実家を相続した時に“まず”やるべき5つの手続き~①遺言 ②相続人 ③相続財産 ④遺産分割協議 ⑤相続登記

スポンサーリンク

相続は、あまり関係ないものに感じますが、高い確率で身近に起こるものです。

相続はある日突然始まります!

今回は、実家を相続した時に“まず”やるべきことをご紹介します。

◆実家を相続した時に“まず”やるべき5つの手続き

実家を相続したとき“まず”やるべき事は、

① 遺言の確認
② 相続人の確定
③ 相続財産の確定
④ 遺産分割協議
⑤ 相続登記

という5点となります。

順番に説明していきます。

①遺言の確認

相続が発生したら、つまり両親が亡くなったら、まず遺言の存在を確認します。

遺言があった場合、基本的には遺言に従って財産を分けることになります。

遺言書の封は、独断で開けないようにしてください!

遺言書には大きく、

  1. 自筆証書遺言
  2. 公正証書遺言
  3. 秘密証書遺言

の3種類があります。

1.自筆証書遺言は、名前のとおり、自分で作成する遺言のことです。

いつでも気軽に作成できて、費用もかからない点がメリットですが、内容に不備が合れば、遺言が無効になる危険性があります。

2.公正証書遺言は、公証人役場で作成してもらう遺言です。

公証人というプロが作成するので、後日無効になりにくく、家庭裁判所での検認手続きが不要なので、相続人にも負担がありません。

手数料がかかるのと、証人が2名以上必要となるのがデメリットでしょうか。

3.秘密証書遺言は、遺言の内容を秘密にしたまま、遺言の存在のみを公証人に証明してもらうやり方です。

遺言の内容を第三者に知られないことが最大のメリットですが、内容に不備があるリスクが残ります。

このため、秘密証書遺言は、あまり使われることがありません。

2020年7月から、手書きの「自筆証書遺言」の法務局保管制度が始まりました

法律の専門知識が必要であるため、ここは専門家に相談した方が良いでしょう。

②相続人の確定

次に、相続人を確定させます。

遺言がある場合は、遺言に記載がある人が相続人です。

遺言がない場合は、民法で法定相続人が定められています。

(法定相続人)

配偶者常に相続人となる
配偶者と共に相続人となる
父母(直系尊属)子がいないときのみ相続人となる
兄弟姉妹子もしくは直系尊属がいないときのみ相続人となる

法定相続人が妻と実子だけならば、話は単純です。

しかし、離婚、再婚、内縁、子の死亡、養子、隠し子…などが絡んでくると、複雑になってきます。

被相続人の除籍謄本、改製原戸籍、戸籍謄本などを読みこなす作業が必要となります…

法定相続人が確定したら、相続税の有無を確認します。

相続税の基礎控除額は、

3,000万円+法定相続人の数×600万円

となります。

仮に法定相続人が3人の場合は、

3,000万円+3人×600万円=4,800万円

が基礎控除額なので、相続財産がその金額を超えるかどうかを計算するのです。

基礎控除額を超えなければ、相続税は発生しません。

③相続財産を確定

相続財産を確定させる作業も必要です。

不動産については、市役所等で故人の名寄帳を取り、それをもとに、被相続人名義の固定資産評価証明書を交付してもらいます。

預金・借入金は、取引がありそうな金融機関に残高証明書を発行してもらえば、一覧で把握することができるでしょう。

有価証券類は取引のある証券会社に確認するほか、車や貴金属などの動産は、目につくものを目録にまとめるようにします。

動産については、買い取り業者に査定してもらうと良いでしょう

④遺産分割協議

遺言がない場合や、相続人全員が遺言の内容に納得いかない場合は、遺産分割協議を行います。

遺産分割協議とは、誰がどの財産をどのように譲り受けるかを決めるものです。

たとえば、

長男が実家の土地・建物を引き継いで、長女と次男が預貯金を分ける

などと決める感じです。

遺産分割協議が整ったら、遺産分割協議書を作成することになります

遺産分割協議書を作成する際のポイントは、以下の通りです。

  1. 遺産分割協議書であることが明確にわかるタイトルをつける
  2. 誰の遺産を誰が相続したかを記載する
  3. 協議の結果、各自が取得することになった財産を記載する
  4. 協議を行った日付を明確にする
  5. 相続人全員が署名し、実印を押す

⑤相続登記

相続財産の引き受け先が決まったら、最後に相続登を行います。

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなったときに、不動産の名義を相続人に変更する手続きです。

実は、相続登記は義務ではありません

しかし、これを確実にやっておかないと、売ったり貸したりすることができなくなります。

後々、相続人の間でもめる事態を防ぐ意味でも、相続登記はしっかりとやっておきましょう。

◆まとめ

という訳で今回は、実家を相続したときにまずとるべき5つの手続きをご説明してきました。

① 遺言の確認
② 相続人の確定
③ 相続財産の確定
④ 遺産分割協議
⑤ 相続登記

専門性が高い分野なので、専門家に確認しながら進めていくことをお勧めします。

ご質問がありましたら、お気軽にコメントください

実家を相続する【まとめ】必要な手続きや全体スケジュール、各種税金、相続後の活用方法など
両親が持ち家に住んでいた場合、実家を相続するという事態は、割と発生するものです。 相続はとつぜん始まります! 今回は、実家を相続するのに必要な手続きやスケジュール、各種の税金、相続後の活用方法などをご...
売る、賃貸する、住む、空き家にしておく…実家を相続した時にとるべき4つの手段
両親が持ち家に住んでいた場合、実家を相続するという事態は、割と発生するものです。 相続はとつぜん始まります! 今回は、実家を相続した時にとるべき、4つの手段を考えていきます。 ◆プロローグ~実家を相...
相続した実家の【売却】に向けた7つの手順~①査定 ②媒介契約 ③売り出し ④内覧 ⑤交渉 ⑥売買契約 ⑦決済
今回は、実家を相続した後に売ることを決めた方が、実際に売却するための手順をご紹介していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家の売却に向けた7つの手順 一般的...
相続した実家の【賃貸】に向けた5つの手順~①リフォーム ②媒介契約 ③募集 ④内覧 ⑤賃貸借契約
今回は、実家を相続した後に貸すことを決めた方が、実際に賃貸するための手順をご紹介していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家の賃貸に向けた5つの手順 実家の...
相続した実家に【住む】際に注意すべき3つのポイント~①遺産分割 ②家族の賛成 ③リフォーム
今回は、実家を相続した後、そこに移り住む際に注意すべき3つのポイントをご説明していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家に移り住むメリット 相続した実家に移...
相続した実家を【空き家】にしておく4つの注意点~①維持コスト ②価格の下落 ③所有者責任 ④特定空き家
今回は、実家を相続した後、空き家にしておく際に注意すべき4つのポイントをご説明していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家を空き家にしておく 相続した実家を...
実家を相続して売却する迄にかかる4種の税金~①相続税 ②譲渡所得税 ③登録免許税 ④印紙税
今回は、実家を相続した後、売る迄に発生する、4種類の税金をご紹介していきます。 相続するまでの手順はこちらの記事をご参照ください。 ◆相続した実家を売却する迄にかかる4種の税金 関連する税金は、...
相続した実家を兄弟で分ける4つの方法~①現物分割 ②代償分割 ③換価分割 ④共有
相続した実家を兄弟で分けるのは、もめごとが起こりやすいものです。 揉めやすい理由は、 現預金みたいに簡単に分割できない 価値がいくらなのか分かりにくい 介護などの問題とつながりやすい 思い入れのある実家なの...
7日、3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月…実家を相続した時に抑えておくべき4つのスケジュール
実家を相続した時には、抑えておくべき4つのスケジュールがあります。 7日、3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月です! 今回は、この4つのスケジュールをご紹介していきます。 ◆実家を相続したら そもそも相続が開...
相続した実家の遺品は3つに整理して片付ける~①貴重品 ②思い出の品 ③処分する品
相続した実家は、そのままでは売ったり貸したりできません。 そうです、片付けが必要なのです! 今回は、実家の遺品を3つに整理して片付ける方法をお伝えします。 ◆実家を相続したら 相続が開始(親が死亡...

コメント

タイトルとURLをコピーしました