宮原知子の『家族』~父と母の職業は医師!妹もスケート選手?

女子フィギュア界の新女王・宮原知子(みやはらさとこ)さん。

今回は、そんな知子さんを育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は京都

宮原知子さんの実家は、京都市中京区にあります。

小学校は、地元京都の立命館小学校ですが、中学校からは大阪府高槻市にある関西大学の附属に進みました。

アイススケートの練習は、高橋大輔選手など著名な選手を輩出した「関西大学アイスアリーナ」。

京都の実家からでは、高速を使っても、車で一時間かかる場所にあります。

知子さんは朝6時から、お父さんが運転する車で練習場に通って行くのでした。

◆父親の職業は?

宮原知子さんのお父さん名前は、宮原亮(りょう)さん。

お父さんの職業は医師で、1987年に京都大学医学部(!)を卒業していますから、現在53歳くらいでしょうか。

現在は、京都市立病院呼吸器外科の部長を務めています。

2002年には「テキサス大学付属MDアンダーソン癌センター」に留学をしており、その時期に家族でヒューストンに居住。

知子さんが4歳でスケートを始めたのも、ヒューストンのリンクだそうで、初めから国際舞台で活躍する運命だったのでしょう。

ともに頑固で無口な父と娘は、よく気が合って色々と話をするそうです。

体のことを知らずに、スケートはできないから…

と、お父さんは解剖学の本を見せて、腱や筋肉の働きを教えるのだとか。

父・亮さんは、知子さんについてこう語ります。

いわゆる球技が得意な子ではなかった。ただ1度できたことができなくなる、ということはないです

派手ではないけど、勝負強い知子さんの真相を、お父さんはよく理解されていますね。

◆母親も医師!

宮原知子さんのお母さんの名前は、宮原裕子(やすこ)さん。

年齢は、今年46歳なので、お父さんより7歳年下ですね。

なんと、お母さんの職業も医師で、お父さんと同じ京都市立病院の血液内科で副部長を務めています。

母・裕子さんは、学生時代は弓道部に所属。

特別、運動神経がよかった訳ではなく、娘にスポーツの英才教育を受けさせようとは考えていませんでした。

しかし、コツコツと努力を重ね、スケートで成長を遂げる知子さんを、全力で応援してきました。

裕子さんは娘について、こう語ります。

人の悪口は一度も聞いたことがない。自分と向き合える性格だから個人競技に適しているのかな

母・裕子さんはこれからも、知子さんの一番の理解者であり続けるでしょう。

◆妹もスケート選手?

宮原知子さんには妹がいて、名前は由紀子さん。

5~6年前の写真を見ると、小学校低学年くらいに見えるので、現在、小学校高学年から中学生くらいでしょうか。

妹・由紀子さんもスケートをやっていましたが、引退して体操を始めたそうです(^_-)

現在は、両親と一緒に応援にかけつけ、スタンドから知子さんに声援を送っています。

◆まとめ

宮原知子さんは、両親の跡を継いで

将来医師になりたい

という希望をもっています。

父・亮さんは、

そんな簡単なもんじゃない…

と言いながら、嬉しそうだったそうです。

オリンピックの金メダルと医師になること。

2つの夢を追いかけて、知子さんの挑戦は、これからも続いていきます!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です