相続した実家に【住む】際に注意すべき3つのポイント~①遺産分割 ②家族の賛成 ③リフォーム

スポンサーリンク

今回は、実家を相続した後、そこに移り住む際に注意すべき3つのポイントをご説明していきます。

相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。

実家を相続した時に“まず”やるべき5つの手続き~①遺言 ②相続人 ③相続財産 ④遺産分割協議 ⑤相続登記
相続は、あまり関係ないものに感じますが、高い確率で身近に起こるものです。 相続はある日突然始まります! 今回は、実家を相続した時に“まず”やるべきことをご紹介します。 ◆実家を相続した時に“まず”や...

◆相続した実家に移り住むメリット

相続した実家に移り住む最大のメリットは、形を変えずに親の遺産を引き継げることです。

実家を売ってしまうと、他人のものになります。

それだけでも寂しいのに、建物が壊されて更地にされたり、新しい建物に建て替えられても文句はいえません。

実家を手放さずに住んでしまえば、名実ともに実家を守ることができます。

また、幼いころから慣れ親しんだ家や地域に住むことで得られる精神的メリットも、計り知れないでしょう。

持ち家のない人であれば、実家に住むことで家賃や住宅ローンを支払う必要がなくなります。

数十年にわたって支払う家賃や住宅ローンを考えると、経済的メリットも大きいですね。

◆注意すべき3つのポイント

しかし、相続した実家に住むということは、良い事ばかりではありません。

当記事では、実家に移住する際に注意すべきポイントを、

①遺産分割
②家族の同意
③リフォーム

の3点と考えています。

順番に説明していきましょう

①遺産分割

相続人が一人っ子ならば問題ないですが、兄弟姉妹がいる場合は注意が必要です。

兄弟姉妹の全員が実家に移り住むケースは、ほとんどないでしょう。

通常は、あなた(とその家族)のみが実家に移り住み、兄弟姉妹は実家という資産を得ることができなくなります。

不動産は分ける事が難しいので、そこに不公平が生じるのです。

この不公平を解消する手段としては、代償分割という方法があります。

代償分割:遺産の分割に当たって共同相続人などのうちの1人又は数人に相続財産を現物で取得させ、その現物を取得した人が他の共同相続人などに対して債務を負担する方法。

要するに、不動産はAが相続し、兄弟のBとCには現預金を相続するという方法です

実家の土地・建物に匹敵する現預金があればこの方法も有効でしょう。

しかし、十分な現預金がない場合は、よくよく話し合う必要があります。

話し合いがつかない場合は、実家に住むのを諦めて売却するか、裁判所を巻き込んだ泥沼の協議を続けるか、どちらかになります。

②家族の賛成

遺産分割がクリアできても、まだ安心するのは早いです。

実家に移り住むには、自分の家族の自発的な賛成が必要だからです。

あなたにとって実家は、懐かしいホームタウンにあり、住み慣れた建物です。

しかし、パートナーや子供にとっては、見知らぬ土地であり、古びた建物でしかないのです。

パートナーは、住み慣れた住環境や、近所のママ友や、ときには仕事を手放さなければならないことも考えられます。

子供さんが学校に通う年齢であれば、転校の是非をよく考える必要があるでしょう。

あなたの強い説得によって、しぶしぶ実家への転居を了承させていませんか?

家族が腹の底から納得しているかを、よくよく見極める必要があると思います。

③リフォーム

晴れて、家族の賛成を取り付けたとしても、すぐに転居はできません。

両親が建てて住んでいた実家であれば、数十年という築年数になっていることでしょう。

実家暮らしに賛成してくれた家族のためにも、リフォームの検討をした方が良いと思います。

住宅の「省エネルギー基準」は、1980年に制定されているので、それ以前の建物は「夏は暑くて、冬は寒い」という状態だと思われます。

また、いわゆる「新耐震基準」は、1981年に施行されているので、それ以前の建物は大きな地震があったときのことを考えると不安です。

新耐震基準:震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準

断熱リフォームや耐震リフォームについては、リフォームを専門とする会社が詳しいので、しっかりと説明を受けるようにしてください。

上記を押さえた上で、あとは水回りや壁紙などのリフォームを検討します。

リフォームしたい場所を積み重ねていくとキリがないので、最初に上限予算を決めておくと良いでしょう。

金額の精査をするためにも、最初は複数のリフォーム会社の話を聞くことをお勧めします。

一括見積もり【town life リフォーム】小冊子プレゼント中!

◆まとめ

という訳で今回は、相続した実家に移り住む場合の注意点について、ご説明してきました。

難しい部分は、専門家の力を借りながら進めていくと、スムーズだと思います。

不明な点などはお気軽にコメントください

実家の相続【まとめ】必要な手続きや全体スケジュール、各種税金、相続後の活用方法など
両親が持ち家に住んでいた場合、実家を相続するという事態は、割と発生するものです。 相続はとつぜん始まります! 今回は、実家を相続するのに必要な手続きやスケジュール、各種の税金、相続後の活用方法などをご...
売る、賃貸する、住む、空き家にしておく…実家を相続した時にとるべき4つの手段
両親が持ち家に住んでいた場合、実家を相続するという事態は、割と発生するものです。 相続はとつぜん始まります! 今回は、実家を相続した時にとるべき、4つの手段を考えていきます。 ◆プロローグ~実家を相...
実家を相続して売却する迄にかかる4種の税金~①相続税 ②譲渡所得税 ③登録免許税 ④印紙税
今回は、実家を相続した後、売る迄に発生する、4種類の税金をご紹介していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家を売却する迄にかかる4種の税金 関連する税金は、...
相続した実家の【売却】に向けた7つの手順~①査定 ②媒介契約 ③売り出し ④内覧 ⑤交渉 ⑥売買契約 ⑦決済
今回は、実家を相続した後に売ることを決めた方が、実際に売却するための手順をご紹介していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家の売却に向けた7つの手順 一般的...
相続した実家の【賃貸】に向けた5つの手順~①リフォーム ②媒介契約 ③募集 ④内覧 ⑤賃貸借契約
今回は、実家を相続した後に貸すことを決めた方が、実際に賃貸するための手順をご紹介していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家の賃貸に向けた5つの手順 実家の...
相続した実家を【空き家】にしておく4つの注意点~①維持コスト ②価格の下落 ③所有者責任 ④特定空き家
今回は、実家を相続した後、空き家にしておく際に注意すべき4つのポイントをご説明していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家を空き家にしておく 相続した実家を...
相続した実家を兄弟で分ける4つの方法~①現物分割 ②代償分割 ③換価分割 ④共有
相続した実家を兄弟で分けるのは、もめごとが起こりやすいものです。 揉めやすい理由は、 現預金みたいに簡単に分割できない 価値がいくらなのか分かりにくい 介護などの問題とつながりやすい 思い入れのある実家なの...
7日、3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月…実家を相続した時に抑えておくべき4つのスケジュール
実家を相続した時には、抑えておくべき4つのスケジュールがあります。 7日、3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月です! 今回は、この4つのスケジュールをご紹介していきます。 ◆実家を相続したら そもそも相続が開...
相続した実家の遺品は3つに整理して片付ける~①貴重品 ②思い出の品 ③処分する品
相続した実家は、そのままでは売ったり貸したりできません。 そうです、片付けが必要なのです! 今回は、実家の遺品を3つに整理して片付ける方法をお伝えします。 ◆実家を相続したら 相続が開始(親が死亡...
実家を相続した事例①~長男は実家を引き継ぎ、嫁いだ妹に「代償金」を支払い
今回は、実際に関わった相続の事例をご紹介します。 登場人物は以下の通りです 父親:12年前に他界 母親:今回の被相続人 長男:生前は母親と同居、妻と子供2人 長女:長男の妹。夫と子供2人 ①遺...

コメント

タイトルとURLをコピーしました