしれません(^o^)丿

◆坂本選手は結婚してるのか?

坂本勇人選手は、現在(2017年)28歳で独身。

かつては体操の田中理恵選手と

結婚秒読み

と噂されましたが、あえなく破局を迎えました。

食事や日常生活すべてのサポートを望む坂本選手と、東京五輪組織委員会の理事や日体大の助教を務める理恵さんとでは、

結婚観の違い

があったのでしょう。

田中理恵さんは、2017年元旦に、別の一般男性と結婚しました。

モテ男の坂本選手が結婚を公表する時期も、案外、近いのかもしれません(*^_^*)

◆まとめ

2016年6月19日、坂本勇人選手は、ロッテとの交流戦で、先制タイムリーを含む3安打2打点の「猛打賞」を記録しました。

この日は、母・輝美さんの9回目の命日でした。

明るく、朗らかな坂本選手は、周囲への気遣いから、公の場で母の話をするのは避け、

良かったです…

と一言。

言葉は少なくとも、母の命日に捧げたプレーは、天国のお母さんに届いていることでしょう。

《侍ジャパンの家族!》

〈バッテリー・監督〉

〈内野手〉

〈外野手〉

《坂本勇人選手の関連記事!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です