稀勢の里の『家族』~父・母・姉に捧ぐ優勝と結婚・綱取りの可能性

「悲運の最強大関」と称される稀勢の里(きせのさと)関。

今回は、稀勢の里関を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は茨城県牛久市

稀勢の里関の実家は、茨城県牛久(うしく)市。

もともと、兵庫県芦屋市で生まれ、2歳の時に茨城県龍ケ崎(りゅうがさき)市に引っ越してきました。

龍ケ崎市立松葉小学校に入った稀勢の里少年は、相撲が好きで、よくテレビで観戦をしていたそうです。

中学2年生時に茨城県牛久市へ引っ越しますが、転校はせず、龍ケ崎市立長山中学校を卒業しました。

相撲以外では、小学校4年生から野球をやっており、中学1年からは投手を務めています。

中学3年の時には常総学院などの強豪校からの勧誘もありましたが、

自分はでかいだけ。野球は、うまくない

と断ったそうです。

同じころ、

「体の大きな中学生がいる」

という噂を聞きつけた鳴門親方が、再三実家に通い、本人と両親を角界へ勧誘。

難色を示す両親に、 

素材は大関、横綱級。必ず親方株を取得できるように育て、自分の後継者にする

と口説き落とし、稀勢の里少年は、中学卒業と同時に角界へ飛び込んだのでした。

◆父親は元ボクサー

稀勢の里関のお父さんの名前は、萩原貞彦さん。

年齢は、今年(2017年)で71歳になります。

ちなみに、稀勢の里関の本名は、萩原寛(はぎわら ゆたか)さんです。

父・貞彦さんは、元アマチュアボクサーであり、稀勢の里関にパンチの指導をしたこともあるそうです。

競技は異なれど、格闘家としての血は、父親から受け継いだのでした。

2017年1月、稀勢の里関の初優勝の瞬間を、貞彦さんは自宅で見届けました。

先代の親方の薫陶を受けたからこそ。その感謝が真っ先に頭に浮かびました。それは本人も同じだと思う

と、2011年11月に亡くなった鳴戸親方に、感謝の意を示しています。

◆母親の名前は?

稀勢の里関のお母さんの名前は、萩原裕美子さん。

年齢は、お父さんより9歳年下なので、62歳となります。

めったに国技館に足を運ばない

という母・裕美子さんですが、初優勝を決めた翌日の千秋楽は、息子の晴れ姿を生で観戦する予定です。

◆兄弟は姉がいる

稀勢の里関にはお姉さんがいて、名前は央恵(ひさえ)さん。

年齢は、稀勢の里関より1歳年上です。

「竜ケ崎みどり幼稚園」にお姉さんと一緒に入園した稀勢の里少年は、とにかく昼寝が嫌いで、外遊びに熱中し常に動き回っていたのだとか。

お姉さんはおとなしい方なのでしょうか?

◆結婚は?

稀勢の里関は、今年(2017年)で31歳になりますが、今のところ独身。

最近のインタビューでも

「(彼女は)いないです」「(結婚は)まだ考えていないです」

とこたえており、今は相撲道に集中しているようですね。

しかし、稀勢の里関は、すでに年寄株(親方になる資格)を取得しており、お嫁さんは自動的に「女将さん」になります。

部屋を切り盛りできる、しっかりした女性を探しているのでしょう(^_-)

◆まとめ

稀勢の里関の「角界の父」である、元横綱・隆の里、のちの鳴戸親方。

2011年11月、鳴門親方は、急性呼吸器不全により、福岡市内の病院で急逝しました。

稀勢の里の四股名は、

「稀(まれ)なる勢いをつくってほしい」

と、鳴門親方が名付けてくれたもの。

「悲運の最強大関」は、親方の思いを胸に、幾度目かの綱取りに挑戦します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です