式守伊之助(40代)の『家族』~結婚して妻と子供がいる?実家は岸和田

行司の西の横綱格である、第40代・式守伊之助さん。

今回は、そんな伊之助さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:式守伊之助(しきもり・いのすけ)
本名:野内五雄
生年月日:1959年12月23日
血液型:A型

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆結婚して妻と子供がいる?

式守伊之助さんは、2017年12月16日に沖縄県宜野湾市で行われた冬巡業の後に泥酔。

宿泊先で、若手行司にキスを数回するなど精神的苦痛を与えたとして、問題となりました。

若手行司は当然男性であったため、伊之助さんも当然そちらの趣味を疑われましたが、

“自分は男色の趣味はない”

と弁明しています。

実際のところ、結婚して妻がいることは間違いありません。

実は伊之助さんは、2015年から16年にかけて、軍配のさし違いを3場所連続4度やって、出場停止となったこともありました。

この時、伊之助さんは落ち込んでしまったため、奥さんが心配して、東京から巡業先まで同行されています。

伊之助さんに子供がいるかどうかについては、はっきりと分かりません。

◆実家は岸和田

式守伊之助さんは、大阪府岸和田市の出身。

中学は岸和田市立光陽中学校を出ており、15歳で宮城野部屋に入門するまでは『並松町』のだんじりを引いています。

最近でも酒に酔うと、

“俺はだんじり祭りで有名な岸和田の出身。だんじり魂、酒や!酒がないとやってられない”

が口癖でした。

幼いころから相撲が好きで、中学を出たら力士になるつもりでしたが、体が小さかったので、どこの部屋も受け入れてくれません。

そんな時、当時の宮城野親方から

“番付に載るのはお相撲さんだけじゃない。とにかくうちの部屋に来い”

と誘われ、行司への道を歩むことになりました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、式守伊之助さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

今回の事件は残念ですが、行司らしくきちんと禊をすませ、家族と共に新しい人生を歩んでほしいと思います。

◇編集後記

式守伊之助さんの一行書を見つけました。

式守伊之助 「一行書」 掛軸

と言っても、第24代の伊之助さんのようですが…

第40代にもこのような特技があったのでしょうか?

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です