秋篠宮文仁さまの『家族』~紀子さまとの間に2人の内親王と未来を継ぐ皇子

皇嗣(こうし)殿下として第1位の皇位継承権を有する、秋篠宮文仁さま。

今回は、そんな秋篠宮さまを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
宮号:秋篠宮(あきしののみや)
全名:文仁(ふみひと)
生年月日:1965年〈昭和40年〉11月30日
お印:栂(つが)
出身大学:学習院大学法学部
スポンサーリンク

◆生い立ち

秋篠宮文仁さまは、1965年11月30日、東京都千代田区の宮内庁病院で生まれました。

幼少時の御称号は礼宮(あやのみや)さま。

博くを学び、これを約するにをもってすれば、またもって畔(そむ)かざるべし

と言う「論語」の言葉が由来となっています。

幼少期はヤンチャな性格で知られ、学習院幼稚園時代のお気に入りの遊びは「タイガーマスクごっこ」。

お友達を泣かせて、美智子さまが相手の母親に、何度も謝罪の電話をされていたのだとか。[1]

学習院初等科に上がると、黒田慶樹(くろだ・よしき)さんと知り合います。

黒田さんとは、

  • 学習院初等科
  • 学習院中等科
  • 学習院高等科
  • 学習院大学

を通じて友人関係にあり、高等科時代は写真部・地理研究会、大学時代も自然文化研究会で行動をともにしました。

後に黒田さんは、妹の紀宮さまと結婚しています

◆家族構成

秋篠宮さまの実家の家族構成は、父、母、兄、秋篠宮さま、妹の5人家族です。

自身のご家族も、妻と娘2人、子息が1人で、5人家族となっています。

◆父・上皇明仁さま

秋篠宮さまの御父上は、上皇明仁(あきひと)さま。

1933年〈昭和8年〉12月23日生まれになります。

上皇さまは、学習院幼稚園を卒園後、学習院初等科へ進学。

初等科2年次に日米戦争が開戦し、6年次には疎開先の奥日光で、敗戦の玉音放送をお聞きになりました。[2]

その後、学習院中等科学習院高等科をそれぞれ卒業。

高等科2年の時は、馬術部の主将をつとめました

大学は学習院大学に進学しますが、半年間外遊した影響で単位不足となり、やむを得ず中退されています。

以後は、聴講生として学業を継続されたそうです

◆母・上皇后美智子さま

秋篠宮さまの御母上は、上皇后美智子(みちこ)さま。

1934年〈昭和9年〉10月20日生まれなので、上皇陛下より1歳年下になります。

上皇后 美智子さまの『家族』~実家・正田家の家系図…父親、母親、兄弟について
明仁上皇を、陰になり日向になり支えてきた、上皇后美智子さま。 今回は、そんな美智子さまを育んだ実家の父親、母親、兄弟を中心に、家族の軌跡をご紹介します。 【プロフィール】 正式呼称:上皇后陛下(じょうこうごうへいか) 御名前:美...

美智子さまは東京府東京市(東京都)の出身。

  • 雙葉学園雙葉小学校附属幼稚園
  • 雙葉学園雙葉小学校

をそれぞれ卒園、卒業しますが、中学からは通学のことを考え、

  • 聖心女子学院中等科
  • 聖心女子学院高等科
  • 聖心女子大学文学部外国語外国文学科

に通いました。

聖心女子大は首席で卒業し、卒業式では総代として答辞を読んだそうです!

上皇さまとの馴れ初めは、長野県の軽井沢会テニスコートで開催されたテニスのトーナメント大会で出会ったこと。

この出会いは国民から『テニスコートの出会い』と呼ばれ、その後もお2人はテニスを通して交際を深められました。[3]

実際に結婚が決まると、民間初のプリンセスとして祝福を受ける一方、旧皇族・旧華族には強く反対されます。

結婚後も苦労が多かったといいますが、上皇陛下を中心とした『家族』のおかげで、乗り越えてこれたのでした。

◆兄・天皇徳仁さま

秋篠宮さまの兄君は、天皇徳仁(なるひと)さま。

1960年〈昭和35年〉2月23日生まれなので、秋篠宮さまより5歳(6学年)年上になります。

徳仁天皇陛下の『家族』〜皇后雅子様、愛子さまと紡ぐ新時代の家系図
2019年5月1日から新しい時代の象徴となられた、徳仁天皇陛下。 今回は、徳仁天皇陛下を育み、そして支え合う『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 【プロフィール】諱:徳仁(なるひと)御称号:浩宮(ひろのみや)生年月日:196...

徳仁さまは、宮内庁病院で生まれ、

  • 学習囲幼稚園
  • 学習院初等科
  • 学習院中等科
  • 学習院高等科
  • 学習院大学文学部史学科

をそれぞれ卒業されました。

徳仁さまが結婚したのは1993年6月9日、33歳のとき。

お相手は当時外交官だった、小和田雅子(おわだ・まさこ)さんです。

皇后 雅子さまの『家族』~実家・小和田家の父親、母親、双子の妹について
2019年5月1日より、徳仁(なるひと)新天皇陛下とともに、新しい時代の象徴となる、皇后雅子さま。 美智子上皇后の後継者といえます! 今回は、そんな雅子さまを育んだ実家・小和田家の父親・母親・妹たちを...

◆妹・黒田清子さん

秋篠宮さまには妹もいて、名前は黒田清子(くろだ・さやこ)さん。

1969年〈昭和44年〉4月18日生まれなので、秋篠宮さまより4歳年下になります。

黒田清子の『家族』~夫・黒田慶樹さんの仕事や年収、家柄、父親の職業など
元皇族で、伊勢神宮祭主をつとめる、黒田清子さん。 ニックネームは「サーヤ」です! 今回は、そんな清子さんを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:黒田清子(くろだ・さやこ) 称号:...

清子さんの称号は紀宮(のりのみや)さま。

年少の1年間のみ柿の木坂幼稚園に通い、以降は、

  • 学習院幼稚園
  • 学習院初等科
  • 学習院女子中等科
  • 学習院女子高等科
  • 学習院大学文学部国文学科

をそれぞれ卒業しました。

2005年11月15日、36歳で結婚。

お相手は、秋篠宮さまの親友で、東京都職員の黒田慶樹(くろだ・よしき)さんです。

結婚披露宴には、歴代天皇として初めて天皇陛下夫妻(当時)が出席。

乾杯のあいさつは、東京都知事(当時)の石原慎太郎(いしはら・しんたろう)氏が務めたのだそうです。[4]

石原慎太郎の『家族』~愛妻と4人の息子、隠し子が1人…そして銀幕に散った弟・裕次郎
作家・政治家として時代を駆け抜けた、石原慎太郎さん。 暴走老人です! 今回は、そんな石原氏を支えた『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:石原慎太郎(いしはら・しんたろう) 生年月日:19...

◆皇嗣妃・紀子さま

秋篠宮さまは1990年6月29日、24歳で結婚されています。

御妃となられたのは、旧名・川嶋紀子(かわしま・きこ)さん。

1966年〈昭和41年〉9月11日生まれなので、秋篠宮さまより1歳年下になります。

秋篠宮妃 紀子さまの『家族』~実家・川嶋家の父親、母親、弟について
嗣妃(こうし)となられた秋篠宮文仁親王を陰で支える、紀子さま。 今回は、そんな紀子さまを育んだ実家の父親、母親、弟を中心に、家族の軌跡をご紹介します。 【プロフィール】 御名前:紀子(きこ) 正式呼称:秋篠宮皇嗣妃殿下(あきしの...

紀子さまは、静岡県静岡市で生まれましたが、学者のお父様の仕事の都合で転居を繰り返し、

  1. フィラデルフィア市立ヘンリー・C・リーエレメンタリースクール
  2. 静岡市立中田小学校
  3. 新宿区立早稲田小学校
  4. 豊島区立目白小学校
  5. 学習院初等科
  6. アメリカ・インターナショナル・スクール・オブ・ヴィエンナ

と、6つの小学校に通っています。

中学からは転居することもなくなり、

  • 学習院女子中等科
  • 学習院女子高等科
  • 学習院大学文学部心理学科

をそれぞれ卒業しました。

秋篠宮さまとの馴れ初めは、学習院大学構内の書店で、店主から、

こちら、川嶋教授のお嬢さまです

と、紹介されたこと。[5]

秋篠宮さまは、自身が結成した『自然文化研究会』に紀子さまを勧誘し、2人の関係は親密なものとなっていきました。

プロポーズは、常連だった目白のスナックの帰り道でのこと。

秋篠宮さまは駅近くの交差点で信号待ちをしていた時、

私と一緒になってくれませんか?

と、ストレートにプロポーズされました。

突然の求婚に驚いた紀子さまは、

よく考えさせていただけませんか

と返答しましたが、後に結婚を承諾。

1989年9月に婚約が内定し、1990年6月29日に結婚の儀が執り行われました。

スポンサーリンク

◆長女・眞子さま

秋篠宮さまの長女のお名前は、眞子(まこ)さま。

1991年〈平成3年〉10月23日生まれになります。

眞子さまの『家族』~小室圭さんとの結婚の行方…秋篠宮さまと紀子さまのお気持ちは?
秋篠宮殿下の長女として注目が集まる、眞子(まこ)さま。 ニックネームは「まこしー」です! 今回は、そんな眞子さまの『ご家族』にスポットを当て、ご紹介します。 【プロフィール】 全名:眞子(まこ) ...

眞子さまは、

  • 学習院幼稚園
  • 学習院初等科
  • 学習院女子中等科
  • 学習院女子高等科

をそれぞれ卒業。

しかし、大学は皇族としては珍しく、国際基督教大学(ICU)に進学しました。

眞子さまは、2012年6月に渋谷区のビストロ店で開催された『交換留学出発前交流会』に参加。[6]

ここで出会ったのが、のちに結婚の約束を交わした、小室圭(こむろ・けい)さんでした。

小室圭の『家族』~実家は大倉山…父親の死因は?母親と元婚約者の借金問題
眞子さまの結婚相手として注目を浴びる、小室圭さん。 今はアメリカに留学中です! 今回は、そんな小室さんを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:小室圭(こむろ・けい) 生年月日:1...

その後、小室さんの母親の借金問題が浮上し、2人の結婚は大きな壁に阻まれることになります。

小室さんは眞子さまにふさわしいのか?

と、国論を二分する議論となっていますが、無事、ゴールまでたどり着けるのでしょうか?

◆次女・佳子さま

秋篠宮さまの次女のお名前は、佳子(かこ)さま。

1994年〈平成6年〉12月29日生まれなので、眞子さまより3歳年下になります。

佳子さまの『家族』~噂される結婚のお相手は?秋篠宮さま、紀子さまは賛成されるのか?
“美しすぎるプリンセス”として人気が高い、佳子さま。 “踊ることは生きること”です! 今回は、そんな佳子さまを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 全名:佳子(かこ) 生年月日:199...

佳子さまは、

  • 学習院幼稚園
  • 学習院初等科
  • 学習院女子中等科
  • 学習院女子高等科

を、それぞれ卒業。

大学は、学習院大学文学部の教育学科に進みましたが、2年次の8月31日付で中途退学しました。

中退の理由は、

  • 皇族の佳子さまが将来、教師になることは難しく、友人たちと自分との温度差を日に日に感じるようになった
  • 紀子さまから「サークル禁止令」を出され、キャンパスライフをエンジョイすることができず、学習院での大学生活に失望していった

と言われています。[7]

そして、その年の10月、AO入試により国際基督教大学(ICU)に合格。

ICUは無事に、2019年3月で卒業しています。

◆長男・悠仁さま

秋篠宮さまの長男のお名前は、悠仁(ひさひと)さま。

2006年〈平成18年〉9月6日生まれなので、佳子さまより更に12歳年下になります。

悠仁さまは、皇族として初めて、お茶の水女子大付属幼稚園に入園。

その後も、

  • お茶の水女子大学附属小学校
  • お茶の水女子大学附属中学校

へと通っています。

悠仁さまが学習院に通わなかった理由は、

  • 学習院のOBやOGの中には『秋篠宮さまの学年は優秀ではないのに落第生がいない』と吹聴する人がいる
  • 愛子さまの受け入れ準備のため、眞子さまや佳子さまの在学中、初等科や女子中・高等科の改修工事が続いた

などにより、紀子さまが学習院に対して、不信感を抱いたためだと報道されています。[8]

◆まとめ

これまで見てきた通り、秋篠宮さまの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、秋篠宮さまの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. 女性セブン 2019年7月11日号 秋篠宮さま 子供時代は暴れん坊、学生時代は要領いいタイプ
  2. FRIDAY 2019年08月15日 宿泊施設として生まれ変わる「玉音放送の間」
  3. 週刊朝日 2017年8月18-25日号 テニスコートの出会いから60年 美智子さま軽井沢の恋
  4. 読売新聞 2005年11月16日 紀宮さまと黒田さん、披露宴で118人が門出を祝う
  5. 女性セブン 2019年6月29日 秋篠宮さま、紀子さまとの出会いと婚約時の世間の反応
  6. 週刊女性 2017年9月12日号 眞子さま、ICUで言い寄ってきた男子学生をどのようにお断りしていたのか
  7. LITERA 2015年4月8日 佳子さまはなぜ学習院を中退したのか!? セクハラ、イジメ…名門校に不祥事続出
  8. 女性自身 2019年10月10日 紀子さま 学習院は断固拒否!悠仁さま進路に“屈辱の記憶”

コメント

タイトルとURLをコピーしました