細野豪志の『家族』~お嫁さんとの子供は娘が一人で日比谷高校?

元民主党の幹事長で、環境大臣も務めた、細野豪志(ほその・ごうし)衆議院議員。

今回は、そんな細野議員を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆お嫁さんの名前は?

細野豪志議員は、1996年に結婚しています。

お嫁さんの名前は「節」さん。

2人のなれそめは、阪神淡路大震災のボランティアで知り合ったのだそうです。

実は細野議員は、2006年にキャスターの山本モナさんとの不倫キス写真を、週刊誌に撮られたことがあります。

このため、細野議員は現在でも「モナ男」と揶揄されることが…。

このような夫婦の危機もありましたが、現在でも奥さんは細野議員を支え続けています。

◆子供は娘が一人で日比谷高校?

細野豪志議員には娘がいて、今年(2017年)で高校3年生になります。

高校は、日比谷高校という噂がありますが、中学までは選挙区である静岡県三島市で暮らしていたはずであり、真相ははっきりしません。

また、前述の不倫問題については、子供の運動会の日に山本モナさんとの不倫密会が発覚(>_<)

そのため、細野議員が政治パフォーマンスをしても「モナ男運動会」と揶揄されるようになりました…。

細野議員の奥さんはあまり表舞台に出てきませんが、実はこれも娘が

お母さんが目立つとまた、不倫のことを言われる

と、反対しているため。

実際に、不倫騒動から数年たっても、奥さんに厳しい声がかけられることがあったのだとか。

細野議員の妻と娘は「モナの呪い」に悩んでいるのでした。

◆もう一人の娘

実は、細野豪志議員には、もう一人、娘がいました。

もともと2013年6月が出産予定日だったもう一人の娘は、半年も早く生まれてしまい、体重はわずか700gだったそうです。

細野議員は毎日病院に通って、奥さんに付き添っていました。

赤ちゃんには家族で考えていた名前をつけ、何度も呼びかけ励ましていたそうです。

しかし残念ながら、娘は数日後に息を引き取ってしまいました。

直後、細野議員は、民主党新代表の海江田万里氏から幹事長就任を打診されます。

傷心の妻を気遣って断るつもりだった細野議員ですが、奥さんは逆に、

あなたは政治家です。党のためにできることをやってください

といって、夫の背中を押してくれました。

出産直後で、体も思うように動かせず、自分以上につらい思いをしているはずの奥さんからそう言われて、

私は妻の思いを受けて幹事長になる

と誓ったと言われています。

◆実家の父

細野豪志議員は、京都府綾部市に生まれ、滋賀県近江八幡市で育ちました。

父親は農家出身のサラリーマンで、汗水流して給料を稼いで家族を育ててくれました。

細野議員がサラリーマンを辞めて政治家になると言ったとき、

政治家になるなんて言ってる場合か、(生まれたばかりの)子どもを育てろ

と父親は大反対します。

トンビは鷹を生まないんだから、やめておけ!

とも言われたのだとか(^_^;)

しかし、細野議員も

今、絶対やりたいんだ!

折れることなく、本当に政治家になってしまいます。

父親がトンビだったのかは分かりませんが、息子は「鷹」だったのかもしれません(^_-)

◆兄弟は姉が1人

細野豪志議員にはお姉さんが1人います。

噂では、姉の夫は工学部の大学を出て、本田技研でF1のエンジンの開発をしているそうです。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、細野豪志議員の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、細野議員の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《「希望の党」結成!》

《こちらは「希望の党」に合流できず》

《新たな動きが!?》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です