羽田孜の『家族』~息子、妻、父…国の中枢を司る華麗なる家系図

2017年8月28日、第80代内閣総理大臣を務めた政治家、羽田孜(はた・つとむ)さんが老衰のため亡くなりました。

今回は、生前の羽田さんを支えた『家族』を紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆息子・羽田雄一郎は国会議員

羽田孜さんには二人の息子さんがいます。

上の息子さんの名前は、羽田雄一郎(はた・ゆういちろう)さん。

1967年7月29日生まれなので、今年(2017年)で50歳になります。

雄一郎さんは東京都世田谷区生まれ。

成城学園中学校、敬和学園高等学校、玉川大学文学部芸術学科を卒業し、伊藤忠記念財団に勤めました。

1999年10月、参議院長野県選挙区補欠選挙に民主党公認で出馬し、初当選。

2012年6月4日に発足した野田第2次改造内閣において、国土交通大臣を務め、その後も民主党逆風の仲、議席を守り続けています。

◆2番目の息子は?

羽田孜さんの2番目の息子さんは、羽田次郎さん。

学歴は、成城学園中学校、アルザス成城学園を経てウェイクフォレスト大学に留学しました。

2011年に行われた世田谷区議会議員選挙に民主党公認で立候補し、落選しています。

◆妻の名前は?

羽田孜さんの妻の名前は、綏子(やすこ)さん。

妻・綏子さんは、元カルピス会長・津下紋太郎氏の孫であり、元オカモト副社長・津下綱平氏の娘なのだとか。

絵に描いたようなご令嬢ですが、結婚当初、羽田さんはサラリーマンだったため、まさか政治家の妻となるとは思っていなかったそうです(^_^;)

◆父親も国会議員

羽田孜さんの父親の名前は、羽田武嗣郎(はた・ぶしろう)さん。

父・武嗣郎氏は、東北帝国大学を卒業後、朝日新聞に入社。

記者時代には、たまたま通りかかった代議士に

アカの記者

呼ばわりされたため、横っ面をひっぱたいて、大目玉をくらったというエピソードがあります(^_^;)

◆母親も令嬢?

羽田孜さんの母親の名前は、とし子さん。

母・とし子さんは「志賀高原」を命名した長野電鉄の創設者・神津藤平氏の娘なのだそうです。

お母さんもご令嬢なのですね(*^_^*)


《楽天リンク》

◆まとめ

これまで見てきたとおり、羽田孜さんの周辺には、日本を司った中枢の方々の華麗なる家系図がありました。

羽田さんの名付け親は、父・武嗣郎さんの東北帝国大学時代の恩師に当たる阿部次郎さん。

あくせく働くを意味する

孜孜(しし)として働く

という言葉から取られました。

名前のとおり孜孜(しし)として働き、政界を掛け抜けた羽田さん。

しばらくは天国でゆっくりして欲しいと思います。

故人のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です