西野朗の『家族』~息子が、娘が、妻が「代表監督ガンバって!」

ロシアW杯の指揮官を急きょ任された、西野朗監督。

今回は、そんな西野監督を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:西野朗(にしの・あきら)
生年月日:1955年4月7日(63歳)※2018年4月
身長/体重:182cm/72kg

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆息子さんの年齢は?

西野朗監督には息子さんがいて、西野卓郎さんとおっしゃるようです。

息子さんと思しきFacebookを拝見すると、友達に「武南高校」「明治大学」出身の方が多いですね。

武南高校と言えば、埼玉県にあるサッカー強豪校なので、息子さんもサッカーをされていたのかもしれません。

ちなみに友達の多くは、2006年ごろ武南高校を卒業し、2011年ごろ明治大学を卒業しています。

息子さんもそれくらいの年ごろだと考えると、2018年現在で、30歳前くらいの年齢ということになります。

◆娘の名前は?

西野朗監督には娘さんもいます。

“娘は乃木坂46の西野七瀬さんではないか?”

という噂もあるようですが、七瀬さんのお父さんはVTRでテレビに出たことがあり、西野監督ではありませんでした。

ちなみに、西野監督の娘の名前は西野さやかさんとおっしゃるようです。

◆妻は元モデル?

西野朗監督の奥様の名前は、西野美佐子さん。

西野監督が日立製作所でプレーしているころに結婚されたそうですが、奥さまは元モデルという噂もあります。

Jリーグ発足前でも、サッカー選手はモテたんですね(*^_^*)

◆実家は浦和

西野朗監督は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。

浦和市立(現・さいたま市立)原山中学校を経て、埼玉県立浦和西高等学校に進みました。

浦和西高3年の時には、全国高校サッカーでベスト8まで進出します。

高校卒業後、早稲田大学教育学部に進むと、1年生の時に日本代表に選出されています。

大学卒業後は日本リーグの日立製作所に所属し、釜本邦茂氏と並ぶ、8試合連続得点のリーグ記録を打ち立てました。

指導者に転身してすぐ、U23代表監督となり、「マイアミの奇跡」を実現。

その後、柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスと、Jの監督を歴任。

しかし、意外にも地元浦和レッズの監督はやっていないんですね。

実は、過去に監督就任のオファーを受けたことはありましたが、実現しませんでした。

しかも、監督就任を断った理由は、

“浦和サポーターのピンポンダッシュだった”

と、まことしやかに報道されています。

西野監督の自宅はさいたま市内にありますが、対戦チームを率いて浦和に勝つとピンポンダッシュの嫌がらせを受けていたそうです。

対戦相手の監督でそれですから、

“もし浦和の監督に就任して成績が低迷したらどんなことになるのか…”

と考えたのだとか。

おそるべし、浦和のサポーターですね(^_^;)

◆まとめ

これまで見てきたとおり、西野朗監督の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

W杯直前の登板で、戸惑いも多いと思いますが、

“代表監督ガンバって!”

という家族の応援を胸に、西野監督の挑戦は続いていきます(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です